月別アーカイブ / 2013年09月

9月25日 『新・上ってなンボ!! 太一よ泣くな (5) ザッツ・シャンク編』が発売になりました!

Isbn9784862259325

amazon   楽天    7net  エルパカ  

※くわしくは 小池書院ホームページをご覧ください。

--------------------------------------------

漫画スーパーワイド

新・上ってなンボ!! 太一よ泣くな(5) ザッツ・シャンク編


1000万部突破の大人気ゴルフコミック

大増量!!26話収録!!

太一、夢への第一歩 プロテスト開幕!!

激戦の全米オープンは閉幕し、
金蔵は輝かしい成績を残した。

無事キャディを務めきった太一は、
日本に帰る飛行機の中でチチ・ロドリゲスに出会う。

チチの操るフローティングボールを会得する為、
太一、ゴルフ人生を賭けた勝負に出る!!


作:小池一夫|画:叶 精作

ISBN978-4-86225-932-5  定価:680円(税込み)  発売:小池書院

9月25日 『ケイの凄春(6) 足跡編』が発売になりました!

Isbn9784862259158

amazon   楽天    7net  エルパカ  

※くわしくは 小池書院ホームページをご覧ください。

--------------------------------------------

漫画スーパーワイド

ケイの凄春(6)足跡編

天はなぜ、ふたりの愛に

これほどの試練を与えるのか!

水戸藩の「水府流水術」の指南役だった
亡き父の遺言に従い、
巧みな水泳の技術を持ちながら、それを隠し続けていたケイ。

それが原因となり、許嫁の可憐(かれん)は事故に遭い、
正気を失ってしまった。

侍の道を捨て、
彼女への愛のために生きる決心をするケイだったが、
運命は思わぬ方向に転がり始める。

藩主を救うために水術の封印を解いたケイは、
一躍名誉を回復し、水術指南役としての道が開かれた。
藩主の前で水術を披露する晴れの舞台の式典のさなか、
ケイに向かって走って来た者があった。

それはケイに会いたいばかりに狂乱した可憐の姿であった。
可憐の乱入により、式典は滅茶苦茶となり、
激怒した可憐の父は可憐を斬りつける。
ケイはそれを庇い、背中に『ひきょう傷』を負ってしまう。

正気にもどった可憐は、
ケイに迷惑をかけまいと、自ら出奔しまう。
一方のケイもまた、可憐を探し出し、
その愛を全うするために旅を続けるのであった。

そして可憐は……ケイへの想いを胸に秘めながら、
流れ流れて、今、女衒の仲町怒生の元で、
女郎として、初めての客をとらされようとしていた……。

作:小池一夫|画:小島剛夕

ISBN978-4-86225-915-8 定価:650円(税込み) 発売:小池書院

9月10日 愛蔵版『新・子連れ狼(4) 』 が発売になりました!

Isbn9784862259363_2

amazon   楽天    7net  エルパカ  

※くわしくは 小池書院ホームページをご覧ください。

--------------------------------------------

劇画キングシリーズ

新・子連れ狼(4)

示現流・東郷重位とともに
江戸へと迫る大五郎

第二部・激動の展開へ!!

元公儀介錯人・拝一刀の死後、
そのひとり子・大五郎を助けた
薩摩示現流・東郷重位は、
拝一刀が持っていた胴太貫と
同じ刀を持つ男だった。

薩摩藩を取り潰し
幕府のものにしようと企んでいた
老中松平伊豆守の策略に
乗せられていたことを知り、
重位は殺された島津光久の仇を討つために
江戸へと舵を切った。

薩摩に入り込み藩筆頭家老にまで上り詰めた
調所笑左衛門こと間宮林蔵は
子飼いの精鋭、牛久呑起の一団を
重位追撃に放ったのだが
一向に音沙汰がなく、
重位殺害に失敗したのではと
自ら江戸へと向かった。

牛久呑起の最後のひとり、
西の差配・牛久典膳を倒した
重位・大五郎親子は
江戸へと足を進めるが、多賀藩の地で
「別家様」と呼ばれる武士の一団に襲われた。

重位は一団を倒し当主を捕らえた。
その当主は藩主の別腹の弟で、砂の荒地を
あてがわれ半ば追放されたものだった。

砂の荒地に流れる川から砂金が出たことから、
当主は藩主に秘密で砂金を採り、
貧しい土地の貧しい領民のための楽園を創るために、
自ら狂気の当主を装いまわりを欺いていたのだった。
「すでに近郊の秘密が漏れていて
刺客どもが襲ってきたらどうする?」

との重位の問いに当主は、密かに建造した
軍船のもとへ案内をした。
砂丘を超えた先にある軍船の手前に
流砂の大きな川があり、橋を渡って行かなければならないのだが、
大五郎が渡り終わったところで、
重位を乗せた橋の綱を当主は切ってしまったのだった!
流砂の中に沈んでゆく重位…。
しかし、重位は落ち着いて刀を右手に持ち高く掲げ、
敵意のないことを示したのだった。

訝しむ当主に、沈みゆく重位は
「そろそろこの踏んでいる板が答えてくれるはずだ」と言うのだった。

作:小池一夫|画:森 秀樹

ISBN978-4-86225-936-3  定価:680円(税込み) 発売:小池書院

↑このページのトップへ