いつかみた映画をひたすら挙げていきたい、ミタメモ。

新型肺炎の流行が気になっている中、実家の母に電話をしたら、

日本はクルーズ船内の感染者がたくさんいたから、感染者1000人越えなんてことになっちゃって、大変ねー

みたいなことを言っていて、
そうか、そういう捉え方もあるのか、
(私には、数が増えたから大変という意識はあまりなかった)
と思って、

クルーズ船ね……

豪華客船……

中はどうなっていたのかな……

あ! 

NIMInQreBq.jpg

思い出した!
ポセイドン・アドベンチャー。

たしか、数年前に、
大型客船の話を書こうとしていて
資料になる映画はないかと
探していたときに
誰かがすすめてくれて
みたのだった。

客船内を縦横無尽に冒険するので
構造を想像する助けにはなったのを
覚えているけど

なんか女性キャラとか
好きになれなくて
ボーッとみてしまった気がする。

混乱する場内に
悲鳴をあげてこわがる女性客、
立ち向かうカッコいい男性たち、

という図式に

もう飽き飽きというか。

悲鳴をあげていたって、
好きになれないキャラは
とくに助けたくないし、

たくましく助けてくれたって、
好きになれないキャラは、
スルーっと心を抜けて行って
しまうのよと

大人になってからは
気づいてしまった。


でもこの映画は
すごく有名だよね。
もっといろいろ、
おもしろいところがあったのかもしれない。

よく覚えていなくてスミマセン。