とにかく毎日、映画を思い出してなんか言おうとがんばるミタメモ。


ここのところ書いている
サバイバルゲーム的映画、
邦画を思い出した。


超高額の時給につられて
謎のバイトに集まった人々。
あやしい館に監禁され
命の危険にさらされながらも
生き残って人生を変えるのは
だれだ?


なーんも期待せずに観に行ったら

さすがの中島秀夫監督マジックに

ぐいぐい引き込まれて
楽しく観られました。

が。

藤原竜也くん……
アホすぎないか……?

と思ったのを覚えている。

主人公の性格造形、
なぜこう、うまくいかないのかしらん
日本の映像作品……

ひとごとでなく反省シテミル。