親方のブログより。
まだまだ受け付けております。
皆さまにお会いできますのを
西岩部屋一同楽しみにしております。

大相撲秋場所9日目、本日から後半戦に入りました。
東京は爽やかな快晴。

相撲を取り終えた西岩部屋の力士たちが、秋晴れの空の下、浴衣のたもとから小さなタオルを取り出し、時折額の汗を拭いながら部屋に帰ってまいります。

「ただ今、場所から戻りました」

皆んな本当に良い顔をしています。
勝った子の清々しい安堵の表情も
勝てなかった子の悔しい表情も
"一生懸命やりました"と顔に書いているかのように生き生きとしています。

場所中のお相撲さんは『主役』です。
とても輝いています。

今場所も無事に土俵を務めることができていますのは、支えてくださる方々のお陰でありますことを、心より感謝致します。




西岩部屋の力士たちへ
ものごとには、『表』と『裏』があります。
陰から主役を支える役割を持つかたを『裏方さん』と呼びます。
毎朝稽古をする部屋の土俵も、今あなたたちが立たせて頂いている本場所の土俵も、当たり前のようにそこにあるものではないということをいつも感じていてください。



場所前、土俵築きが行われました。
呼出さんたちが土俵を作り直してくださいます。
自分たちの部屋に呼出さんがいない場合は、同門の呼出さんたちが来てくださいます。
まだまだ残暑の厳しい日でした。
呼出さんたちに習って力士たちも汗を流しました。

(8月25日の写真です)
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5850.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5847.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5889.HEIC

一門は親戚関係のように助け合います。
代々受け継がれた知識を後世にもまた受け継いでゆくのです。
今回お越しくださいました
佐渡ヶ嶽部屋の琴三さん、
田子ノ浦部屋の光昭さん、
峰崎部屋の弘行さん、
ありがとうございました。

綺麗に整えられた土俵を、行司さんが清めてくださいます。
大きく立派な榊を両手で大事に下から抱えてやって来てくださいましたそのお姿は、凛と美しく神々しい様でございました。
田子ノ浦部屋の隆男さん、
今回もありがとうございました。



そして、9月8日の秋場所前日の朝、
両国国技館の本場所の土俵におきましても土俵祭りが行われました。本場所の土俵祭りは、毎場所無料で一般公開されています。
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6180.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6189.HEIC

何日もかけて土俵が完成致します。
場所前にはこうして土にも命が吹き込まれ、土俵は神聖な空気に包まれます。
何事も、その意味や過程を知ることにより崇敬の念を抱けるということを実感いたしました。
許された者だけが立てる場所だということがよく解ります。

土俵祭り終了後は足早に国技館を去り、部屋に戻りました。
皆で稽古場に並んで立ちます。
呼出さんによります触れ太鼓をお迎えしました。
各部屋各所を回ってきてくださる触れ太鼓。
"明日から本場所が始まりますよ"というお知らせです。
1歳の娘に優しい笑顔をくださったのは峰崎部屋の弘行さんです。ありがとうございました。

行司さん、
呼出さん、
そして、裏方さんといえば床山さんの存在もまた大きな支えになっています。
西岩部屋では若佐竹と若野口が床山さんにお世話になっています。二人の髷を結いに部屋まで来てくださっているのは、片男波部屋の床真さんです。

場所前のある日、いつものように髷を結いに来てくださった床真さんに何気なくお声掛けさせていただきました。

「今日は雨ですね。ここまでお車でいらっしゃったのですか?」
「いえ、自転車です。」
「濡れましたのでは...」
「カッパ着て漕いできました。」

驚きと申し訳なさで目が点になりました。
床真さんの御自宅から西岩部屋までは4キロから5キロはあります。
若佐竹と若野口はまだまだ若い力士です。雨の中、カッパを着て、彼らの髷を結うために西岩部屋まで来てくださるのです。
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6659.PNG


この時、私には悩み事がありました。
普段から力士たちには、「遠くのコインランドリーなどに行く際でも自転車、もしくは歩いて行くこと」「タクシーは使わないこと」と言っています。
ですが理由なき決まり事は説得性がありません。
自分で働いて得たお金です。タクシーを使うことはまだ早過ぎるのではないかということをどう説明してよいか分からず頭を抱えていました。

床真さんの行動から、『謙虚な気持ち』を学びました。
慎ましく控えめなこと、
自分を偉い者と思わないこと、

若い力士の髷を結うために、何歳も年上の先輩が、雨の中自転車を漕いで来てくださっているのです。西岩部屋の力士たちはまだまだ贅沢はできないという答えはここにありました。
床真さん、ありがとうございます。

力士は裏方さんたちにいつも支えられています。
謙虚な気持ちを忘れずにいてください。



怪我をしないよう土俵を作ってくださいました。
土俵に神様を宿してくださいました。
立派な髷を結ってくださいました。
入って間もない若いお相撲さんでも、土俵に上がれば、その間自分が主役です。
千秋楽まで、自信を持って戦い抜いてください。


_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6235.HEIC
9月場所前、
親方が若佐竹と若野口に、御使いを頼みました。
番付表と西岩部屋新聞を持って「今場所もよろしくお願いいたします」と町内の方々へ御挨拶です。


【若佐竹】
9月場所初日、鮮やかな一本背負いが決まった若佐竹。この夏、自身で8キロもの体重増量を成功させたことで逞しさが増しました。
(写真は日本相撲協会公式Twitterより拝借いたしました)
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6260.JPG
若佐竹は御近所の皆様からとても人気があります。
どこでどうお知り合いになりましたのか、親方も私も知らないうちに皆様に可愛がっていただいているようです。
ちょっと部屋を出てお豆腐などを買いに行きましても、あちらこちらで「若佐竹がこの前話しかけてきてくれて嬉しかったわ。元気?あの子、今度何枚目?」などとお声掛けいただきます。
聞けば、犬のお散歩をしている方、夕方打ち水をされている方、いろんな方に「こんにちは」と若佐竹の方から挨拶をしているようなのです。
人懐っこく礼儀正しい若佐竹の性格は、下町浅草によく合っていると思います。
心と心を通わせ、自然な触れ合いができる子です。

そして、ユーモアもたっぷりです。
紙に日付けを記入する際、2018年と書くところを、21...とペンを走らせ、間髪入れずに「あぶねー!未来行ってしまうところやった!」と大きな声で独り言を言い、ばたばたしながら1を0に書き直していました。

i35ScrxC4E.jpg
「いいから早く書きなさい」と呆れ顔で笑う親方。周りで弟弟子たちも笑います。

また別の日には、冷蔵庫のドアを開けたときに少し肩に当たっただけですのに、大袈裟に「うわぁ」と倒れる仕草を一人でしていました。
遠くで見ていましても吹き出してしまうほど楽しいです。若佐竹の笑いで一日の疲れが吹き飛びます。
いつも幸せな空気を作ってくれてありがとう。

蛇足ですが、、、個人的なことも付け足しますと。
若佐竹の作る玉子焼きは絶品です。
先日、ちゃんこ番だった若佐竹が部屋の味(親方の好きな甘い玉子焼き)ともう一つ、「こっちは関西風です」と綺麗に形良く巻いた玉子焼きを手渡してくれました。
私は大きく切り分けられた一切れを一気に口へ運び、じっくりと味わいました。
懐かしくて泣きそうになりました。
じゅわっと広がる塩っぱい味付け、、、。何年振りにいただいたでしょう。甘くない玉子焼きは自分でももう作ることはなくなっていました。
これが関西の玉子焼きです。ありがとう、故郷の味でした。とても美味しかったです。



【若野口】
親方と夏巡業を共にしました。
(写真は日本相撲協会公式Twitterより拝借いたしました)
_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4880.JPG
一ヶ月間、孤独を感じる日もあったと思います。

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4372.JPG

学生時代、全く相撲とは無縁だった少年が入門から一年でこれだけ成長するのかと親方も日々驚いています。
本日9月場所4日目、まだ白星はありませんが、若野口には基礎を大切にじっくり真っ直ぐに相撲を覚えて伸びていってほしいという親方の強い想いがあります。
体つきもどことなく若の里に似てまいりました。
今場所も千秋楽まで怪我なく力一杯、親方から教えられた相撲を取りきってほしいと願います。

先日、若野口の弟弟子である若藤岡からこんな話を聞きました。
若藤岡は9月場所初日に自身より格上の相手との取組が組まれ、不安を抱えていたようです。相手の力士は怪我からの復帰場所です。前日、対戦相手のことを研究すればするほど「怪我をしたらどうしよう」と不安が押し寄せてきたそうです。
若藤岡は兄弟子である若野口に相談しました。

「怪我をしたらどうしようと考えてしまいます」
「何言ってるんだ、お前が怪我を怖がってどうするんだ、相手はもう怪我してるんだよ、それでも復帰して頑張って出てくる。お前は怪我をしていないじゃないか、とにかく怪我を怖がらずに頑張れ。」

そのような内容だったそうです。若藤岡は若野口に相談して"喝"を入れてもらったことで前を向けて臨めたようです。
残念ながら結果は付いて来ませんでした。
「せっかくアドバイスしてもらったのに野口さんに申し訳ないです」
そう言っていました。
そんなことないです。若藤岡は若野口の言葉で心が強くなれました。
自分の相撲を取りきる。怪我を怖がらない。
それができた事はこれからの自信にも繋がりますし大きな財産となります。若野口に感謝だねと言うと、大きな声で「はい!」と言っていました。

部屋で起こる出来事、いろんな場面を思い返してみましても、若野口は非常に情の深い子です。自分だけ良ければそれで良いではなく、「これはこうするんだよ」と部屋の仕事が分からなくて困っている弟弟子に教えている姿をよく目にします。
今回も、兄弟子として弟弟子を優しい言葉で強くしてくれました。
若藤岡へのアドバイスは、親方がそうであって欲しいと願う兄弟子の行動です。どうもありがとう。
この夏、西岩部屋で一人だけお盆休みがなかった若野口。親方も「若野口は夏巡業でよく頑張った。場所後は帰してあげたい。」と言っています。
帰省を励みに、千秋楽まで一生懸命頑張ってください。



若佐竹は一年、
若野口は半年、
内弟子として田子ノ浦部屋さんでお世話になりました。兄弟子が多くいる部屋、お客様がたくさんいらっしゃる部屋がいかに厳しく大変かも勉強させていただきました。その経験が今、西岩部屋で活きています。
田子ノ浦親方、おかみさん、兄弟子の皆様や裏方さんの先輩方によく教育していただき感謝しかございません。

手前味噌ではございますが、今、西岩部屋で弟弟子たちが正しい方向へ向かっていけているのは、若佐竹、若野口がしっかりしているお陰です。
一年前、9月2日に撮った写真です。
DykrWVdKo1.jpg
心も体も成長しています。

まだまだ若い西岩部屋。
部屋の規則も、「最初はこう言ったけど、やってみてうまくいかなかった、今日からこう変えましょう」と変更もしょっちゅうです。時に皆んなを迷わせてしまっていることを申し訳なく思います。
決まり過ぎていないことを、『この部屋は全てが新しい、全てが新鮮』と捉えてくれると嬉しいです。

親方、おかみさんもがんばります。
そして大部屋では、若佐竹と若野口、あなたたちの行動が、道しるべになります。
これからもよろしくお願いします。

↑このページのトップへ