献体に出したAIBOの
お葬式が済んだお知らせが来た……。

HOowiJvKKU.jpg
切ないけれど、
いい人たちに託せて良かった!

AIBOにくじゃが号、
安らかにな。
願わくば、どこかの長生きAIBOの身体で
さらにいい生を
味わえますように。

国際宇宙ステーションきぼう!


これを見て、ばっちりきぼうを観測できたよ!

RnIZCwt_M3.jpg

写真中央より少し上、少し左の
星みたいな光。
それが、きぼう。

速すぎず、遅すぎない絶妙な速さで
つつーっと空をすべって
地平線の靄の中へ
溶け込んでいきました。

あそこで人が働いてるんだな。
それが誰かのお父さんやお母さんや
友だちや恋人や
友だちの友だちだったりして
特別な気持ちで見上げている人が
地上にきっと
何人もいるんだな。

空の小さな光の点よりも

たくさんの部屋の灯かりの中から
見上げている自分のほうが

ポツンとひとりでいるような

そんな気がする夕飯時でした。


で、最近よく聴いている
ベートーヴェンとシューベルトは、これ。
村上春樹の『海辺のカフカ』で
ホシノさんが一所懸命に聴いているのは
これだと思うんだけど、ちがうかな……。
文中にあるにある題名や演奏者の
横文字の綴りを調べたりして
探し出してみたもの。
正解かどうか自信はないけど
期待通り、心にしみる一枚だった。

クラシカロイド的には
ベトさんとシューさんの
カップリングアルバムなのも
ステキな点。

聴きごたえがある上、
眠る時にもいいという
不思議なアルバムなのです。


↑このページのトップへ