人生相談の12回目です。



(質問)


小池先生こんにちは。
いつもtwitterでの呟きを拝読させていただいております。
私は35歳になる2児の母親をしています。極々平凡な主婦です。

大変失礼なことを言うようで気が退けるのですが…
私は、最近とみに歳を取っていく事、老いていく事が怖いのです。
年老いて、身体が思うように動かなくなっていく事や、
子どもたちに疎まれやしないかとか、
抵抗力や体力が衰えていく様を想像するだけで非常に気持ちが沈みます。
以前先生は歳を重ねることの良さを仰っていたので、
どうやって私のような悩みを持たずに(持っていたとしても気に病まずに)過ごされているのか、
日々を生き生きと過ごされているのか、
非常に気になったので教えて戴けたらと思い今回ここに書き込みをした次第です。

よろしくお願いいたします。




(僕の思うこと)


タイトルそのものが、僕の答えです。


きっとあなたは年を取ることが不得意なタイプなのですね。


最近、年を重ね、若さを卒業することに失敗した人と出会いました。


僕が時々訪れる料理屋があります。

そこの常連で、とてもお金持ちの夫婦が来ます。


そして、会うたびに、奥さんの顔が整形を重ね突っ張って行きます。

直視すると悪いなと目を合わせるのを遠慮するぐらいです。


元々は、美しい人でした。


しかし、年を重ねることによって得られる美について思い至る知性は無かったようです。


ある日、そこで食事をしている時に、僕は耳を疑うような彼女の発言を耳にしました。


「年下の男性が私に視線を送ってくるのよね」。


それは、まるで、自分の魅力に若い男が興味を持っていると言わんばかりに得意気でした。


違うのです。整形に整形を重ねた年配の女性の奇異な姿から目が離せなかっただけなのです。

しかし、彼女には、そう勘違いしてしまうほど「若くありたい病」を患っている自覚すらないのです。


老いを受け入れるということは、「感性の領域」ではなく、「知性の領域」なのです。


あなたは、子どもさんが二人いらっしゃると書かれていますが、その子どもさんが、年に似合わない

大人びたファッションや言動をされたらどう思われますか?


子どもを持つ親が、ゆっくりゆっくりと年相応の大人になって欲しいなあと願うような気持で、

自分も、ゆっくりゆっくりと、老いを受け入れていけばいいのです。


年を取ることは、目に見えるところでは衰えて行きますが、目に見えないところで得るものは沢山あります。


年を取ることは、ある意味「進化」です。


最後に一言。


カッコいい年寄りは、カッコいい若者がなるのです。


カッコ悪い若者は、カッコ悪い年寄りになるのです。


今の自分に自信が無い人が、魅力的な年寄りにはなれません。


あなたが今心配すべきは、年を取ってからの自分を想像する取り越し苦労ではなく、

35歳の現在の自分が充実していてカッコいいかどうかなのです。


 






 


 














 人生相談の11回目です。

(質問)

いつもTwitterを拝読しております。ご相談させてください。
2年ほど前、社内恋愛していた恋人にフラれました。理由は『職場の外で好きな人が出来た』との事でした。
当時の私はとても未熟だった事もあり、自分を責めました。しかしその数ヶ月後、元彼は同じ職場の方とお付き合いを始めていました。
元彼と彼女が一緒に出勤する姿を見かけ、彼が嘘をついて別れた事にとても傷つきました。沢山泣きましたが、今でも同じ職場で仕事を続けています。今年に入り、彼らは結婚するようで、未だに元彼を見かけるの心がザワつき、一瞬辛くなります。
この、抜け出せない渦を抜け出せるアドバイスを頂きたいです。

(僕の思うこと)

色々なことで狡い人間は沢山います。
金でズルい奴。仕事でズルいヤツ。人間関係で狡いヤツ。

しかし、僕は、「愛で狡いヤツ」は許します。

愛が理由ならしょうがないというのが僕が80年生きて来た結論です。

あなたは、初恋の人と結ばれましたか?初体験の人と結ばれましたか?

人の愛は変わるのです。あなた自身もフラれた彼よりも素敵な人が現れたら、
愛よりも義務感で、今、付き合っている人を優先して結婚しますか?

自分自信も、より愛する人に乗り換えるはずです。

勝敗で言うと、あなたは愛の勝負に負けたのです。


愛の世界は、弱肉強食だと思ってはいませんか?愛は「弱肉強食」ではなく、「適応」です。
愛は、弱肉強食ではなく、適応した者が勝つのです。

どんなにあなたが美人でも、彼のことが好きでも、恋愛は「適応」した者同士が結ばれます。

より自分に適応した人が相手に現れたのなら、未練たらたらで別れなさい。

「時間薬」って知っていますか?時が貴方を癒してくれます。
「人薬(ひとぐすり)」って知っていますか?
傷付けられるのも人ですが、自分を癒してくれるのも人です。

あなたに、今必要なのは、「時間薬」と「人薬」です。

時間があなたを癒します。
新しく現れた男性があなたを癒します。

最後に一言。
同じ職場の男性なので心はザワつくでしょうが、彼の不幸を願ってはいけません。
「どうぞ、お幸せに、私はあんたより幸せになってやる。」

それが、フラれた女の心意気ってものです。女の見せどころです。







人生相談の9回目です。

(質問)


小池先生はじめまして。27歳女です。
人生相談をさせてください。

私には数年間片思いで好きな人がいます。
しかしその人は10歳以上年上の既婚者で、子供もいます。
仕事で一緒になり、相手は仕事のパートナーとして、仲良くしてくれています。

自分が選ばれる可能性が無いというのは重々にわかっているのですが、
ここまで異性を好きになったのは初めてなのです。
毎日毎時間、その人の事を思い出しては苦しくてつらくて
泣いてばかりいます。
このような生活に疲れてしまって、「もうやめたい・・・」と何度も思いました。
でも、好きな気持ちが消えてくれないのです。

友達が好きな人と結婚して、好きな人の子供を産んでいるのが
本当に、本当に…うらやましくてうらやましくて。
自分で動いて新たな出会いを探すしか方法はないと思うんですが、
今はただただ、その人が好きなんです。
この気持ちにどう折り合いをつけたら良いのでしょうか。

(僕の思うこと)

この相談をされた方以外にも、好きな人にはもう他に好きな人がいるという、
片思いの苦しみの相談が沢山ありました。

なので、この方の相談を代表にして僕の思うことを答えたいと思います。

人間的に魅力のある男は当然モテます。そんな男性を女性は放っておきません。
誰かのモノになっている可能性は、とても高いです。
そして、その人が伴侶を大事にしている姿を含めて、好きになるのです。
例えば、奥さんにを裏切って、あなたと関係を持つような男性をそもそも好きになりませんよね?

結論から言うと、今後、少々気まずくても、その人にあなたの思いを告白しなさい。

そして、大いにフラれなさい。

それが、既に御自分が出している答え「自分で動いて新たな出会いを探すしか方法はないと思う」
ということを実行に移すための、儀式なのです。

そして、人生には思いもよらないことが起こります。
もし、その彼が奥さんと別れることになった時に、ああ、あの人は僕に好意を寄せてくれていたなと、
あなたの顔が浮かぶでしょう。

その為にも、あなたは、その男性に、私はあなたのことが好きですよと、素直に告白するのです。

もう一つの方法もあります。
その男性が、あなたを素敵な女性だなと意識するぐらい、自分が魅力的な人間になる努力をするのです。

泣いてばかりいる暇があるのなら、いつか振り向かせてやると、素敵な女性に、人間になりなさい。

その努力は、決して無駄ではなく、あなたが片思いをしている男性よりも素敵な男性が寄ってきますよ。

好きで好きで好きで、会いたくて会いたくて会いたくて…という気持ちは、恋の始まりの時の感情です。
それが、空気のような自然な存在になり、最後には「敬意」という感情で繋がるのが恋愛です。

だから、敬意を持たれるような人間になるのが、人を惹きつけるためにいちばん大切なことなのです。

人を好きだという思いに折り合いはつきません。
だから、勇気を出して行動して、大いにフラれるという痛手を糧にして、次に進むしかないのです。

最後に笑い話になるのですが、自分の初恋の人や、昔好きだった人の名前を子どもにつけて、
夫婦喧嘩になった話はよくあります。
そのぐらい、人が人を好きになることには未練が残るものなのです。

今の自分の片思いの苦しさも、いつか想い出になる日は必ず来ます。















↑このページのトップへ