仲間

昨日の賢太郎の退団報告があって、今年4人の退団選手全員の発表が終わりました。

今までプロになってから毎年この時期が本当に嫌で、プロスポーツの世界だからわかってはいるんだけど、今年ほど辛かったことはなかったです。

それほど彼らとは長い時間を共にしてきました。

エウソンはいつも本当に優しくて全然サイドバックっぽくなくて、日本人みたいなブラジル人でした。
エウソンとはいつもふくらはぎの細さをバカにし合っていたのでそれができなくなると思うと本当に寂しいです。

ユウトは僕が右サイドをやるときによくコンビを組みました。
ユウトが守備を頑張ってくれて、いつも僕にお前は攻撃に専念しろって言ってくれたから安心して攻めに専念できました。
プライベートでもよく食事に連れて行ってくれました。

賢太郎は、今でも良く覚えているのがアウェイ浦和戦でのゴール。
ずーっと頑張って練習している中、なかなか試合に出られなくてもチャンスが回ってきてそこでゴールした試合。本人にも言ったことがあるんですが、この時のゴールが僕はなんか凄く嬉しくて、自分の今まで決めてきたゴールよりも一番好きです。
神様はちゃんと頑張っている人を見ているんだなと思ったゴールだったからです。

タッピーは僕が右サイドをやり始めたときに、いつも練習でマッチアップしていました。
うまくて、強くて、どの他のチームの選手と対戦するよりも嫌だった。タッピーに勝てれば必ず活躍できる。そう思っていつも練習に取り組んでいました。
プライベートでも家族ぐるみで仲が良くて、本当にお兄ちゃんみたいな存在です。

本当にみんなのことが好きで、来年から一緒に戦えないと思うと本当に寂しいけど、これからもずっと僕たちは仲間です。

また一緒にボールを蹴れることを夢見て僕はこれからも頑張ります。