いつかみた映画をひたすらあげていくミタメモー。

mPbnnExHS8.jpg

シュルレアリストとして有名になった
青年映画監督、ルイスブニュエル。
しかし政治的に敵も多くて
次回作の資金が集まらない。
ところが、冗談で
「宝くじが当たったら資金出してやるよ」
と言った旧友のくじが本当に当たった!
かくして、
その友達をプロデューサーと担ぎ上げ
ブニュエル組、
なんとドキュメンタリーの撮影に、
山中の限界集落へと向かったのだった。


ひじょーーーによかった
スペインのアニメ。

映画青年ども(男女問わず)には有名な
尊敬すべきブニュエルなんだろーが
この映画でみるかぎり、
まったく好きになれん。

この映画の物語のなかで撮影された
ドキュメンタリーもYouTubeで↓みられるが
まったく好きになれん。

そもそもこのドキュメンタリーは
やらせとかひどくてそのことは
このアニメのなかでも取り上げられているし
散々、映画学者からも芸術家たちからも
論じられているようだが

うちの学校の、
アート映画好きのやつらにも
超不評。

なのに。
主人公を好きになれないし尊敬もできないし
ステキでもイケメンでもないのに

共感、すごいする。


いや、これが好きってことなのかしら


予告編↓がよくできているので
ふんいきはこれで、ぜひ。

日本語記事もあるよ。
あのルイス・ブニュエル監督の不遇時代の実話がアニメに!国辱映画として指名手配までされることになった『糧なき土地』の制作秘話-海外予告 - シネフィル - 映画とカルチャーWebマガジン
シュルレアリストの映画監督として歴史に残るルイス・ブニュエル監督が、サルバドール・ダリとの共同監督で撮った『アンダルシアの犬』、そして彼自身のデビュー作『黄金時代』に続いて発表したスペインで撮った短編ドキュメンタリー「糧なき土地」の製作秘話をアニメ化した『Bunuel in the Labyrinth of the Turtles』の海外予告。 『黄金時代』が右翼の爆弾をスクリーンに投げつけられるなどの事件により公開中止となり、無一文のようになったブニュエルの不遇時代のエピソードをアニメ化。 失意の中で、彼の親友である彫刻家のRamónAcínとの約束が奇跡を起こすというお話しです。 彼が勝てば、彼はブニュエルの次の映画のための費用を支払うことにする、という約束で宝くじを購入したところ、何と当たってしまい、映画製作の道が開かれたという実話に基づき、監督のサルバドール・シモ(Salva...
cinefil.tokyo
サントラもとてもよい。
よいとしか言いようがない。