いつかみた映画についてひたすらあげていきたい、ミタメモ! 


最近、とても久しぶりにyoutube で
みたのですが

ま、2時間くらい?
と思っていたのが

2002年、2008年などに
発見された部分が追加され復元されて

いまは約150分もあるのだった。

それをみてみると、
昔みた印象よりもずっと
筋が明確でわかりやすく
キャラクターもつかみやすい。

大学生時代にみた思い出なんかもう、
正直いって

これがドイツ表現主義ってやつっすか?
すごいかもだけど長すぎて退屈〜

みたいなもんだったけど、

いまの版なら
長くなっても見やすく、
そのぶん退屈せず
格差拡大問題とかも
びんびんきます。


トンでる話だけど
いまの日本には身近でもあるぜ。


いまみたら
昔みて退屈だった記憶を
一年前に、めっちゃ書いてた↓


ここに書いてある物語についての批判は
この映画には、あてはまらないよ!
多少大味かもとはいえ
よく考えて丁寧に構成された話だって
よくわかったよ……

ごめんなさいフリッツラング〜