いつかみた映画をひたすらあげていきたいのよミタメモ。

cX1eGqE3QH.jpg

続・猿の惑星に続く、続々編。

猿と人間の戦争による壊滅的被害から
宇宙船で脱出した猿の学者夫婦は、
(すでにおなじみの)時空のゆがみで
人間が支配する現代(製作当時)のアメリカへ。
人間と接触し、一大ムーブメントを巻き起こす。
折しも、妻は新たな命を胎内に宿していた……。


こ、これはまずいぞ。
と、序盤で気づく、
説得力のない筋書き。

これまで2作で、理知的であり続け
感情的にも豊かで頼れる存在だった猿夫婦が

現代人が描く、
現代人との遭遇というイベントの中で
じわじわとアホ扱いされていくのは

みていて、つらい。

そもそも、
人間より猿が賢くて勝ってるところが
皮肉で痛快なシリーズなのに
「猿のがかしこいわ!」と痛感させられたあとで
いまさら人間に猿がバカにされても
しらけてしまう。

だがしかし。

この一作は、シリーズ中もっとも
イカンやつ
といつ噂のやつであり

しかも

この次は、シリーズ中
最高傑作では!?
と、言われているやつなので

耐えて消化するのである。

この忍耐は、後日、報われました。