いつかみた映画をひたすらあげつづけたいんだよ、ミタメモ!

JGAinrAg5u.jpg

新型コロナ流行の影響で、
近所の酒屋が客を店内に入れなくなり、
かわりに事前にネットで注文しておいて、
戸口の人から受け取るシステムに。

それで先日、初めてネット注文して、
無事にいつものお酒を買えたんだけど、
そのとき自動的にメーリングリストに
登録されたらしく、

今日、宣伝のメールが届いてた。
開けたら文章の前、
挨拶のさらに前の一行目には、

34days
34日目

と、書いてあった。

これはつまり、このお店が
感染症対策として客を入れない、
つまりこうやってネットを使うという
新システムにしてから、
34日目ってことだよね。

と、

この新世界観になってから34日目、

という、
近所の酒屋という生活感と地続きの
今そこにあるSF的世界観に
戦慄したのであった。

で、思い出したのが

28日後…

これも、
「おらが町」サイズの恐怖感覚と
そこから先のさらに大きな恐怖とが
地続きである可能性を
ひしひしと感じさせる

よいSF
よいホラー
よいゾンビ

だった記憶。

初見当時は今ほど
ゾンビ映画への愛着はなかったけど
それでも楽しめたので

多少のSF耐性と
多少のグロ耐性があるひとには
きっと
もし未見ならオススメできるのでは

おらが町にしのびよる
目に見えない恐怖が可視化されつつある
いまだから、なおさらのこと。


てか今更だけどこれ
ダニーボイル監督だったんだね!