いつかみた映画をひたすらあげていくんだミタメモ!

J8YTM98dTh.jpg

楽しめたし
よくまとまった脚本で

スカーレットヨハンソンは、
いいキャスティングなのかはともかく
見ていてやっぱ飽きない美しさだし

なにしろ
監督兼ヒットラー役の
タイカワイティティは
天才なのか、と。

初期作品だという
ドラキュラとか魔物が暮らす
しけたアパートの短編も
少しだけみたのだけど


若者監督やっぱ自演で
すごいおもしろかったので

エライ!
と思っていたら

すっかりスターウォーズ陣営に
取り込まれたようなので

この先もよろしくお願いします、
という気持ちです。

それはともかくこの作品は

以下ネタバレあり↓





ナチス支配下のアーリア系ドイツ人の
ヒットラー大好き少年と
ナチス一員なのに実は
反ナチス活動家の母さんと
母さんがかくまうユダヤ人少女と、

という人々を
コメディとして、
茶化しすぎないところで
バランスよく
クスクス笑える、なおかつ切ない
人間ドラマ、歴史ドラマとして

真摯な姿勢でつくった物語だと
思うんだけれど

ニューヨークタイムズの批評で

ナチスにもいい人はいたんですよー、
というプロパガンダになり得るので
それはどうなのか、

という問題提起が出ていて

それを読んだユダヤ系アメリカ人友が

昨日まではおもしろかったと言っていたのに

「だよなー」
とダメ映画認定し始めたので


んー……


たとえば第二次世界大戦中の
アジアへの日本の侵攻での加害者が
実は自分のおじいちゃんだとか
そういう立場も身近にありえると考える
そんな日本人の私にとって

ナチスにもいい人はいたのかも?
独裁と虐殺が行われる中でも
だれもが人間性を完全に
捨てていたわけではないのでは?
という発想は

戦争の、そして人間の
救われない一面をえぐっていて
ナチス側に赦しをあたえるだけの
甘いファンタジーでばかりではないと

私は考えるのだけど

でも

それは許せないよ、という
戦争被害者としての当事者意識が
醸成する感情も、
非常にもっともだと思った。


この題材で
コメディをやるのは
まだ早過ぎたのかなー、

第二次世界大戦は、
人々の心の中で
そして社会の中で
この文明の中で
まだ
終わりになってないんだ

とひしひし感じた次第です。

だからスターウォーズくらいが
現実との距離として作風的に
しっくりいくんじゃないか
ワイティティ監督。

コメディ要素も楽しみにしています。