観た映画を毎日なんか思い出すよミタメモ!


クエンティンタランティーノ第九回監督作品!

てことで行ってきたので
ネタバレなしで書こうと思います。

前半でまずショックを受けるのが

ディカプリオとブラピの演じる役が
完全に、当たり前のこととして、
おっさん扱いされている……

つまり、この2人がいま
オフィシャルに
おっさん俳優なんだ!

と知って
時の流れを感じるアラフィフなのでした。

しかし2人とも、おそろしくイイ……。
こんなに良い中年俳優になってくださって
ありがとうございます、と
手を合わせたくなるほどです。

全体としては、

最初、わたしは、
タランティーノ映画としては
イイコでパンチが足りない、
と感じたのですが……

……終盤で起る事件と、その後に起るだろう
ことへのある解釈を聞いてから、

なーんだ、そうか!
それなら、ものすごく痛快だ!
さっすがタランティーノ監督〜〜

と思って満足に転じた。

ところが、その解釈を語ってくれた人は
そのあと意見を翻し、

わたしは、ぽつーーーんと

取り残された気分。


過去のハリウッドでの事実と
その頃のアメリカでの時事ネタと
フィクションが
ごちゃ混ぜになっているので、
知っていることによって
解釈や笑いどころが変わってくる。

さらに、あらゆるヤバいことを
これは笑い飛ばせ!
これも笑い飛ばしてくれ!
と要求してくる作風のなかで

何を選んで真に受けるかで

ストーリーの帰結が変わってくる。


日本公開は8月30日。
世の中の解釈はどんなところに落ち着くのか、
楽しみです。