いつかみた映画をひたすらあげていくだけのミタメモ!



またまたビットリオ・デ・シーカでしか。

敗戦後の経済難の中にあるイタリア。
妻子ある男アントニオはやっと職にありつくが、
それには自転車が必要。
やっとのことで質屋で買った自転車は、
仕事中で盗まれてしまう。
息子ブルーノとともに探しに行っても
なかなか見つからない……。



敗戦後の庶民の生活苦を
真正面から描写しようと
俳優には真の生活者を起用したという
この作品。

しかしデシーカ脚本は
すごくちゃんとしており
しっかりと演出された映像に
美しい少年……

その信じがたいほどに純朴かつ
愚かな庶民像には
創作者としての文化人による
「優れた創作」の中にひっそりとかくれていがちな
上から目線を感じてしまう。

リアル?
リアル、ってなに?
そして
リアリズムってなんだろうという
映画理論に立ち返らせられる頭痛。

だからこそ
デシーカをネオ・リアリズモの巨匠と呼ぶのは
当時の虚飾に満ちた、そして
アメリカという国の理想にひきずられていた
スタジオ産のハリウッド映画への
反動「ネオ」なリアリズム
として捉えることで

初めて腑に落ちる。

リアリズムってべつに
見かけ現実っぽい、って意味では
ないんだと
すぐ忘れちゃうんだけど

それこそ、この翌年の
ガチなファンタジー『ミラノの奇蹟』をみれば
デシーカが現実の描写のフリなんか
してないのは明らかで

ただ
現実の生活者に近い人を主人公にして
その立場に寄り添う物語を作ろうとして
失敗したり成功したり

物語のうそに勇敢に立ち向かい
その世界の中での現実の成立を目指す
堂々としたフィクション創作者で

リアリズムとかネオリアリズモとか
リアルという言葉に惑わされると
ほんとややこしいから

映画理論のひとには
なんか別の名前にかえてほしいと

ちょっと思ってる
ダメな映画研究修士なのだった。