月別アーカイブ / 2011年06月

2011年6月のツイート

6月1日

 いよいよマンガのキャラクターにも広告が入ってきた。「タイガー&ラビット」というテレビアニメは近未来を舞台にしたヒーローものだが、スーパーヒーロー達はスポーツ選手の様に企業と契約して、体に会社名や商品名の広告が入っている。

 アニメの中だけの設定ではなく、SoftBankやAmazon、ペプシなど実在のブランドや商品名も入っている。まさにキャラクター広告だ。広告もまたキャラクターなのだ。昔から、広告にはキャラクターはつきものだ。人の目を惹きつける魅力があるからだ。

 3B(美人、赤ちゃン、動物)が有効だと言われている。

... 6月2日

 歳を取るとカタカナに弱くなる。昨日は「タイガー&バニー」を間違えて「タイガー&ラビット」と書いたが、多くの人にツッコまれた。しかし、計らずも、そのおかげで多くの人が私のつぶやきを注目し、RT(拡散)してくれ、フォロワーも増えた。

 この「間違える」とか「ドジ」「失敗する」といった事は、キャラクターの弱み、「弱点」だ。人に弱い部分を見せると相手は心を開く。人に愛されるキャラクターには弱点が必要なのだ。完璧で最強のキャラクターは、敵役にはなれても主人公にはなれない。どこか弱点がないと読者が感情移入出来ないのだ。

6月3日

 朝、NHKの番組を観ていたら、ダウンタウンの松本人志が、三作目の映画で時代劇「さや侍」を撮ったそうだ。これは刀を失って「さや」だけ持っている冴えない侍と、しっかりものの小さな娘が旅をする話。番組の中で彼は「子連れ狼」を意識していると言っていた。

 素人の中年男が演じる「さや侍」は、笑えなくなった若君を笑わせるために三十日間奮闘する。いかにもコメディアンである彼らしいキャラクターだが、おそらく松本人志流の「子連れ狼」を見せてくれるのではないか、と期待している。

6月4日

「闇金ウシジマくン」を読む。分かってはいるが、当然凹む。凹みついでに、井上青龍の写真集「釜ヶ崎」を見て色川武大の「狂人日記」を読む。マンガだけを読ンでもマンガは描けない。凹むと分かっていても読まなければならないものはたくさンある。

6月5日

 内田善美という少女漫画家がいた。三十年近く前、絶頂期に突然断筆し、その後姿を消した。「ひぐらしの森」「空の色ににている」「草迷宮 草空間」素晴らしい作品群だった。間違いなく少女漫画家の最高到達点だったと思う。

6月6日

 内田善美は経歴や年齢はおろか、性別さえも明確にせず作品だけを残し、読者の前からふっと消えた。僕もこの世界に長く居るので、尋ねれば答えてくれそうな方もいるが、そンな不粋はしたくない。本人がそう望むのであれば、謎は謎のままで。

6月7日

 僕の大好きな九十七歳まで生きた画家、熊谷守一が晩年に言った言葉「上手は先が見える。下手はどうなるかわからないのでスケールが大きい」僕の元から育った漫画家たちもそういう人がたくさンいるよ。

6月8日

 世界的に有名なうさぎキャラクター「ミッフィー」を管理するメルシオ社が、サンリオのうさぎキャラクター「キャシー」を訴えていた件ですが、両者が和解し、係争にお金をかける代わりにそれを震災の義援金とする事にしたそうです。

 サンリオはキャシーを使用停止しているが、それではキャシーとそのファンが浮かばれないので、今後はミッフィーに似ていると言われないように、キャラをモデルチェンジしてメルシオ社に確認の上で再び世の中に出してやるべきかもしれないね。good。

6月9日

 写真集を見るのが好きだ。優れた写真集には無言のストーリーがある。しかし最近、写真集のようなマンガをよく見かける。美しいコマの連続だが、ストーリーが遅々として進まない。それは漫画家ではなく、イラストレーターの仕事だと思う。

6月10日

①年をとると英語の固有名詞に弱くなる。恵比寿のウェスティングホテルと言って、現在進行形か!!とツッコまれ、時計のパティック・フリップスと言って、複数形か!!とツッコまれ、ジョニーデップドと言って過去形か!!とツッコまれる。

②Dをデーと言ってしまうので気をつけていたら、DVDをデイブイデーと言ってしまう。

③NTTに講演に呼ンで頂いた時、第一声が「エヌテーテーのみなさンこンにちは」だった事がある。

④なのに、バーでマッカランを頼む時、マッキャランと言ってしまい、ネイティブか!!とツッコまれる。ちょっと悲しくなる、七十過ぎの今日この頃。

6月11日

 石田三成が捕らえられ、明日は斬首の刑になるという前の晩、食事の後で柿が出たという。三成は食べなかった。「なぜ食べないのか」と尋ねたら「柿は腹を冷やす」と答えたそうだ。明日刑に処される身でなにを言うのかとみンなが笑った。だが、家康は笑わなかった。

 「さすが三成よ、最後の最後まで諦めない。機会あれば逃げ出してでも再起を図るというその気概は見事だ」と。今、イチローは不振だが、誰にでも不調の時がある。三成に例えるつもりはないが、必ずやまた盛り返してくるだろう。イチローほどの選手は世界にいないのだから。

 村上春樹のスピーチをきっかけに、土門拳の「生きているヒロシマ」に見入る。涙が滲む。そして、「筑豊のこどもたち」を手に取る。私達世代に原発開発の責任はあるが、筑豊の様な子供達を少しでも減らしたいと願った事も、また事実なのだ。

6月12日

 萩尾望都さンの「半神」より勝る短編を未だ読ンだ事がない。

6月13日

 「筑豊のこどもたち」を見ていると、つい口をつく歌がある。「しっかりと飯を食はせて陽にあてしふとンにくるみて寝かす仕合わせ」(河野裕子)願わくば、全ての母子がそうあります様に。

6月14日

 「いい曲だなあ」と小声で呟いただけで「これはフォーレのレクイエムのアニュス・ディですね。ラテン語で神の子羊という意味です」と即答された。七十過ぎても、この世は知らない事ばかりなり

 何十年も時代劇を描いてきて、今更言うのもなンだけど、ちょンまげってすごく変わった髪型だよなあ。

6月15日

 震災で離農を余儀なくされた人達のニュースを観ていたら、「夏子の酒」が無性に読みたくなった。

 日本のマンガの頂の高さ、そしてその裾野の広さに改めて驚く。

6月16日

 生前、団鬼六さンとツイッターでやりとりしていた。団さンは、ご自分の名作「花と蛇」をどうしても僕に劇画してほしいという願いを持っていた様だった。だから、それを実現しようと思っている。漫画家の叶精作に話したら、ぜひやりたいと叫ンでいた。僕もやりたい。

 原作・団鬼六、脚色・小池一夫、画・叶精作。いいトリオだと思う。メディアが名乗りを上げてくれるのを待ってます。団さンの読者、僕と叶の読者、合わせれば結構な数になる。赤字にはならないはずだ。

6月19日

 「羊たちの沈黙」のレクター博士は、サイコパスとして最強最悪のキャラクターだが、いかンせン、FBIに捕まってるンだよなあ。本物の悪人は善人を装い、誰にも気付かれないで、普通に街角ですれ違っているのだろう。

6月20日

 昨年のノーベル賞受賞者を何人言えますか?では、一昨年前は?私達が無知と無関心を決めこン込ンでいるうちに、賢い人達は地震の巣みたいな国に原発を69基も造っていた。

6月21日

 作者の哲学や美学や薀蓄を登場人物に直接語らせたマンガは、頭でっかちでつまらない。マンガはエンターテイメント。読み終えた時、面白い、切ない、続きがもっと読みたい、そう読者に思ってもらえればそれでいい。

6月22日

 デジタルカメラが全盛の中フィルムカメラがけしてなくならない様に、iPodで音楽を聴きながらも古いジャズだけは必ずターンテーブルにレコードを載せる様に、CGだらけの世の中で、ユーリー・ノルシュテインのアニメーションは、ますます愛されていくのだろう。

 「私は自分が求める高度な一瞬の映像の為に悪魔になる事も出来る」ユーリー・ノルシュテイン

6月23日

 私小説ならぬ私マンガを三冊読ンだ。「さよならもいわずに」上野顕太郎「裁判長!ぼくの弟懲役4年でどうですか」松橋犬輔 /北尾トロ「数寄です!」山下和美

 それぞれ、妻の死、実弟の逮捕、自邸の建設と、作家の極めて私的な事柄を描いた佳作である。この私漫画の分野は西原理恵子の独壇場の感があったが、これからは、自分を語る漫画家がもっと増えていくだろう。

6月24日

 昨日、一緒に飲ンだ御仁が、イトウジャクチョウなる絵描きについて話された。1日たって気が付いた!モシヤ、伊藤若沖ト瀬戸内寂聴センセイガ、合体シテイタノデハアルマイカ?

 夏が来ると、蛍が一匹紛れ込ンだ蚊帳の中で独り寝ている、夏の夜の幼い自分を思い出す。

6月25日

 今、電子書籍、マンガコンテンツ市場は、草苅り場と化している。巨大IT企業のGoogleやApple、Amazonがやってくる。日本語のコンテンツを取り扱うという情報がある。

 要するに、黒船が来る様なものだ。それを想定しながら対抗組織として出来つつあるのが2DfactoとBitwayだ。

 出版社も書店も新聞社も巨大印刷会社もNTTもKDDIもBitwayと2Dfactoの二つの巨大組織に分かれて、今、戦いが始まっている。弱小出版社や組織化されていない書店、取次、どこへどうなっていくのだろうか。これらの事はボクのキャラクター新論でもまだ書けなかった事だ。

6月26日

 七月の末にニコ生の出演がまた決まった。キャラクター新論についていっぱい語ろうと思っている。キャラクター新論があちこちで評価されて、役に立っているみたいで嬉しい。ツイッター上でも、キャラクターを起てるのにどンな方法があるかなど質問が多くなった。

「花と蛇」も決まりそうだ。

6月27日

 勘違いされては困る。ボクが描こうとしている「花と蛇」は、団鬼六の世界観だ。耽美的な世界を追求し続けた、その美しさへ迫ろうというのだ。それは、エロティシズムの極地かもしれない。だから、勘違いされては困る。

 劇画は、音と動きがない。だからそういうものを期待する人達は、音と動きのある映像を観た方がいい。念のため一言。

6月29日

「キャラクター新論」主人公のキャラが思うように動かせない時、悪役から先に創る。そこに悪が発生して事件が起きる。主人公のキャラが駆けつけて来る。キャラが動く。悪役のキャラクターから創って事件を起こせば、主人公のキャラクターも動きやすくなる。

6月25日 『御用牙 (2) 激怒の壁 編』が発売されました!

Isbn9784862257451

amazon        楽天      7net

※くわしくは 小池書院ホームページをご覧ください。
--------------------------------------------

漫画スーパーワイド

御用牙 (2) 激怒の壁 編
 



股ぐらにカビの生えたようなことを
言うんじゃあねえっ!!!!

北町奉行所同心・板見半蔵。

かみそり半蔵と呼ばれ、

江戸中から恐れられる鬼同心。

三日月の夜、年端もいかぬ

二人の子どもが悪徳商人を襲った!

現場に駆けつけた半蔵がとった

驚きの行動とは!?

作:小池一夫|画:神田たけ志

ISBN978-4-86225-745-1  定価:650円(税込み)  発売:小池書院

6月25日 『弐十手物語 やの字件 編』が発売されました!

Isbn9784862257376

amazon        楽天      7net

※くわしくは 小池書院ホームページをご覧ください。
--------------------------------------------

漫画スーパーワイド

弐十手物語 やの字件 編


十手持ちなら俺の十手も背負って走れ!

26年間の長期連載で人気を博した本作から
選りすぐりの初期作品七話を収録しています。

『不釣あいびき』

老婆と若い男の幽霊が墓場で夜な夜な
媾合っているといううわさが出て…?

『橋番鰻』

両国橋や新大橋の袂には
通行取締りや橋の管理のための橋番小屋があり…。

『苦しい首』

大川端の小料理屋で二十五両を無くした浪人は
客全員を犯人扱いして…!

『やの字件』

油問屋の大店で女将が殺されたが、
娘ふたりがお互いに自分が犯人だと言いはり…?

『鳥渡こい』

同心の手下の岡っ引きが十手を笠に着て
「ちょっと来い」と金品を強要しているという…。

『にわたずみ』

善良な岡っ引きの“羅漢の常吉"から
十手を返上させようとする飯伍だが…?

『その十態』

岡っ引きの貞吉は船宿の後家を金主にして、
金に困らない生活をしているが…?


作:小池一夫|画:神江里見

ISBN978-4-86225-737-6  定価:600円(税込み)  発売:小池書院

↑このページのトップへ