暫定首位との試合。
個の部分は少し劣るも、お互いに良い距離感で個の差をグループでカバーできていました。
60分間常に集中し、相手に隙を作らず、守備で主導権を握る試合ができました。

また、守備に追われる時間だけではなく、こちらにも決定機が訪れましたが決めきれず…

そのままお互いに良い攻防が続き、0-0のまま試合終了。

新しい取り組みにチャレンジしている中でしたが、選手たちは良い集中力を保てていました。
ワールドカップの日本代表のように今現在ある力をどう活かして良い戦いに持ち込むか、といった戦いにはできましたね!

リーグ戦はあと2戦。
勝ち星をあげられるように、前向きに練習取り組んでいきましょう!


U13リーグ第4節。
1stステージでも対戦済みの為、お互いある程度の力量は知っている中でキックオフ。

開始早々から主導権を握りいく。
握りかけた瞬間、浮いたボールの処理をコントロールせずに流してしまい相手に押し込まれてしまい、相手に勇気を与えてしまうプレーとなってしまいました。
そこからは1対1の戦いは相手チームに軍配があがり、こちらはカバーに追われチーム全体のバランスを崩してしまいました。

なかなか修正がきかず、そのまま試合終了。

明日は暫定首位のチームとの戦い。
いいゲームができるようにいい準備をしていきましょう!

前節に残留を決め、残すは最終節のみ。
クレーでの豪雨の中のゲーム。

2ndステージ、残り3ゲームあたりからピッチ内外でより随所に成長を感じるシーン(自立/自律した行動)もたくさん出てきました。

最終戦、3年間で1番チームでのまとまりを感じた試合となりました。ただ、これも積み重ねてきた事の想いが〝最後はやってやろう〟となったと思います。

雨の中、たくさんの応援ありがとうございました!










↑このページのトップへ