いつかみた映画をひたすらあげていくんだミタメモ。
LFYiKe0yi0.jpg
学期末!
なかなかミタメモ書けない!
というわけで
脚本分析のお勉強メモを
変わり身の術で
おいておこう。

いろいろ自信ないぞ
だいたいで見てね

KTNHfKNqWQ.jpg
でもこのように
四者の物語の波が
シンクロして
次第にあらわになるつながりが
静かに感情を刺激してくるのは

みごとで

いい映画だとおもったけど

公開当時は
「出演者の話題でみたが、
救いがなさすぎて
つ ら い ……」
という意見が身の回りでは多かった。

救い、なくはないと
私は思ったけど

つらいのはつらいたしかに。

いつかみた映画をひたすら挙げ続けたい、ミタメモ。

5BKYcuRs02.jpg

脚本クラスの友達が、
自分の物語づくりをがんばっている。

彼女は絵画やインスタレーションなど
視覚的な芸術の専門家だからか
言葉で物語を構成していくタイプの
ほかの生徒や先生とは
思考のプロセスがちがうらしい。

完成映画を見せるならいいけど、
教室で、作りかけの物語を
ワークショップするには
そうした言語化脳の人々に対して
伝えたいことが伝わらないという
苦労が多いみたいだ。

かく言う私もどちらかといえば
言葉で物語と格闘するほうなので

友の理解者になりたくても
なかなか完璧とはいかない。

それでも彼女の物語で
私が心を掴まれるのは

知識や芸術を求めた主人公が
出会いや葛藤の果てに
映画の最後のほうで

飛ぶ、

ってとこなのだ。

心の中の葛藤の果てに

その解決の形として

人が

飛ぶ!


実は若い頃、わたしにも
飛ぶ話ばかり書いていた時期が
あったのだけれど

仕事も含めて書く物語の数を
私なりに重ねるうちに
同じモチーフばかり使うわけにも
いかなくなるし

自然にその欲求を
忘れていたように思う。

それをいま、中年も中年、
てか老年初期? くらいの歳になって
出会った友達
(彼女も若くはないはず)
に思い出させてもらったという

嬉しい出来事なのですが

そういえばその感覚、

この映画、
バードマン
でも
あったなあと

久しぶりに思い出した。


理屈でいって、
人は空を飛ぶもんじゃないし

物語の中で、
人が飛ぶための物理的な理屈が
積み重ねられているとは
思えないし、

いや、ほんとに飛んだの? 
それもわかんないかも
嬉しい結末でもないのかも
もしかしたら悲劇かも
喜劇だとしても皮肉かも


でもさ、
ここまで悩んで、迷走して、
そしたらしまいにゃ、


人はこんなふうに
飛ぶんだよ そだろ?


とやりきれる力のある
物語を作るなんて、


夢だなあ。
こんなの。


ジブリ映画も、やっぱ飛んでほしいしな。


この監督、役所広司や菊池凛子が出てる、4組の人々の悲劇をよどみなく語っていくBABELも撮っていて、物語を一本の映画にまとめ上げる構成力がもの凄いのだと思うのだった。

いつかみた映画をひたすらあげるんだミタメモ!

jRKtHEgkNh.jpg
元祖・タイムマシーン。

いちばん好きだったのは、

科学ヲタクの世界かと思いきや

マネキンのファッションで時の流れを
視覚的に知るという
小粋な要素をぶっこんできたところ。

あと、
最初に出てくる地味キャラさんが、
出てきて2分くらいでもうすごく
好感度が高くて

脚本テクニック講座でいう
「好きになれるキャラクター作り」
のお手本のようだ!
ぜったい脇役なのに!

と思ってみてたら実は
わりと重要なキャラだった
ので納得した。

というところ。

飽きはしなかったし
やっぱタイムマシーン映画の
基本の流れなので
話のタネに。そして話のネタに。
損はないかもと思いました。

タイムマシンのデザインが
アール・デコ? で
カッコいいとこも。

↑このページのトップへ