人生相談の五回目です。


(質問)


 当方、45歳女性です。

 私は自分の過去が嫌いです。
 消せるものなら消したいのです。
 幼い頃から育った環境はよくありませんでした。
 でも結局は、私自身が何一つやり遂げる根性もなく、ダラダラと楽な生き方をしてきた事に問題があったと思います。
 そんな私はシングルマザーとなり、子供を育てるために、初めて社会の荒波に揉まれることとなりました。自分の甘さ、教養のなさ、経験のなさ。
 何もかもが私を打ちのめしました。
 子供だけは真っ直ぐに歩いてほしい…私なりに必死に育て、なんとか子供は世間から評価される人間に育ちました。
 ですが過去に私は、何度も結婚と離婚を繰り返していました。その中には犯罪者となった男もおります。私自身は警察のお世話になるようなことはしておりませんが、汚点だらけの情けない人生であったと思います。
そんな親を持った子供が可哀想で、そして申し訳なく仕方がありません。
 子供を通しての親同士の付き合いも、私の過去が知れることが怖く避けてきました。
 私自身、新しい職場についても、過去の事を隠してばかりで、不自然な付き合いしかできません。
 真っ直ぐな目で、堂々と生きる勇気が持てないのです。
 過去を消したい…でも消せない。
 ならば、この重い荷物をどうやって背負って行ったらよいのでしょうか。
 どうか、助けてください。
 お願いします。


(僕の思うこと)



 あなたが素晴らしい母親だなあと思うところは、自分の負の連鎖を断ち切り、
子どもさんを立派に育て上げたことです。
 人にもよるのでしょうが、自分の負の連鎖を断ち切るのは大変なことです。
 普通は、自分の生まれ育ちを子どもに引き継がせてしまうことが多いからです。

 賞賛に値します。

 文面から察するに、あなたはいわゆる不良とかヤンキー等と呼ばれる青春時代や
反社会的な青年時代を送られたのではないでしょうか。

 親から教わるべき社会的な礼儀作法や常識、学校で学ぶべき基礎知識や基礎学力を得る機会を
自ら放棄し、面白おかしく生きてはみたものの、それでは社会では認められないと気が付き、
 今、苦しんでおられるのではないのかと思います。


 しかし、あなたの今の苦しみは、その世界から脱した証でもあると思うのです。
脱したからこそ苦しいのです。
 一種の、離脱症状です。

 過去の記憶はどうしようもありませんが、未来は変えられるのです。
 実際に、あなたは子どもを育て上げるという未来を切り拓くことが出来ているではありませんか。


 「あなたは、あなた自身に呪いをかけているのです。」


 過去を悔やむあまり、反省や後悔を通り越して、自分は普通の人とは違うのだと、呪いをかけているのです。
もう、そろそろ、その呪いを解いてみてはどうですか?

 あなたや、あなたの伴侶だった男性によって、被害を受けた人たちの存在を決して忘れてはいけません。
しかし、あなたは、もう以前のあなたではないのです。

 「親同士の付き合いも、新しい職場についても、過去の事を隠してばかりで、不自然な付き合いしかできません。」 と書かれていますが、腹をくくりなさい。

 たとえ過去がばれても、あの人ならもう大丈夫だと言われるような人間になると。

 人生の重荷は、記憶の重荷です。

 しかし、変えられない過去のために、変えられる未来を犠牲にしてはいけません。

 最後に一言。

 お母さんがしあわせなことが、子どもにとっていちばんしあわせなことですよ。

(小池一夫)