いつかみた映画をひたすらあげたい、ミタメモ!

eQnMdgtOCE.jpg

ティムバードンのほうじゃなくて
オリジナルのほうですよ!

宇宙飛行士テイラーと一行は
探査の任務を終え人工冬眠に入り
地球への帰着を待つばかりだった。
ところが、目覚めればそこは
荒れ果てた見知らぬ惑星。
そこでは人類が言葉を持たず
原始的な暮らしをし、
猿が知的かつ文明をもち
人類を支配していたのであった……


古い名作SFであり
あまりに有名なラストシーンは
アニメの打ち合わせなどでも
よく言及されるため、

みてなくても知ってる。

て映画の代表みたいな。

だから、その有名シーン以外は
古い映画にありがちな
遅い展開とベタなセリフで

退屈なんじゃないか
って勝手に思っていたんだけど

みてみたら

とんでもなくおもしろいので
びっくりしたのだった。

とくに猿たちの会話が
聞き応え十分で
キャラクターづくりも複雑で深みがあるし

猿の文明が人類、とくにアメリカ人への
皮肉になっているのは
ベタだけど緻密で冗談としてやはり面白い。


やーーーもっとはやくみればよかったと
思ったのでした。

ラストについては語らないよ