いつかみた映画をひたすら挙げていくミタメモ。




絶好調の高校生ボクシング部員、竜哉は
仲間と街に繰り出し女子グループをナンパ。
その中の1人、英子にひかれ
数回会っては遊びのふりを続けるが
彼の冷たいそぶりは
本気でひかれていく熱量の
裏返しなのだった……

↑ 本家日活ウェブサイトのあらすじが
名文なんですけど

でもなんか
実際の内容とちがうような気がする。

実際はもっと
英子は竜哉に負けてたかんじ

英子は竜哉よりもオトナで
クールなつきあいを自分から提案するくらい
冷静なのだが

肉体関係をもったとたん
どっぷり夢中になっちゃう

そのかんじ、

むかしまんがを読みながら

「なんだかんだいっても
女の子は男の子と
キスするとホれちゃうのはなぜ?」

と首をかしげていたのと
同じ種類の現象な気がする

この女の肉欲ファンタジー。

性の魅力を教えれば
女は落ちるとおもいたい
男子中心マーケットで成り立つ
幻想なんだとおもうけど

その物語の構造には
少女マンガですら
ときにはハマるし

程度を間違えなければ
とくに若いキャラクターの場合には
真実も多少含まれるとおもう


この映画の場合は

ひどすぎんじゃね?

と、正直思った。

しかもその後、その恋のせいで
英子だけが(状況から)罰せられるし

モロ男性中心!
女には見れん!

と思いましたが

絵作りとかいいとこもあった。

そもそも
ふるさとの逗子にゆかりの作品だと
家族の話題になったからみたので

逗子や葉山の昔の姿がみられたのは楽しかった。

石原裕次郎デビュー作として
有名なんだと思ってたんだけど
若い裕ちゃんは
すごい目が輝いていていい顔なのに
ちょい役のみで残念だった。

あと
昔のお金持ちのイケてる高校生というのは
こんなふうに
昭和のサラリーマン+ヨット
みたいな遊びかたをしてたのかなみたいな
疑問は尽きない。
そういうわけで、
まとまらない。
石原慎太郎原作ですが
イメージはブレない……。