『人生七十古来希なり』(杜甫)

 劇画村塾、小池一夫塾、大阪芸術大学小池ゼミ、
それぞれの同窓生が、この日、都内のホテルに集合した。
 

 今回この3つの同窓生が集合したのにはワケがある。
 劇画村塾同窓会を「小池一夫師匠の古希を祝い、ますますのご壮健を願う会」を兼ねた会にしてしまおう!!」という、同窓会長さくまあきら先生をはじめとする、高橋留美子先生、原哲夫先生、堀井雄二先生、板垣恵介先生など発起人の先生方の取りはからいによるもので、少しでも多くの人たちで盛大に小池先生のお誕生日(5月8日)をお祝いしようということになったからです。
 参加者は約130名。これだけの人たちが誕生日のお祝いに駆けつけてくれるとはさすが師匠!!
 小池先生をよく知る菅本順一氏(劇画村塾の運営にご尽力され、小池一夫塾では臨時講師を務め、現在は大阪芸術大学助教授)によると、「師匠は思いのほか喜んでいらっしゃって、お酒も相当召し上がられた。そのご様子は私の知る限りではゴルフ雑誌『アルバ』が軌道に乗ったころに見て以来」だとか。
 また、小池先生が二次会まで参加されることも今まではなかったそうです。

 
 さくまあきら先生のホームページ『仕事人裏日記(5月14日)』でも、この日の模様が書かれています
 さくまあきら先生のホームページはこちら