今回の台風19号によります長野県の甚大な台風被害を受け、若鳥海は、自分が今何ができるかを考えました。

山々に囲まれた豊かな大地。
力士になるまで、長野県長野市で台風災害とは無縁で育ってまいりました。
入門から8ヶ月。
まだまだ修行の身、これまで一度も地元長野県に帰省していません。



御家族の皆様はご無事であります事が分かりました。ほっと胸を撫で下ろす思いでございましたが、被害が拡大していくにつれ、友人たち、お世話になりました方々、生まれ育った町並みへの心配と不安はまだまだ拭われません。

若鳥海は18歳、序二段です。
纏まった大きなお金もございません。何ができるかと当たってみましたところ、「社会福祉法人 長野市災害ボランティアセンター」のかたより、ご提案をいただきました。一般の支援物資の受付はまだ調整中ではあるものの、泥かきなどのボランティアの受付は続々と始まりつつあるとのこと。そのボランティアの方々への軍手やマスクを送っていただくことが今は一番助かりますとのことでした。



巡業中の親方にも報告と相談をし、稽古後自転車を走らせます。
_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8014.HEIC同期の公輝が付き添ってくれました。
77pYcDAI9Q.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8171.HEIC
oArx7cT0Jp.jpgボランティアの方々に思いを託します。



手紙も書きました。
お見舞いの言葉から始まるその手紙には、自身が長野市出身であること、九州入りが控えている為、現地でのお手伝いが叶わないこと。
最後には、長野県の皆様が少しでも元気になれるよう一生懸命相撲をとるとの誓いの言葉が綴られていました。
同梱いたします。
JEf_4Q2Wyt.jpg


今朝の様子です。
来週、九州入りいたします。
kxKrFvCVSF.jpg
eSOFRZmySR.jpg


親方はいつも力士たちに言います。
「出身地をアナウンスしてもらって土俵に上がる。地元を背負っているんだよ。地元に支えられ、地元に恩返しする。それが力士なんだよ。」

若鳥海は、その意味を噛みしめていると思います。

台風一過の晴天ですが、各地で台風被害が深刻です。皆様のご無事をお祈り致します。

朝9:30
台東区寿4丁目、通称「ことよん」を全員で掃き掃除しました。

_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7911.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7922.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7926.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7928.HEIC
vkkU9PYIa8.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7921.HEIC

_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7915.HEIC
CG90XQUxy8.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7932.HEIC
西岩部屋の力士たちは、今日は休養日です。
昨日まで、備えの作業で力仕事がたくさんありました。気も張っていたことと思います。
ゆっくりと過ごしてほしいと思います。


色づき始めた黒船神社の柘榴の実、
朝一番、今日までの無事を感謝いたします。
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7693.HEIC


一日が始まりました。
若龍星が上がり座敷に置かれた紙に目をやりながら、朝稽古が進んでまいります。
事細かに稽古内容が書き込まれた用紙は、親方が巡業前に用意したものです。

_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7714.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7702.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7717.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7727.HEIC
終盤、若龍星が午前の診療に間に合うよう皮膚科へ行くため、今日は一足早く朝稽古を切り上げます。
号令を託されましたのは16歳の若松永。
人数は少ないですが、若松永の元気溌剌な大きな声で、稽古場が明るくなります。
午前10時半、朝稽古終了。
手を止めずに、すぐに土俵を掃き清め、無事に朝稽古が終わりました。

ちゃんこの準備をし、食べた後はすぐに片付け、力士たちはしっかりお昼寝をします。
行司部屋で行われております相撲文字教習教室から帰ってまいりました公輝は、この時間に部屋のお手伝いをしてくれます。


午後13時半、浅草の気温は25度。
屋上から見上げる空は雲一つない快晴です。
1階から屋上まで座布団を担ぎ、天日干しをしました。
近年では、綿の入ったものは強く叩かない方が良いといわれていますが、これだけ晴れていますとつい、、、
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7737.HEIC
叩きました。
座布団たたきでも、公輝らしい構えです。
さあ、次は親方の座布団を、と思いましたその時、屋上の扉が開きました。
若松永です。
用事をしていますので報告事は電話でいいですよ、と伝えていましたが、ここだと探し当てて直接来てくれましたようです。
快くお手伝いまでしてくれました。有難い限りです。
暑さの中、よく頑張ってくれました。
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7751.HEIC
日陰で休みます。
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7753.HEIC

お日様を浴びて、湿気も飛び、ふかふかに膨らみました。
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7750.HEIC
お疲れ様でした。



お昼寝後は皆んなで掃除です。
親方が居ない間も、掃除がきちんとできているかどうか、お相撲さんたちが夜のちゃんこを作っている時間に確認です。
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7786.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7787.JPG
脱衣場の履き物も揃っています。
jES4X5pIfl.jpg
本棚も綺麗です。
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7794.JPG
稽古場も、
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7780.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7779.HEIC
お客様用お手洗いも、
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7775.HEIC
外まわりも、
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7783.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7782.HEIC
皆んなありがとう。気を張ってやってくれているのが伝わります。
「夏休みが消え、冬休みが消え、地元の友達が遊んでいる間も稽古をした。部屋の用事に明け暮れた。だから今があるんだ。」といつか誇れる時が来ます。



夜のちゃんこ、夜の筋力トレーニングを終え、三階の自宅階の和室にて、夜食を食べながら今日も親方と八女の里の移動を確認します。
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7801.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7799.HEIC


親方から八女の里の写真が届き、こちらで皆んなで見るのが日課です。
皆様にいろいろ教えていただきながら、元気に頑張っているようです。
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7587.JPG
八女の里へ
巡業に帯同できますのは有難いことです。
乗り越えれば、全て良い想い出。
巡業に行ってみたいですと自ら手を挙げたあなたはとても強いです。
若いうちにこの経験ができて本当によかったと、将来そう感じる日が必ずきます。
巡業はまだまだ続きますが、体に気をつけてください。
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7589.JPG




夜21時半消灯、
無事に西岩部屋の一日が終わりました。
他人様の子をお預かりする以上、責任は重いです。
親方に電話で一人一人の心身の健康を伝え、また明日がやってまいります。
明日も、一人一人が、疲れたけど楽しかったと思えるような一日になればいいなと思います。

↑このページのトップへ