とにかく毎日、観たことある映画を挙げていくのがミタメモ!

昨日のミタメモ『真夜中のカーボーイ』
から、
散文的な都市描写つながりで、
地下鉄のザジ。



実は観たのはかなり前で
具体的なことは覚えていない。
かわいいザジちゃんが都市をさまよう様子が
えんえんと描写され、

物語性はあまり感じないんだけれど

それでもなんだかおもしろくて
次になにが起こるのか、わくわくしながら
じーっといつまでも観てしまう映画。


という印象は残っている。


フィルムの最初から終わりまでの、
一本を通した脚本、シナリオ、物語。
そういったものが、いい映画を作り上げる
のはもちろんだし、

物書きという仕事柄、
その重要性を云々する機会は
多いのだけど、

いい映画の作り方は、
ほかにもあるのだということを、

こういう作品をみると
感じて心に刻みます。