いつかみた映画をひたすらあげていくだけ、ミタメモ。



フランク・ミラーのコミックを原作に
原作者とロバート・ロドリゲスが
共同監督として名を連ねた
ネオ・ノワール映画シリーズ第二作。

第1作から引き続き
モノクロを基調としたマンガ風画像処理。
いや微妙に普通の映画に近く
見やすくなってるかな?

ジョセフ・ゴードン=レビット演じる
成り上がりギャンブラーの登場で
ムキムキ男ばかりの印象だった第1作から
またちがった味に仕上がっている。

ほかにもミッキーロークとか
ブルースウィリスとか
すごい人がいっぱい出ているわけだけど

こんなに厚く画像処理しちゃって

カッコいいけどもったいないというか

よく事務所的にOKだなという気もするけれど
フランクミラーへのリスペクトが
それくらい高いということなのかもでしょうか。