いつかみた映画をひたすらあげていくだけ、ミタメモ。



もしかして、サンタクロースなんて
いないんじゃない? と
疑い始めた少年の前に
北極行きの汽車が現れた。
車掌は子供たちを招き入れ、
冒険の旅へと出発する!


ゼメキース! ゼメキース!
これぞロバートゼメキス監督!
という圧倒的トキメキのハイテンションで
ぐいぐい引き込まれた記憶。

世界初のフル・モーションキャプチャ映画
だそうで
トムハンクスら俳優たちの動きを取り込んだ
キャラクターが
ガンガン動く映像の中を
転がりまわる。

話も盛り上がって感動した記憶もあるけど
情報量多すぎの映像の印象は
古典的物語の筋と噛み合わない気もした。

数年後、
私のチーズでできた脳では
記憶に残ったキャラクターは
だれもいなくて

「あの映像がすごい…
あのクリスマスの…
ゼメキス映画はなんだった…?」

という印象で

この使い方は
トムハンクスが勿体無い気がする
そのうちまたみて記憶をよみがえらせたい