第4回目の情報リテラシーは「ソーシャルメディアの台頭」だった。
私は普段から様々なソーシャルメディアサービスを使っている。Twitterを始めyoutube、LINE、Instagram....。もうこれがないと友達と繋がれないと言ってもいいほど日常生活にソーシャルメディアサービスは馴染んでいる。

ここで私はふと疑問をもった。私はTwitterはやっているがFacebookはやっていない。周りの友達もFacebookをやっている子は中々聞いた事がない。

何故だろうか?
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3353.JPG

私はここに答えがあると思う。
Twitterの1番の魅力は匿名で呟くことが出来ることだ。実名使わずに利用できるという点はプライバシーが守られ、本当に言いたいことを言える。
この点が1番強いと私は考えた。
私自身普段から言いたいことを言えずに過ごしている。誰にも言えない不満や愚痴を少しつぶやくことで楽になるのだ。この匿名性は重要だ。

しかしFacebookではこんなことできない。実名を出さないと行けないし、繋がってる友達は顔見知りばかり。迂闊に下手なことは言えない。私だったら絶対言わない。

この発言の自由さがTwitterとFacebookのユーザーをわけていると考える。特に私たちの世代では。