いつか観た映画についてなんか毎日書きたいミタメモ。


ミタメモじゃないブログに書いたことが
ある気がするけれど、

IT 一作目のこと。

シネコンのなかの
いちばん小さなシアターで
何も期待しないでみたら

保護者からの性的関心への恐怖
保護者の支配欲への恐怖
劣った自分、異端者としての自分、
周囲の眼への恐怖
過去の損失への尽きない罪の意識……

などなど
子供時代にだれにでもありえる
根源的な恐怖についての
考察になっていて

おもしろく

さすがやのうスティーブンキング

と思ったんだけれど

あとから日本のネット上で
ネタ映像としてペニーワイズが
めちゃ使われていて

おばちゃんびっくりして

さすがやのう、若いおまいら。

と思いました。

さすがだよ度 ★★★★★