いつかみた映画をひたすらあげていくだけの、ミタメモ。



落ち目のブロードウェイプロデューサーが
気弱な会計士と組んで、
投資を募った舞台の初日に失敗し
金を持ちにげする詐欺を思いつく。
そのために
最低の脚本、最低の俳優、最低のスタッフを募り
失敗確実なミュージカルづくりに
のりだすのだが……。


ちゃんとおもしろかった気がする
メル・ブルックス映画。

主人公がたくらむ詐欺の内容は
まったくリアリティが感じられなかったけど
ジーンワイルダーとのかけあいをみているだけで
笑えたし、という印象。

しかしあらすじをネットで見直してみると
オカマネタに頼りすぎてはいまいか。
60年代。
ヒトラーをバカにするというライフワークに
すでに邁進しているブルックス監督。



しかしそのためにも

オカマネタに頼りすぎてはいまいか。

むかしのクレヨンしんちゃん劇場版なども
そんなかんじはあったよな…

この、
エンタメの一時期に
洋の東西を問わず共通してみられた
オカマという
コメディ用のキャラクター性の型は
なんなのか

白人が顔を塗って黒人のふりをして笑わせた、
でも実際の黒人はそんなんじゃないだろ
っていう
ブラックフェイス
みたいなものなのか