人生相談の3回目です。

(質問)


私はいま高校生の女子です。
顔のことですごく悩んでいます。
とても醜い顔をしていると自分で思います。

中学生のころから男子に顔のことでいじめられてきました。
一方かわいい顔をしている子は彼氏ができたり、ちやほやされてたりしていました。
高校生になった今でもそれは変わりません。

「自分の好みの顔でなければ、内面を知ろうとは思わない」
以前ネットで見かけた言葉です。
このように世の中は顔面主義なのでしょうか?
小池先生はこのことについてどう思われますか?
また整形についてどう思いますか?


(僕の思うこと)


まず、人と自分を比較するのを止めませんか?

いくら人と比較して羨ましがっても、あなたはあなたの顔で生きていくのです。

あなたはご自分で醜いと言っていますが、僕はあなたに会ったことが無いので
本当にあなた自身が言われるほど醜い顔であるかどうかは分かりませんので、
そういう前提として話します。

はっきり言うと、美人は得です。ちやほやされます。
当然です。
男だってそうです。

しかし、不細工なあなたが、なぜ美人と同じ土俵で勝負しなければいけないのでしょうか?
自分が容貌で勝てないと思うのなら、あなたが勝てる土俵で自分を磨きなさい。

知性、品性、やさしい性格、様々な分野においての才能、いくらでも勝てるところはあるはずです。
そして、それらは、時に容貌の美しさに勝ることはよくあります。

見ていてくれている人はちゃんと見ていてくれるのです。

例えば、日本で活躍するハーフの美しいタレントさんたちがいますよね?
あのレベルは、海外に行けばゴロゴロそこら中にいます。
パリコレの時期にパリに滞在したことがありますが、同じ人間なの?
というぐらい綺麗な人たちで溢れかえっていました。
パキスタンを旅行したことがありますが、不細工な人を探すのが難しいぐらい美男美女の国でした。

はっきりと言ってしまえば、あなたの世界観が狭すぎるのです。
容貌のことに囚われすぎているのです。
ぐるぐると、同じ悩みを考えすぎているのです。

不細工な表情の美人は沢山います。
心惹かれる表情のブスはもっと沢山います。

「顔は運命ですが、表情は運命を切り拓いた証です」。

あなたに、顔のことで嫌がらせをしたり、
「自分の好みの顔でなければ、内面を知ろうとは思わない」
というような言動をする男たちは、その程度の男たちなのです。
大した男ではありません。気にすることはありません。

もし、あなたが見かけのことで何か言われたのなら、こういってください。

「私がブスだからって、あんたに何か迷惑かけたの?」

それでも反論してきたら、こういって下さい。

「自分の顔を鏡で見てこい」

女性に、そんなことを言う男が、男前のわけがありません。

最後に、整形についてどう 思いますかとの質問ですが、僕は好きではありません。
年を重ねるにつれ、それはとても不自然なものになる例を沢山見ています。

世の中は「顔面主義」ではありません。
重ねて言いますが、あなたは、容貌以外の素晴らしい資質を見つけ、それで勝負すればいいのです。

そんなあなたを、素敵な女性だね、と言ってくれる男性は必ずいます。


(小池一夫)