月別アーカイブ / 2013年08月

●『小池一夫対談集~キャラクター60年』、8月23日発売!

Isbn9784862258656_2

漫画界の重鎮・小池一夫が、

各界の第一人者や、
小池一門の弟子たちと、

語りに語った
漫画・アニメ・ゲーム、
そしてキャラクターの60年!

キャラクター史の空白を
埋める「幻の対談」が、

ここに登場!

amazon   楽天    7net  エルパカ  

※くわしくは 小池書院ホームページをご覧ください。

--------------------------------------------

書籍

小池一夫対談集~キャラクター60年~



手塚治虫と《神》を語り、

森章太郎と《キャラクター》を論じ、

長嶋茂雄に《オーラ》を学ぶ!

神山健治と《サイボーグ》を、

虚淵玄と《魔法少女》を、

庵野秀明と《エヴァ》を大激論する!

戦後エンタテインメント界を語り尽くす歴史的一冊が登場!

---------------------
(対談者)敬称略・順不同

手塚治虫
  
小島剛夕 

森章太郎

藤子不二雄(A)

池上遼一 

叶精作 

高橋留美子

さくまあきら

堀井雄二

板垣恵介

山口貴由

神山健治

虚淵玄(ニトロプラス)

庵野秀明


長嶋茂雄

---------------------

小池一夫

ISBN978-4-86225-865-6  定価:1,500円(税込み) 発売:小池書院  

8月10日 愛蔵版『新・子連れ狼(3) 』 が発売になりました!

Isbn9784862259356

amazon   楽天    7net  エルパカ  

※くわしくは 小池書院ホームページをご覧ください。

--------------------------------------------

劇画キングシリーズ

新・子連れ狼(3)

松平伊豆守の謀略を阻止するため、
次々と襲い来る追手を
斬り倒しながら江戸へと向かう
示現流・東郷重位と大五郎!!

薩摩藩を取り潰し
幕府のものにしようと企んでいた
老中松平伊豆守は,

島津光久を殺害し
自らが光久になりきり
薩摩を意のままに操り
破滅に導こうとしていた。

最初は薩摩を目指していた
重位と大五郎だったが、
伊豆守の策略に乗せられていたことを知り、
殺された島津光久の仇を討つために
江戸へと舵を切った。

薩摩に入り込んでいた
公儀の草・調所笑左衛門こと間宮林蔵の手引きで
薩摩入りを果たした伊豆守は
薩摩を我が物としたかにみえた。

しかし伊豆守は、
己が薩摩を離れるのは公方が死んだ時、
つまり、自分を引きずり出すために重位は
上様を殺害しようとしているのではと思い至った。

重位殺害のため、間宮林蔵の手配で
長の牛久典膳以下二十四人の精鋭で
薩摩を出た牛久呑起であったが、

時化で船は沈んでしまった。
典膳と白人くノ一のニナは
手下が組む人船に乗り陸へと向かい、
力尽きた部下が次々と沈んでいく中、
重位殺害の強い心を持ち、
ニナと典膳だけが陸の明かりを見るのだった。

時を同じくして、砲術家坂本泰山が作り上げた
芥砲が江戸に献上されれば
公方殺害はさらに厳しくなると見た重位は、
芥砲を破壊しようと狙っていた。
しかし、芥砲を高く転売しようと目論んでいる
街道荒らしの一味に言葉巧みに騙され、
しびれ薬を飲まされてしまった。
鉄砲隊に盗みを仕掛ける一味に
取り残された重位と大五郎の運命は…!?

作:小池一夫|画:森 秀樹

ISBN978-4-86225-935-6  定価:680円(税込み)  発売:小池書院

↑このページのトップへ