いつかみた映画をひたすらあげていく、ミタメモ!



貧しい少女チヨは
花街に売られてしまう。
芸者の置き屋で直面したのは
意地悪な女主人に嫌味な先輩、
奴隷的労働と過酷なポジション争いで
途方に暮れるしかない。

ところがある日、
道で出会った紳士から親切にされ
チヨはひとつの目的のため
前に進み始める。

すべては
芸者として名を上げ、
あの人にもう一度出会うため……!



公開当時、

「海外(欧米)で大ヒット!」
でも
「主役の芸者を演じるのが中国人じゃあ……」
「芸者と日本文化、ウソばっか」

日本では散々言われていた記憶。

でも初めてみてみたら、
そこまでひどくなくない?
と思った。

もっと
めちゃくちゃジャパンや
めちゃくちゃゲイシャの映画、
アメリカ映画に
たくさんあるもんなあ……。


芸者のことや日本の美術や建築のこと、
たくさん調べて努力して作ったんだろうと
思えた。


とはいえ


おしんかよ

と思うほど
つらくてかなしくて
意地悪な人ばかりが集う物語とか

新旧・東西の感性のいいとこどり
なかんじの
ファンタジーワールドとしての日本に

軽い説得力のなさをつねに感じてしまう
ところもなきにしもあらず


個人的には
いい加減な記憶により

「日本の芸者を題材にした中国映画」
と思い込んでいたのだけど

エンドクレジットが流れ始めたら
監督、スタジオ、原作、
がっちりアメリカ映画だった

とか

「あの桃井かおり似の女優さん
ステキだなあ」
と思っていたら
桃井かおりだった

とか

渡辺謙とか役所広司とか工藤優希とか
ステキな役者さんがたくさん出てるし

とか

奈良橋陽子さんとか
ハリウッドと日本の架け橋的な方々が
たくさん関わってるんだな

とか

チャン・ツイィーも
ミシェール・ヨーも
コン・リーも
ステキだよ

とか
くりかえしてしまうけど
桃井かおり愛が増した