8月2日千秋楽の夕刻
大部屋ではお相撲さんたち皆が大きなテーブルを出したりお皿を用意したりと準備を進めてくれています。

暗くなりかけました頃、審判のお仕事を終え、神送りの儀を見届け、親方が帰ってまいりました。




身内だけのささやかな会が始まりました。
勝ち越しおめでとうございます。
八女の里
_var_mobile_Media_DCIM_150APPLE_IMG_0289.HEIC
若松永
_var_mobile_Media_DCIM_150APPLE_IMG_0286.HEIC
若金子
_var_mobile_Media_DCIM_150APPLE_IMG_0283.HEIC
若田中
Al65def3DT.jpg

ささやかな会と書きましたが、親方は何日も前からメニューを考えていました。それは、力士たちが精神状態の限界を感じながらも一生懸命に部屋の決まりを守り、明るく努めてくれたことへの労いです。

今夜は出前にお世話になります。
お寿司は一人一桶です。そして親方が買ってきてくれました国技館の焼き鳥。温かいものも付けてやって欲しいとのことでこちらでは豚汁を作りました。

乾杯を前に、皆んなでいろんな話をしました。
"勝ち越すことがどのくらい難しく嬉しいことなのかよく分かりました"と話してくれた子もいます。
親方は、相撲をやっている者にしかわからない、今自分たちはすごい経験をしているんだよ、と皆んなに語りかけました。
7p3nbAxYXj.jpg


聞き入る力士たち一人一人の真面目な目を見て、私は疎外感さえ覚えました。
その経験を積み重ねていけるのは、本物の力士だけ。「我慢」「辛抱」した者だけだと思います。
若干15歳で入門した子たちが、親元を離れて、厳しい相撲部屋の生活を基礎として、相撲を学び、共同生活の中で決まりを守り、嫌なことでも我慢するという毎日を送るわけです。これは本当につらいと思います。
全ては相撲を続けるためです。相撲界で生き抜いていくための試練です。



人と違った人生、人より注目される人生は、とても輝いて見えます。とかく人は明るく照らされたところだけを見てしまいます。
光と影。
光が強く当たっているところでは影が濃く出ます。
例として、輝くような栄光を手にした人がいるとするならば、その人の過去にはきっと、血の滲むような努力や苦悩、そして日々の我慢の積み重ねがあったのだろうと想像に難くありません。
栄光は光、その礎となったものが影。
影なくして光を得ようとしても不可能だということ。



7月場所開催に向けてどれだけの方々が動いてくださっているのか。そのことを力士たちには毎回投げかけ、緩みかけた自粛生活を正す日々でした。お陰様で鬼のお面もすっかり板につきました。
叱られても挫けず影濃く直向きに頑張ってくれた子どもたちのこの日の笑顔は、千秋楽を迎え、場所の緊張が解けましたせいか、子どもらしく可愛らしく弾けるように光っていました。


マスクを取り、お腹いっぱいいただきました。
YWERr8znWm.jpg

場所後の休暇は、感染予防のルールが少し変わりました。今ある環境、ルールの範囲内でいかに休暇を満喫するか工夫が試されます。皆んなの工夫を親方とともに見守りたいと思います。
新弟子はまだ浅草をちゃんと歩いたことがありません。月曜日、近所のみを拡大しました地図をプリントアウトして、全員に手渡しました。
消毒液を入れた巾着袋に、この地図も仲間入りです。
浅草の美味しいものをいただいて、リフレッシュしてください。


よく頑張りました。
お疲れ様でございました。



「7月場所の星取表」、一番一番の取組を振り返る「親方コラム」はこちらからご覧ください。

_var_mobile_Media_DCIM_150APPLE_IMG_0329.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_150APPLE_IMG_0328.HEIC

無事に千秋楽を迎えられました事に安堵しております。
自粛期間中、どう過ごせばよいのか、皆んな大変なのだから誰にも相談する気持ちにもなれず。各部屋どのようにして守り立てているのだろう、何かお力をお借りしたいなと思いながら、何度も何度も読んだ一冊。

今日もまた拝読いたします。
佐々木一郎さん、いつも有難うございます。

カランコロン、カランコロン、、、
カランコロン、カランコロン、、、
梅雨明け、碧羅の天
千秋楽の7番相撲を終え、蔵前駅から、新弟子若大根原、若田中、若箭原が下駄の音を弾ませ帰ってまいりました。

お疲れ様でございました。
3月入門の彼らは、この7月場所で、初めて両国国技館の土俵に上がりました。とても感動しましたようです。

このコロナ禍で、彼らの晴れの写真があまりありません。今場所から頭に鬢付け油をつけ始めました。
無事に怪我なく千秋楽を迎えられました記念に、写真を撮らせていただくことにいたしました。
今日は取組が無かった若金子にも声を掛け、新弟子4名で記念撮影です。

_var_mobile_Media_DCIM_150APPLE_IMG_0201.HEIC

若大根原 
東京都練馬区出身(17歳)
_var_mobile_Media_DCIM_150APPLE_IMG_0251.HEIC

若箭原
大阪府摂津市出身(15歳)
_var_mobile_Media_DCIM_150APPLE_IMG_0246.HEIC

若田中
兵庫県尼崎市出身(15歳)
_var_mobile_Media_DCIM_150APPLE_IMG_0240.HEIC

若金子
高知県高知市出身(15歳)
_var_mobile_Media_DCIM_150APPLE_IMG_0230.HEIC





昨夜は夜遅くまで自主トレに励んでいました。
G3SGy13BD3.jpg


_var_mobile_Media_DCIM_150APPLE_IMG_0179.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_150APPLE_IMG_0183.HEIC


_var_mobile_Media_DCIM_150APPLE_IMG_0184.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_150APPLE_IMG_0180.HEIC

若金子は7番相撲をとり終え、勝ち越しを決めた夜です。それでも稽古場におりて、これだけ汗を流します。
気持ちはもう来場所に向いています。
若大根原は自己を緻密に分析しながらトレーニングしていました。自身の世界観を持っています。その世界を壊さずにそっと見守れますよう心掛けたいです。
若箭原は昨夜はひたすら鉄砲柱を突いていました。それが今日の取組でおおいに活きました。力強い一番でした。目力もついてきて、どんどん顔つきが逞しくなり、成長に驚かされます。
若田中は場所の途中、痛めていた箇所もありましたが、「休みません」と宣言し、よく頑張りました。これからも持ち前の明るさを武器に、苦しい稽古に励んで欲しいと思います。



真夏を迎え、浅草通りのさるすべりがとても綺麗に咲いていました。
WYBsLwOukA.jpg

↑このページのトップへ