いつかみた映画をひたすら挙げ続けたい、ミタメモ。

kuUsTaKd90.jpg

田舎の村の、夢見がちな少女ドロシーは、
ある日たつまきに巻き込まれ
魔法の国に転がり込んだ。
家に帰るため、
出会ったヘンテコ仲間といっしょに
大魔法使いオズを探す旅をする。


若きジュディガーランド、
歌うまいし可愛いーーー
とはいえ
撮影では苦労が多かったらしい。

初のテクニカラー作品だとか
あの名曲『虹の向こうに』とか
歴史的な価値もありますが

わたしとしては
ブリキ男、かかし、ライオンの
三サブキャラのおいしさを挙げたい!

古い映画とあなどるなかれ、
この3人のキャラ分けは
めちゃいい。かわいい。おもしろい。

特にライオンの
オヤジかわいさが……。

尻尾の扱いとかサイコーだとおもう。
先っぽ持ってもじもじしたり。


追記: 邦題、調べたら『オズの魔法使』でした。
送り仮名の習慣がちがったのか当時?
名詞扱いだとこうなったのかもね?
テーマ曲以外の歌とダンスも楽しい。
結論だけがちょっと納得いかない

けど

そんなの小さいこと、と思えるほど楽し〜