西岩部屋所属力士及び行司は、SNSへの投稿につきまして、原則、関取(十両格)になってからとさせていただきます。


関取に駆け上がる過程でありますこの若い力士であるうちに、日々の鍛錬の想いを自身の言葉で発してまいりますことは非常に大切なことですが、弊部屋の力士たちに限りましては、未熟さ故に失敗に気付かず各方面にご迷惑をお掛けする結果になり得る心配がございます。
SNSは閲覧のみ可とし、投稿につきましては、軽率な発信による負の要因を考え、番付とともに判断力を養い責任を背負える立場になってからにしようという結論に至りました。

時代が移り変わる景色の中に、お相撲さんらしいお相撲さんの姿が凛として在ります様、皆で「相撲道」と向き合い、精進してまいります。

力士たちの日々の様子は、場所毎に発行の西岩部屋新聞でもしっかり伝えていただいておりますので、そちらを引き続きお楽しみくださいませ。(稽古場に全号ございます。ご自由にお持ち帰りください。)

無事に千秋楽を迎えられましたことを皆様に感謝し、ご報告まで申し上げます。

令和元年5月場所千秋楽
西岩部屋
_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1890.HEIC


_var_mobile_Media_DCIM_123APPLE_IMG_3564.JPG
西岩部屋が始動して一年、部屋の規則を設けず、力士たちには自由にtwitterやInstagramなどのSNSの管理を任せてまいりました。
対応が遅くなりましたが、一度、部屋全体で見直しの期間を設けたいと思います。

この動画はどうして載せてはいけないのか、
著作権法とは?
私生活はどこまで公にしてよいものか、等々。

「西岩部屋の力士です」とプロフィールに書いている以上、日本相撲協会の大きな看板を背負っているという自覚が必要です。

アカウント削除に伴い、力士のお母様からこのようなお言葉をいただきました。
" SNSについては、小・中・高と学校で危険性など習ってはきていますが、実際自分が加害者になったり被害者になったりといった所まで考えた事はないと思います。
これを機にしっかりと考えて欲しいと思いました。よろしくお願いします "
親方も私も、一度立ち止まることに致しました。


今場所9日目の若鳥海の新序出世披露の化粧回し姿の写真を載せましたら、一旦こちらのブログも少しの間お休みさせていただきます。
尚、西岩部屋公式ウェブサイトの星取表は随時更新してまいります。

親方も私も部屋を持ったばかりで子育て経験もなく未熟です。そんな自分たちに親御様たちがどれだけ不安な想いで大事なご子息様を預けられたか。
毎日きっと心配でたまらないと思います。
そのことを考えブログを綴ってまいりました。
そして力士たちに向けては、いつか西岩部屋を巣立ったあとも、将来の家族と力士時代のアルバムとして見返すことができるように。
そのような想いでした。

力士たちの日々の様子は、場所毎に発行の西岩部屋新聞でもしっかり伝えていただいておりますので、そちらを引き続きお楽しみくださいませ。(西岩部屋の稽古場に全号ございます。ご自由にお持ち帰りください。)



一旦力士たち個々のSNSも休止いたしますが、部屋の皆んなでSNS勉強会を開き、ルールを作り、秩序を守って再開したいと思います。
その時はまたお付き合いの程よろしくお願い申し上げます。





追記
(若野口の許可を得て)
こちらはどうしても残しておきたいツイートです。
またこのようなツイートが見られる日が楽しみです。

WQUpp2tQL_.jpg

大相撲三月場所も中日を迎えました。
今場所、行司の公輝が春らしい桃色の装束を着て、前相撲の土俵に上がっています。

皆様のお陰で無事に初土俵が踏めましたこと、心より御礼申し上げます。

空いた時間は、何度も何度も装束を着る練習をしました。いつも小菅さんがここを結んでくれます。と教えてくれました。
_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6945.HEIC
また別の日も、一人で着付けの練習です。
_var_mobile_Media_DCIM_127APPLE_IMG_7107.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_127APPLE_IMG_7108.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_127APPLE_IMG_7109.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_127APPLE_IMG_7110.HEIC
Gm7ahlBvOZ.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_127APPLE_IMG_7106.HEIC
あれあれ?右が高くなってしまいました。
_var_mobile_Media_DCIM_127APPLE_IMG_7120.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_127APPLE_IMG_7113.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_127APPLE_IMG_7114.HEIC
なかなか上手くいかず、心配そうに見ていた兄弟子もついに駆け寄り、たしかこうだ、ああだ、(行司の先輩の)隆男さんがこう言っていた、と口々に確かめ合い、公輝の着付けを手伝います。
_var_mobile_Media_DCIM_127APPLE_IMG_7118.HEIC

大阪に来る前は、東京の浅草の西岩部屋の土俵で、力士が夜の自主トレをしている時間帯に、様子を見にそっとドアを開けますと、公輝の姿がありました。
驚き、「え?どうしたの?」と言いますと、「自分も稽古しています」と。
公輝の声はよく通り、トレーニングをしている力士たちも思わず、手を止め、足を止め、公輝に注目してしまいます。

稽古することは良いこと、しかしどうしよう、、、と親方と相談を重ね、結果、お相撲さんたちが黙々とトレーニングに集中できるように...と公輝にはお相撲さんたちがお昼寝をしている時間帯に一人で稽古をするようにと伝えました。
毎日毎日、一人で頑張りました。
なかなか上手にならないと悩んでいる日もありました。
田子ノ浦部屋の隆男さんがいつも気に掛けてくださって、部屋まで公輝の稽古の様子を見に来てくださったり、生活面での指導も毎日のように電話でしてくださいました。

公輝は公輝なりの心の成長を見せてくれました。
何度間違えても、何度注意されても、絶対に後ろに下がらない心を持っています。
「もう一回やってみます」
「頑張ります」
ゆっくり理解して真っ直ぐ芯を持って伸びています。

思い遣りがあり、心の綺麗な子です。
娘が、部屋でお客様にお出しするお箸袋を一つ掴んでしまった時のことです。
娘の目線までしゃがみ、「花ちゃん、お兄ちゃんの手にこれ置いて」と優しい口調で何回も言ってくれていました。
公輝は三人きょうだいで、青森に二人の妹がいます。とても良いお兄ちゃんなんだろうなと思いました。

私が咳き込んでいたとき、「おかみさん...」とのど飴を一つくれました。
行司の隆男さんから、「コンビニに行ってお菓子を買うくらいだったら、のど飴を買いなさい。行司なんだから。喉を大切にしなさい。」
こう教わってから、いつも持ち歩いているようです。

いろんなところを見てきて、まだ失敗してしまうことも多いのですが、親方はそれでいいと言います。
失敗して、注意されて、時には人に迷惑を掛けて、最初は皆んなそうやって覚えていくんだからと。

朝8時半過ぎ、大きな声で一生懸命裁く姿を、皆様にもご覧いただけましたら幸いです。

公輝の故郷、青森で「ガンバレ」は「ケッパレ」と言います。
きっと先生や同じクラスだった皆さんが「公輝、行司さ、ケッパレよ〜!」と毎日応援してくれていることでしょう。

千秋楽まで体調を崩さずにしっかりと頑張ってください!

↑このページのトップへ