小池一夫キャラクターマン講座 第12期(通算42期)募集開始!


 「小池一夫キャラクターマン講座」
 講座パンフ11期P1-4.jpg

 講座パンフ11期P2-3.jpg


 
~ヒットするキャラクターを創り、動かし、生かすために!

 高橋留美子・原哲夫・板垣恵介(インタビュー)・堀井雄二・
 さくまあきら・山口貴由・椎橋寛といった、

 そうそうたるクリエイターを育成した
 「キャラクター創造論」を、

 小池一夫が直接伝授
 
 漫画・アニメ・ゲーム・小説・映像作品などで、

 人を惹きつける魅力的な《キャラクターを創り方》、

 心を動かし、興奮や感動を呼び起こす《キャラクターの動かし方》、

 時代・国境・メディアを越えて活躍できる《キャラクターの活かし方》を学びます!

  つまりは、ヒットする、売れるための《キャラクターの起て方》です!


 また、今後の漫画界の変化を見据え、
 「モーションコミック」や「縦スクロール漫画」「横スクロール漫画」などの
 新たな形態の漫画に対応できる表現技術を
 研究、漫画の未来を模索します!


 上記のキャラクター創造論にくわえて、
 「時代劇」「日本文化」についても学ぶことができます。

 
 世界に向って作品を発信する時、日本文化への知識が、大きな個性、武器となります。
 また、漫画読者の年齢は上がっていますが、
 目の肥えた高年齢の漫画読者を楽しませることが出来る
  「時代劇漫画」を描ける知識を持った作家の数は、
 必ずしも充分ではありません。
 時代劇の知識を持つ作家が、圧倒的に少ないからです。
 
 ここにチャンスがあります!

 本講座では刀剣、剣術、武士道、忍者、戦国武将、幕府と武家社会の仕組み、禅、茶道、庶民の暮らし、歌舞伎、浮世絵、時代小説など、時代劇を創るために必要な知識も同時に学ぶことができます。

 そして、その知識を、
 時代劇以外の創作も生かせすためのノウハウをお教えします。


 君も漫画・アニメ・ゲーム・ライトノベル・時代小説など
 創作に必要な「キャラクター創造」のノウハウと、

 時代劇・日本文化の知識を身につけて、

 世界に飛翔するトップクリエイターになろう!

 top_2.jpg
 

★キャラクターマン講座 第12期(通算42期)


《概要》


● 期間  2017年8月~2018年1月

● 回数 全18回 

      (上記以外に、特別講義・外部イベントへの招待などがある場合があります)

● 開催日 土曜日に開催(原則として3週に1回休みペース)

● 時間  19時~20時30分  

● 講師 小池一夫が直接指導いたします!

※小池一夫が指定したゲスト講師(漫画家、原作者、編集者)が代講する場合があります)。


――――――――――――――――――――
 キャラクターマン講座 第12期

では、3つのコースをご用意しました!
――――――――――――――――――――


(A) 直接受講生


 小池一夫の直接指導! 直接添削!

sdscn0138

(1) 東京都内(港区)の教室で小池一夫の直接講義を受講。
(2) 会場に行けない時はUSTREAMで自宅受講できます。
(3) USTREAM録画で、何度も復習することが可能です。
(4) 希望者には、小池一夫が作品添削を行います。
(5) 過去の講座(1~11期、時代劇講座1期)のアーカイブ(約380時間)の録画映像を、
  2018年1月末まで見放題。
         (アーカイブの詳細はこちら)

(6) 小池一夫の著作(教科書・参考書)10冊以上を、WEB上で閲覧可能!(詳しくはこちら)

kyoukashonew.jpg

(7) 「漫画寺合宿」への聴講が可能!(「漫画寺合宿」の詳細はこちら)
 


(B) WEB受講生

 自宅にいながら、小池一夫に学べる! WEB受講!

p1.jpg

(1) USTREAM生放送で、講義を自宅で受講
(2) USTREAM録画で何度も復習が可能。
(3) 希望者には、小池一夫が、電話(もしくは直接面談)による作品添削を行います。
(4) 過去の講座(1~11期、時代劇講座1期)のアーカイブ(約380時間)の録画映像を、
  2018年1月末まで見放題。。(アーカイブの詳細はこちら)
(5) 小池一夫の著作(教科書・参考書)10冊以上を、WEB上で閲覧可能!(詳しくはこちら)
(6) 3度まで、直接受講が可能です。(要・事前予約)

 

(C)アーカイブ受講生

 膨大な過去の講義映像(約300時間)を公開! 

10ki.jpg


(1) キャラクターマン講座・時代講座の過去の講座(1~11期、時代劇講座1期)のアーカイブ(約380時間)の録画映像を、2018年1月末まで見放題。。(アーカイブの詳細はこちら)

(2) 小池一夫の著作(教科書・参考書)10冊以上を、WEB上で閲覧可能!(詳しくはこちら)


※アーカイブ受講生は進行中の第12期のWEB生放送は視聴できません。
  また、作品添削はできません。


-----------------------------------
《講義アーカイブについて》

※ 過去の講座(1~11期、時代劇講座1期)のUSTREAM 放送の録画映像です。

《WEB受講・アーカイブ視聴に必要なもの》


※ インターネットに接続されたPCで、USTREAM映像の受信が可能な性能・環境を持つもの。
(古いPC環境や、通信速度の遅い環境では快適に受信できない可能性があります)。

※ インターネット閲覧、USTREAMアカウント作成、パスワード入力等の基本的なPC操作スキル。
 (コンピュータの技術や設定の指導は行いません)。

※ 上記の内容については、変更になる可能性があります。

詳細な資料請求・お問いあわせはこちら
1-1


※PDFファイルでお送りします。紙の資料をご希望の方は、「紙資料希望」とお書きください。

ikegami_ryouichi_3.jpgtakahashi_rumiko.jpg


(参考)
「キャラクターマン講座を体験してみよう」(セルシス)
koike_top

「キャラクターマンPIP! 全員集合!」(電子書籍ランキング)bnr_001-koike-characterman

「キャラクターマンPIP! 全員集合!セカンドシーズン」(電子書籍ランキング)
bnr_008koikecharacterman.jpg

※「キャラクターマン講座」の他に、作品制作のための「漫画寺合宿」もあります。

小池一夫のコンテンツなンでもありの【漫画寺合宿】
220_main_pc.png
漫画寺合宿・体験レポート


人生相談の13回目です。

(質問)

小池先生,初めまして。
23歳男性です、私は今まで人生の目標が無く地元の会社で働きながらなんとなく生きてきました、
ですが脚本家になりたいという夢が浮かび上がり東京へ上京し専門学校に入ってそれを叶えたいと思いついたものの、
今までいい加減に生きてきたツケが回って来て、親に猛反対されたり心配させてしまうのでは、
仕事を辞める決心が付くだろうか、東京で生きて行けるだろうかなど自分に言い訳をしてしまい
今のままでは自分の人生を後悔する事が頭で分かっていても行動に移せません、

助言をいただければ幸いです。


(僕の思うこと)

これは、あらゆる自由業に就く人たちが皆通ってきた不安です。

安定した生活を取るのか、不安定だけれど夢を追いかけるのか。

これは成功した後にでも、付きまとう不安です。
だから、芸能界などで成功しても副業で飲食店などに手を出すのです。
どれほど成功しても、生活の不安、将来の不安はずっと付きまとってくるのです。

ましてや、あなたは、まだ、脚本家になるのかどうか迷っている段階です。
不安があってもしょうがないでしょう。

ここで、あなたに聞きたいのは、今の時点で、あなたは作品を一本でも書いたことがありますか?
そして、その作品を最後まで完成させたことがありますか?
ということです。

そのレベルがどうであれ、23歳現在で作品を書いたことが無ければ、あなたの脚本家になりたいという夢は、
今の退屈な生活からの逃避願望でしかありません。

心から脚本家になりたいと思っているのなら、あなたは既に、作品を書き始めているはずです。
心から物書きになりたいのであれば、親の反対や生活の不安など振り払って、もう飛び出しているはずです。

着地点を考えてから飛ぶのではなく、飛んでから着地点を考えるのです。

地元で会社員をしながら、脚本の勉強をすることは可能です。上京しなくても、脚本家になる道はあります。

僕の印象では、あなたは脚本家にはなれないでしょう。

なぜなら、あなたは僕に、文章の書き方ではなく、脚本家になれるかどうかを訊ねたからです。

脚本家になれる才能を信じていれば、そのような質問はされなかったと思います。

飛ぶ前から、着地点のことばかり考えているようでは、この厳しい物書きの世界で成功するのは無理です。

自分の才能を信じるのであれば、脚本家にはなれないと言った僕を見返してください。
どうだ!俺は売れっ子の脚本家になったぞと、僕を見返してください。










      






人生相談の13回目です。

(質問)

小池先生,初めまして。
23歳男性です、私は今まで人生の目標が無く地元の会社で働きながらなんとなく生きてきました、
ですが脚本家になりたいという夢が浮かび上がり東京へ上京し専門学校に入ってそれを叶えたいと思いついたものの、
今までいい加減に生きてきたツケが回って来て、親に猛反対されたり心配させてしまうのでは、
仕事を辞める決心が付くだろうか、東京で生きて行けるだろうかなど自分に言い訳をしてしまい
今のままでは自分の人生を後悔する事が頭で分かっていても行動に移せません、

助言をいただければ幸いです。


(僕の思うこと)

これは、あらゆる自由業に就く人たちが皆通ってきた不安です。

安定した生活を取るのか、不安定だけれど夢を追いかけるのか。

これは成功した後にでも、付きまとう不安です。
だから、芸能界などで成功しても副業で飲食店などに手を出すのです。
どれほど成功しても、生活の不安、将来の不安はずっと付きまとってくるのです。

ましてや、あなたは、まだ、脚本家になるのかどうか迷っている段階です。
不安があってもしょうがないでしょう。

ここで、あなたに聞きたいのは、今の時点で、あなたは作品を一本でも書いたことがありますか?
そして、その作品を最後まで完成させたことがありますか?
ということです。

そのレベルがどうであれ、23歳現在で作品を書いたことが無ければ、あなたの脚本家になりたいという夢は、
今の退屈な生活からの逃避願望でしかありません。

心から脚本家になりたいと思っているのなら、あなたは既に、作品を書き始めているはずです。
心から物書きになりたいのであれば、親の反対や生活の不安など振り払って、もう飛び出しているはずです。

着地点を考えてから飛ぶのではなく、飛んでから着地点を考えるのです。

地元で会社員をしながら、脚本の勉強をすることは可能です。上京しなくても、脚本家になる道はあります。

僕の印象では、あなたは脚本家にはなれないでしょう。

なぜなら、あなたは僕に、文章の書き方ではなく、脚本家になれるかどうかを訊ねたからです。

脚本家になれる才能を信じていれば、そのような質問はされなかったと思います。

飛ぶ前から、着地点のことばかり考えているようでは、この厳しい物書きの世界で成功するのは無理です。

自分の才能を信じるのであれば、脚本家にはなれないと言った僕を見返してください。
どうだ!俺は売れっ子の脚本家になったぞと、僕を見返してください。










      






↑このページのトップへ