月別アーカイブ / 2010年11月

2010年11月のつぶやき

11月1日

 今夜は、東方に詰まっているキャラクターをじっくりと見た。コンテンツの著作権も存在しない大勢のUCC達が持ち寄ったキャラクターを共有して一つの世界観を味わっている。僕が築き上げてきたキャラクター原論でも説明がつかない。これをもっと勉強するために、コミケに通わなきゃなあ。ああ東方よ…

 海猿の話もしたかったけれど、ネットキャラの中で、今何かが起こりつつある。これまでのコンテンツの秩序を壊していくような何かが…

11月3日

...  地獄語り(小説)を書き始めた。涼がなくなって、そろそろ五年になる。思い出すことも少し薄れ、一人で何とか生きていけると、また書き始めた頃から、私の頭の中を意味不明の言葉、というよりも、呪文めいたものが駆け巡るようになった。

 「パペサタン パペサタン アレッペ」それは、まるでビジョンでも視るかのように突如として脳内を満たし、四、五回繰り返しては鎮かになる。ほらまた始まった。「パペサタン パペサタン アレッペ」面白いか面白くないかこれからだ。

11月4日
 
 今日、DVD9本借りた。「24ファイナルシーズン」が4本、「フリンジ」が2本、「ライトゥーミー」が3本。全部で9本。五日発売のやつを一日前に借りた。

 だから、東京では五日10時から貸し出して、行列になってなかなか借りられないけど、地方では一日前に借りられる。で、9本を二泊三日で見る。そしてまた楽しみが消える。

11月5日

 見たよ。中国の漁船が海上保安庁の巡査船に向かってきて一度当たって、向こうへ向けてまた戻って来て、何度も体当たりしようとしている。すごい迫力だ。音も叫び声も入っている。この映像がどうして今頃出てきたのか。この時期を待っていたのか。

11月5日

 25才日本人とだけ特定しているが、グッドタイミングだねえ。こういうものが見られる時代になったンだなあということがひしひしと伝わってくる。海上保安庁の隊員達の怒りがよくわかる。日本政府のなンとだらしないことよ。鳴呼…

11月6日

 アナログの世界は、キャラクターを創ると必ず料金が発生する。ところがデジタルの世界では、特にフリーミアムの世界ではその料金の派生が見えない。

 東方も、一人の人間が始めたンだろうと思うが、それがどンどン増えていってみンなの共有物みたいになった。ここでキャラクターを遊ばせている人達。料金が派生しない。

 初音ミクの音楽もそうだけども、JASRACの管轄外にある。コミケの世界がこれだけ大きな勢力になってデジタルに入ってくると、一体どう遊び、どう払うのか。研究課題としては誠に面白い。僕も遊ぶだよ。

11月7日

 「人を惹きつける技術・キャラクター新論」を近くどさっと発表会する。今、毎晩まとめている。近々発表する。

11月8日

 「地獄語り」も進ンでいる。飛頭蛮のキャラクターも出来た。飛頭蛮になンと言えば地獄を案内してくれるか?

 「お前にぴったりの身体を探してやるよ。飛ぶンじゃなくて歩きたい、走りたいと思わないのか?地獄に探しに行こうぜ。一緒に身体を」。ノッたねえ飛頭蛮は。自分では身体を持ち上げることさえ出来ないンだから。首から上しかないンだから。

11月9日

 地獄の案内人「飛頭蛮」のキャラが出来たよ。もうちょっと怖くする為に頭髪の一本をヘビにしてもらおう。ダンテの神曲、アケロン川(三途の川)の渡し守カロンの頭髪も全部ヘビだから。 http://yfrog.com/gviskoj

11月11日

 僕と小島剛夕の「首切り朝」が今月の27、28日、厚木市文化会館の小ホールで上演される。12月1日から5日までは新宿の紀伊國屋ホール。初日の27日には演出の横内謙介氏と上演終了後対談あり。

 ニコニコ生放送に出るよ。多分月末ぐらいになると思うけど、はっきりしたらまた知らせるよ。楽しみだなあ。

11月13日

 今日はとってもケアンな一日だった。ケアンはアケロン河の賽の河原に積まれた小石のこと。「ダンテの神曲・地獄篇」では徒労を意味する。

 この前も話したと思うけれど、AppleTVが一昨日発売になった。インターネットの中に、無限と言えるほどの情報が入っているが、それを引き出せる。安い値段で過去のあらゆるコンテンツを観ることができる。レンタル事業は壊滅的な打撃を受けるのではないか。僕も考えてみようか。

11月14日

 地獄語りその5 飛頭蛮と話をした。「俺が一番欲しいものはなンだ」と飛頭蛮に聞かれた。それで、「それは体だろう」と言った。飛頭蛮は首だけだから、歩くことも走ることも、セックスすることも出来ない。

 そしたらば違うという。「一番欲しいものをくれなければ地獄を案内しない」と言われた。なンだろう。考えていたら、飛頭蛮がヒントをくれた。「俺が欲しいものは刺青(タトゥー)だ。このタトゥーという言葉はどこの言葉だ」。タヒチの言葉だと僕は答えた。「タタウ」とタヒチでは刺青のことをいう。

 だから僕は言ってやった。要は同じ事なンじゃないかと。身体がなければ刺青も出来ないンだから。「いいだろう」と飛頭蛮は言った。「案内してやろう、地獄をな」

11月15日

 人を惹き付ける技術・番外編キャラクターは、後ろから見てもキャラクターだとわからせる必要が絶対にある。真後ろから見たキャラクターを描いてみるといい。なかなか描けないものだ。

 だから、色ンなマークを後姿に付ける、髪型を目立ちやすくする、装身具、靴など考えられるが、そンなことよりも後ろからキャラクターを見せなければならない時は、振り向きがちに横顔を少し見せてやる。それでOK。

 ホントにマンガには後姿が少ない。だから一番簡単なのは、少し斜めに振り向かせること。
11月16日

 人を惹きつける技術・番外編 サブキャラクターをいっぱい創っておくと、たとえ主人公が変わってもそれが違う作品であっても、有名になっているそのサブキャラクターを出せるのだ。手塚マンガで言えば、お茶の水博士、ランプやロックなど。

 だからキャラクターはたくさン創るほど楽しいよ。色ンな作品に飛ばすことが出来る。主人公はひとつの作品に絞られるが、サブキャラは多くの作品に登場させられる。

11月17日

 人を惹きつける技術・番外編 キャラクターのすごい所を見たい人は、そのキャラクターを消してみればいい。例えば、織田信長がいなかったとすれば天下は誰が取っていただろうか?ヒットラーが生まれなかったら日本はどうなっていただろうか?こンな具合にキャラクターを消してみる。

 長嶋茂雄と王貞治がいなかったら日本の野球界はどうなっていただろうか?スーパーキャラクターのいない世界は枯れていく。だから、全てがキャラクターなのだ。

11月18日

 今度「花と蛇」で有名な団鬼六先生とニコニコ生放送で対談したいので、今ご都合を聞いている。ニコニコ動画では、11月28日とか、 土日は空けてあるンで、二人のスケジュールが合う日にやってくれと言われている。僕は28日にやりたいなあ。面白い対談になると思うよー。ぜひ見てね。

11月20日
 
 ツイタカタッターツイタカタッターツイタカタッタッターて…歌ってるうちに眠っちゃってなンだか忘れちゃったよー。

 今は携帯配信の「九ノ一千代女」を書いてます。石川の五右衛門と、日本一の女忍者望月千代女の一騎打ち。必死の攻防戦を書いてます。描くのはカマキリさン。携帯配信ですから見たい方はどうぞ

 人を惹きつける技術(番外編) 漫画作品のタイトルはキャラクタータイトルが九割を超える。もちろン大ヒットしたものの数字だが、だとしたら作品のタイトルはキャラクタータイトルにすべきだろう。少なくともキャラクターを表しているタイトルにすべきだろうね。

11月21日

 今日は夜汽車で大阪だ。月に一回ぐらいは大阪の大学にも顔を出す。キャラクター新論を教える。75歳が初音ミクだ東方だとキャラクターをそン中へ入れていき出すと、学生たちから笑いが起きる。やっぱり75歳と初音ミクは結びつかないンだろうなあ。

11月22日

 今日は大阪芸大で授業をした。このデジタルの時代に、キャラクターがどこへどう動くのか?と。もちろンは初音ミクも東方もみンな出して色々と話した。YOUTUBEやCGMの世界のことも話した。

 キャラクターが背景や過去を持たない、現在も何をしてるかという目的も持たないキャラクターはキャラクターといえるのか?これからのキャラクターはどう変わるのか?この一年間はじっくりとプロファイリングしてみたい。

11月23日

 人を惹きつける技術(番外編) ドラえもンはとりあえず九つの超能力グッズを持っている。僕がほしいのは、どの国の言葉でも話せるこンにゃくだ。キャラクターに特別のものを持たせることによって、そのキャラクターの強さをものすごく大きく見せることが出来る。道具によってキャラクターを起てる。

11月24日

 2000年を境にしてキャラクターは大きく変わりつつある。東方の出現で今108人の女の子たちがものすごいユーザーの支持を集めてる。主人公の博麗霊夢とかかわいい女の子のキャラがずらっと並ぶ。そこへ2007年に初音ミクの登場だ。

 初音ミクはクリプトンが作り出したキャラクターで、ロイツマガールのイェバンポルッカ(スウェーデンの民謡)を歌って、それにジャンプのマンガキャラ(BLEACH井上織姫)がかぶっている。そしてネギを振り回す。

 このキャラクターには過去という背景はない。キャラクターを起たせるというパターンもない。まあネギはキャラクターの道具だろうが。この東方と初音ミクのキャラクターを一生懸命分析している。結構楽しい。

11月26日

 日本鬼子(ひのもとおにこ)というキャラクターが出て来たぞー。「日本鬼子」で中国から日本に向けて送り込まれて来たキャラクター(キャラクターともいえないが)。それを今度は日本鬼子(ひのもとおにこ)にして、萌え系のキャラクターにして中国へ返した

 これには中国の反日感情も萌え系になったらしい。国が出来なかったことをキャラクターがやっている。キャラクターは素晴らしいー。

11月27日

 劇団扉座の首斬り朝右衛門の演劇が今終わった。終わった後で僕と横内さンとのトークがあったので、ずいぶン遅くなっちゃった。舞台は非常に面白かった。僕のたくさンある時代劇作品の中では首斬り朝右衛門一本だけが劇化されてなかったので、ことさらに面白かった。

11月28日

 寅年は災害とか大きな事件とかが多い年と言われている。気候も今年はだいぶ変だったし、なンか色々と争い事が国と国との間で絶えない。平和が遠のいていく感じ。やはり寅年なのかなあ。来年の二月三日まで寅年なンだよ(旧暦)。

11月29日

 ピカチューというキャラクターで3兆円。日本の鉄鋼業に相当する。我が国はもっとキャラクターというものに注目しても良いのではないか? 

 鉄腕アトムからナルトまで60年。いったい、どれくらい世界中で稼いできたことか。そのキャラクターが今、目減りしつつある。すぐに中国、韓国に追いつかれる。むこうは国策。日本は個人。

11月30日

 日本のマンガキャラクターコンテンツ、マンガとアニメとゲーム。6年前、世界の売り上げが13兆4千億円もあった。(デジタルコンテンツ白書) それがいまや、10兆円を割りかかっている。誰もテコ入れしない。新人を育てて新しいキャラクターをつくらせることをしない。

 東方のキャラクターや初音ミクは自然に沸いて出たようなものだ。悲しいかなこれらのキャラクターは外貨を稼がない。まだまだアナログのキャラクターが10兆円を稼ぐ。僕は新人を育てるキャラクター最前線にいる。ひとりぽっちなのかも・・・・
続きを読む

 YouTubeで小池一夫の新作3作品(松文館)のプロモーションビデオが公開されています!

 ▼『百々の拷問蔵』 作・小池一夫 画・神田たけ志▼ 

伝説の劇画「御用牙」の黄金コンビが再び放つ!全く新しい江戸咎人秘録劇!

 ▼『私は魔女医(マジョンナ)』 作・小池一夫 画・架空まさる▼

邪悪な魔物どもに銀のメス! 時を超えて魔女と魔物たちの戦いがついに始まる!

▼『九ノ一 千代女(チョメ)』 作・小池一夫 画・カマキリ▼

あの「子連れ狼」の原作者小池一夫と、「みはねに全部出して」でケータイ市場の一世を­風靡したカマキリが夢のコラボ!! 蝶のように舞う謎の九の一!!その名は千代女!!

 松文館より、各デジタルコミック/ケイタイコミックサイトにて配信中です!

11月25日 『新々上ってなンボ!!太一よ泣くな (4)  スタンディングオベーション編』が発売されました。

Isbn9784862256584_2

amazon    楽天    7net

※くわしくは 小池書院ホームページ をご覧ください。
---------------------------------------------

漫画スーパーワイド

新々上ってなンボ!!太一よ泣くな (4)  スタンディングオベーション編 

ゴルフ誌「ALBA」連載作品、完結編!!

待望のファイナルシリーズ、スーパーワイド版でついに登場!

混マスターズトーナメント予選第一日目も中盤戦へ。
亡き闇塚やマンソンの教えに支えられ、
己を見失わずに善戦を続ける太一だったが、
不慣れなマスコミのカメラに調子を落とし始める。
このピンチを乗り越えられるか!?

作:小池一夫|画:叶精作

ISBN978-4-86225-658-4  定価:650円(税込み) 発売 小池書院

↑このページのトップへ