いつかみた映画をひたすら挙げていきたい、ミタメモー。

最近、お勉強しているところによると

人間、
物語を消費することで
心に引っかかっていることを
確認したり整理したりして
癒されるものらしいので

いま感染症が気になってしかたがない
そんなときみるには
どんな映画がいいかねと考えて


ztKFh97G7y.jpg


これを真っ先におもいついてしまった。


うーーーん。
こわすぎやしないかい。


感染症の爆発的流行を
描いているわけだけど

現在、流行している新型肺炎とは
状況ちがえば
中心地域も、症状も、
だいぶちがうので、

そういう意味では、
そこがかえって、



いいかもね?



ダスティンホフマン主演で
ヒューマンドラマ仕立てだし。

エボラが題材なので、
症状はかなり急性で深刻だから
病気コワイ! ってあおられて
気分悪くなる可能性も大。

でも、 (ネタバレ↓ たぶん無害)














人類、存続するし。

自分が現実におかれていること
そのものよりも

現実とは違っているが、
現実を象徴する的な面をもつ

物語をひとしきり、
最後までながめてみることで、

余計なドキドキなども
するかもしれないけれど

ある結論まで導かれることで

映画そのものに感動したか、とか
納得できたかどうか、は
別としても

自分の現実をひとしきり
ある種の客観性をもって
ながめた実績が
ほんのわずかでもプラスされる
ということなのかな、

と思うのでした。


それにつけても

自分の現実にも、
モーガンフリーマンがいたら
いいよなあと
感じるところは

かなりある


妖精さんかモーガンフリーマン