いつかみた映画をひたすらあげるミタメモ。

OisP7GtgAg.jpg

なんか最近、こんなんばっかですみません……
進行中の卒論がこういうかんじなので
がんばってみてます

FQ2J1eF20l.jpg

原子蜘蛛って邦題がついているけど
この時代の巨大モンスターものの多くと異なり
話の中に原子力は出てこない。


ある田舎町の高校生キャロルの父が
姿を消し、
後に近所の山の洞窟から
変わり果てた姿で発見される。

高校の物理学教師は
その洞窟で巨大蜘蛛を発見、
殺して標本として高校のホールに
運んだはずが……

高校生たちがその周りで
バンド練習して踊り回ったものだから、
蜘蛛が目覚めて街で暴れ回る惨事に!


物理学教師が関わっていることから
みなさま
お察しのとおり

最後は科学の勝利ですが

キャラクターの動きとかけっこう
適当というか大雑把というか

蜘蛛もなんで巨大化したのか分からないし

(むしろそこがいいという気もするけれど)

設定の提示もキャラクターの心理も
しっかりしている
戦慄!プルトニウム人間
と同じ
バートゴードン監督作というのは
意外でした。
多作だものね。いろいろあるよね。

でも本物の蜘蛛が二重露光で
街を走り回って
科学の先生が勝つなら
やっぱ楽しいことには変わりない