投稿が滞っておりましたが、九州での日々を順に振り返らせていただきます。
九州場所7日目、若藤岡が17歳になりました。
_var_mobile_Media_DCIM_139APPLE_IMG_9964.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_139APPLE_IMG_9965.HEIC

入門から、一年九ヶ月。
まだ勝ち越しはありません。

どんな大きな相手にも、怯まず真っ向から立ち向かっていく若藤岡。
どの相撲をとりましても、親方の教え通り、勇気ある逃げない立ち合いです。
勝っていてもそうでなくても、起き上がってすぐ反射的に相手を気遣い、起こすように手を差し伸べる優しさを持っています。
"相撲には性格が出る"
親方はそういつも皆に伝えています。

親方は若藤岡の相撲が大好きです。

毎年、九州場所中に若藤岡は誕生日を迎えます。
今年も、宿舎で親方とお相撲さんたちと、西岩部屋全員揃って、ちゃんこを囲みました。


_var_mobile_Media_DCIM_139APPLE_IMG_9978.HEIC
ちゃんこ作りもとても上手になりました。

今年の春、お母様が大阪から西岩部屋にいらっしゃった際には、親方の「せっかくだから、お母さんに食べていただきなさい」という言葉に戸惑いながらも、自身で味付けしたちゃんこを三階の応接間に持って上がってきました。
その時の写真です。
_var_mobile_Media_DCIM_140APPLE_IMG_0752.JPG
お母様は、親方に「嘘みたいです。これをこの子が作ったなんて。」と驚かれていました。
そして、若藤岡に「美味しいよ。ほんと美味しい。」と心から感動されていました。
帰りには大部屋に立ち寄り、お相撲さん一人一人に「きっとご迷惑ばかり掛けていると思います。これからもどうかよろしくお願いします。」と、深々と頭を下げていらっしゃいました。
若藤岡の謙虚さは、お母様譲りなんだなとわかり、親子の繋がりをとても素晴らしく感じました。
この綺麗な心のまま、大人になっていけますよう、親方とともに守ってまいりたいと思います。




朝稽古に加え、夜は自主的にトレーニングに励んでいます。皆んながトレーニングを切り上げてからも、夜遅くまで稽古場に残り、最後に電気を消すのは、最近では若藤岡が一番多いように思います。
_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1116.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_140APPLE_IMG_0118.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_139APPLE_IMG_9707.JPG

写真は親方が撮影致しましたが、親方が見ている日も、見ていない日も、若藤岡の行動は変わりません。
直向きに頑張っています。

若藤岡は、3勝4敗の成績の場所が5場所あります。
親方が言います。
"勝ち越せる実力は十分にある。
大丈夫だ。"


自分を信じて、
親方の言葉を信じて。



純粋な努力は、必ず報われます。