_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0698.JPG

2月2日(土) /『でらロックフェスティバル 2019』
出演会場:名古屋ダイアモンドホール


トラブルもありましたが、それは無難に収まらず、めちゃくちゃ楽しんだ証拠。


分かりにくいですがポッキリ逝ってます(°▽°)

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4267.JPG

肋骨の次はケーブルて(΄◉◞౪◟◉`)


怪我や故障はオレにとって勲章。ただ、このケーブル作ってくれた人にだけ謝らせてください。






dEnkAゴメ〜ンσ(^_^;)


でらロック、今年もお世話になりました!毎回ダイホのステージに立たせて貰い、本当にありがとうございます。これからも、でらロックに欠かせないバンドで在る為に、精進します!押忍!




2月3日(日) / 兵庫・神戸 太陽と虎

FABLED NUMBER『Millionaire Tour』

Act) FABLED NUMBER


大事な仲間の大事なツアー初日に呼んで貰いました。しかも我らが地元神戸。連日のライブですが、こういうの俄然気合い入るよね。


某ブルドナンバーの誰かさんの改名騒動に関しては結局散々イジり倒しながら、旅に出る仲間の背中をガツンと押せたライブが出来たのではなかろうか♪


フェイブルドナン某はトラブルを演出と言い切る、圧巻の世界観とライブを見せつけてくれました。全然前よりカッコ良くなってるやん。相変わらず口悪いけどw


打ち上げについては、めっちゃオモロかったんやけど…開宴から終宴まで、ココで書ける内容が見つかりません、ゴメンなさいw


悪いのはムネミツとナオミツですw

              ⬇︎   ⬇︎

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4278.JPG
またすぐ対バンしたいなー!って思ってたら、このツアーの名古屋篇に誘ってもらっちゃった♪w

素直に嬉しいし、初日の色々観てるから←あれからどう変わったか見れるんも楽しみヤー٩( 'ω' )و



2月10日(日) / 大阪・アメリカ村DROP
TANAKA KOKI『Easter TOUR 2019』
Act) KOKI
元々、KOKIとはナオミチが何かよぅ分からんけど繋がって仲良くなってて。

ナオミチって何かよぅ分からんけどそんなん多くてw

人柄やろなー、誰にでも気さくやし。

うん、オレには絶対に無いやつ←

バンドってそういうところのバランスも大事やねんで?←

で、結構な確率で

ナオミチと仲良い=dEnkAとも仲良い

やねんw

前に名古屋のイベントで一緒になった時に、ボーカル同士ってのもあって打ち上げでw-shunも仲良くなったみたいで、諸々の結果…

KOKIが今回のツアーの対バン紹介的なBlogを書いてたんやけどさ?
オレの名前だけ全く出てこなーい(°▽°)w

どうも、謎多き男、亜太ですヽ(・∀・)苦笑

そんなワタクシ、この日のライブではw-shunから

『気が散るw』

と言われる程に、狂い咲いてみましたw

途中から引き際を見失ったただの悪ふざけ変顔パフォーマーと化してたな〜(やっぱベーシストちゃうんやw)

あそこまで暴走モードに入ったのは久しぶりやったw
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4489.JPG
オレらにもKOKIにも色々と歴史があって。

その歴史のどのタイミングで知ったり出会ったのかは知らんけど、幅広い層のファンや関係者がこの日もライブハウスに来てて。

ライブハウスでの楽しみ方はいつも言うように自由やし、服装も自由やねんで。割合で見れば、ぽくない格好と見られるかもやけど、どんな服装であれ、笑顔になったり、汗かいて遊んでくれたら最高やん?

Tシャツにディッキがベタなんて誰が定めたよ?

暴れたがりからしたら、動きやすいのが大事なんろうやけどさ、そうじゃないやつ全般を否定すんな。あと容姿や年齢も、それぞれ個性な。

何を着ようが纏おうが、大事なのは心ん中の、音楽・ライブを楽しもうとする気持ちだけでしょ。

そりゃどんだけヴァイブス高くても、さすがにピンヒール履いて来たり、アクセやらチェーンやらジャラジャラしすぎたり、周りにおる人にケガさせてしまいそうな格好とかには気をつけてほしいけどw

オレからしたら、ロック全然聴かへんのに有名バンドのロゴとか入ったアパレル着て街中をお洒落のつもりで歩いてるヤツらの方がよっぽど好かん。

ってなことを考えるに至った、一部の心ないSNSを見てしまい、その後に観たドラマ『3年A組』に感化されて、まぁ普段から思ってたことでもあるので少し書いてみましたw

老若男女、どんな服装・格好でも構わない、またライブを楽しみに、ライブハウスに来てください。

同じ場所に、で集まった、つまり同志たちよ、いがみ合うこと無かれ。

共通の趣味を持った、性別も世代も違う友達出来る場所なんてなかなか無いと思うぞ?(^-^)v

ワクワクドキドキしながらライブハウス来て、

ウキウキニヤニヤしながら家に帰って、

また次のライブまでお元気で。

そんだけ。

亜太でした!ピースy☆

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0698.JPG
BTTM : KNOCK OUT MONKEY 公式ブログ
2018年3月KNOCK OUT MONKEYは、解散の危機というものに陥りました。現状への不安や苛立ち。どんどん先を行く周りのバンドへの焦りや悔しさ。その中でもどうにか良くなるように、どうにか続けていく環境を作れるように、4人それぞれがバンドのことを、KNOCK OUT MONKEYのこ
lineblog.me



1月13日(日) / 香川・高松DIME

PAN『ムムムムツアー』

Act) PAN / SHIMA


3ヶ月連続、高松DIME出演企画最終日!

(いや、誰もそんな企画はしていない)


PANのツアーに呼んで頂き、盟友のSHIMAと盛り上げてきました!さすがのエガっちょ節が炸裂しまくりで、相変わらず愛すべきヤツらでごZMSた。


久しぶりのサイレントOi Oiもご馳走様でした!w


PANはもうね、ただただ好きやわw

好きやし距離だいぶ縮んだから、オレらもついにMCで川さん(PAN / Vo.)イジり出したー!w

まさかの標的がゴッチ(さん / PAN / Gt.)から川さんにw 

オレらのせいで、主催やのにブーイングで迎えられる川さんがオモロすぎた〜w

大介さん(PAN / Ba.)さんと機材トークも出来たし良き一日でした♪


オフィシャルのアナウンスあったから言うと、

実はこの日、PANのドラムよこしんが脱退することを本人から聞きました。あんなにイジり甲斐のある後輩なかなかおらんので、実に残念で寂しい限りです。でもまたすぐ会えるような気もする。


あ、あいつ下の名前、シンタロウ(S)やん…w

(Twitterネタを持ち込むなw)


Don't worry. Be happy. It's!your!life!

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4463.JPG




1月26日(土) / 岡山・CRAZYMAMA 2ndRoom

BACK LIFT『Reach New Field Tour 2018-2019』

Act) BACK LIFT / 彼女IN THE DISPLAY


メンバー間で親交はありつつも、こうやって箱で対バンするのは初。機会をくれたバックリのみんなありがとう!


前回の小倉でダウンのため打ち上げ出れなくて、今回ちゃんと打ち上げで彼女IN THE DISPLAY(Ba.)弘輝(Gt.)と絡んだんやけど、もぅすっかりワタクシ、彼らの虜になってしまいましたw オモロすぎw 早よまた会いたいわ〜、2人セットでw










うん、なんでかこの日の写真全く無いねん(´・ω・`)


今回の感じやと、写真無いと何か締まらんから…


全然関係ない日に撮ったオレのBASSの写真がカッコ良かったからそれ貼っときま〜すw


_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3626.JPG余計に締まらんわw

亜太でした!(〆たー!∑(゚Д゚))


ピースy☆

2018年3月

KNOCK OUT MONKEYは、

解散の危機というものに陥りました。

現状への不安や苛立ち。

どんどん先を行く周りのバンドへの焦りや悔しさ。

その中でもどうにか良くなるように、

どうにか続けていく環境を作れるように、

4人それぞれがバンドのことを、

KNOCK OUT MONKEYのことを考えて歩んでいました。

でも、足並みは揃ってなかった。

進む方向は同じでも、

違う景色を眺めていて。

実はすれ違っていた想いは、

小さな亀裂を生み、

密かに抱えていた憤りとぶつかった瞬間、

それは突然、そして一気に裂けました。

家族より長い時間を過ごしてきて、

いつも当たり前のように隣にいたけど、

手を伸ばしても届かないぐらい、

4人は初めてバラバラになりました。

それぞれの時間を過ごし、

時に各々で話したりする中で、

解散の言葉も出ました。

今まで歩んできた、

今この状況で振り返ると全てが奇跡のような軌跡を、

ここで終わらせてしまうのか。

それとももう一度、

這いつくばってでも進むことを選ぶのか。

最後かもしれない、

集まった場所はライブハウス。

そこでそれぞれが全てを吐き出し合いました。

こんな状況になった経緯も含めて、

今の今まで溜め込んでいたもの。

出た意見や話しに全員相違は無かった。

甘さも厳しさも、

見て見ぬフリをしてきた。

叱責も感謝も、

言葉にしなければ、

口に出さなければ伝わらない。

それぞれから溢れだした、

隠れていた想い・感情は、

バンドに対する愛情、

メンバーに対する愛情、

結局それだけだったんですよね。

いびつな形に歪んでしまい、

それらは心のどこかに引っかかってしまったり、

すっと差し出しにくくなったり、

渡しても受け取る側にその形じゃ理解してもらえなかったり、

時には凶器と化していたのかもしれません。

否定や言い訳は無かった。

『申し訳ない、ゴメン』

全員でそれぞれに面と向かって言い合い、

全員でKNOCK OUT MONKEYに謝りました。

みんなが応援して支えてくれた家。

誰よりも自分たちが一番居心地が良く、

楽しくて仕方のない大事な場所。

大好きなバンド。

大好きなメンバー。

自分のためであり、

誰かのためでもあり、

自分の場所であり、

みんなの場所でもある。

まだまだちっぽけだけど、

とても大きな存在になっていた、

この夢を、

この音を、

不器用な4人ですが、

改めてみんなで守ることにしました。

関わってくれる全ての人に感謝と敬意を。

決して馴れ合いじゃなく、

独りよがりじゃなく。

One for all,All for one

「一人はみんなのために、みんなは一つの目的のために」

KNOCK OUT MONKEYをカッコ良くすること。

同じ景色を観に行こう。

この4人で。

この4人と。

照れ臭いから手は繋がないけど、

すぐ手の届くところにまた4人の気持ちが集まれて良かった。

本当に本当に良かった。














って、
青春か\(゚Д゚)w





そんなこんなで我々、再結成しましたw

で、早速!

今まで個性だらけの4人のアクの強いルーツをミックスして色んな曲作って色んなライブして観て来たことを振り返り、

定義はあるようで無いねんけど、

『やっぱ"ミクスチャー"ってカッコ良いよな』
『オレらがやると何やってもある意味ミクスチャーやん?』
『つまり…オレらの"ミクスチャー"が一番カッコ良くないと‼︎』

って盛り上がった結果、

【HOPE】からずっとお世話になっていたサウンドプロデューサーにも頼らず、

音からジャケから全部4人だけでの"セルフプロデュース"という形式を選び、

4人のやりたい音だけを純粋に詰め込んで表現し、

生み出したのが
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3490.JPG
なんですわ〜!w

"バック"って付いてるけど、

原点回帰では無くて、

言うなれば"原点再起"というか…

どこか懐かしさもあるけど、

それも踏まえて全部が新しくて、

単純にカッコ良くないですか?

っていう作品です。

制作は全員が前のめりだから、

全然、生みの苦しみ的なことは無くて、

あーしよこーしよ、

あーでもないこーでもない、

楽しくワイワイしてたら出来ましたw

強いて言うなら、

しんどかったんは【Black or White】のMV撮影ぐらいかな←

満を持してカッコ良いと思える、

全員が納得した作品が出来た手ごたえは、

いつも以上にツアーへのワクワクを増してドーン!ヽ(・∀・)
rZOiB9RHQx.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3491.JPG
グッズもいつも以上にこだわってドーン!ヽ(・∀・)
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3489.JPG
サウンドもグッズもめっちゃ好評で、

オレも普段から良く聴くし普段から良く着てます!w

根拠の無い無敵モードになった我々。

誇るべき音を引っさげて、

愛すべきメンバーとチームで、

愛すべきファンの元へと旅立ったのです。

今回キャリア初の、

バンドマンなら一度は経験したかったアレ、

ツアー初日を千葉LOOKからスタート‼︎
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4057.JPG
これが噂の巨大ポスター!

サイトウさん、ありがとうございました!

大切に、ファイナルまで共に旅してきましたよー!

ってな感じで幸先良いスタートからファイナルまでの全13公演、無事に駆け抜けれたのですが。

ツアー初日から、今までのツアーやライブと違う点が一つ。

無敵モード
ちょっとのことじゃ物怖じしない
ウケようがスベろうが知ったこっちゃない
自分ら楽しすぎて無法地帯
結果、MCめっちゃ長なる

という現象が全箇所勃発!w

各地、主なMCトピックスとしては…

千葉 → 『貴族のETC』
愛知 → 『あるあるじゃない牛乳パック』
広島 → 『天津飯vs炒飯』
福岡 → 『いきなりHow long?』
京都 → 『じじいの洗濯物』
香川 → 『ライドさん、ないっちゃぁない』
静岡 → 『くっちゃくちゃのBBA』
東京 → 『打ち上げとは』
宮城 → 『波かぜたて%◆※◯☆♪#』
北海道 → 『太平洋フェリー』
富山 → 『心のタトゥー』
新潟 → 『うちやま』
大阪 →『小さすぎるテーピング』

完全に、来た人にしか分からない内容w

そして、クソほど笑った。

たまにお客さん放ったらかしで自分らだけで笑ってたしw

『楽屋でやれよ∑(゚Д゚)』

って思った人も居たかもしれんけど、

コレがオレらなんです。

普段通りのオレらなんです。

これからも包み隠さず全部さらけ出して、

魂削り出して音に乗せるから、

バカだけどカッコいい、

バカカッコいいライブするから、

みんなもアナ雪…

あ、ありのままの自分で遊びに来てください。

『モラルだけ守って、あとは好きに遊べば良い。ライブハウスで我慢すんな、やりたいようにやれ。周りの目なんて気にすんな、気になるんやったらオレらの目だけ見とけ!』

ってよくw-shunがライブで言うんやけど、

オレは目が合うと照れるのでそこんとこ宜しく←

2019年に年をまたいでのツアーファイナル。

会場入りの前に恒例のご祈祷。
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4063.JPG出口専用

神様を味方につけて←挑んだツアーファイナル。

このツアーの集大成だと、

満を持して言える、素晴らしいものになりました。

感情から何から全てが限界突破した感覚。

オレの肋骨も限界突破

全てがあの日にしかない記憶と記録。

想い出なんて淡いものにはしません。

痛みも苦しみも喜びも、

このツアーで得た全てを置いていかず、

次に持って行きますドーン!
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4412.JPG
ストIIか(・Д・)ノw

良い作品が出来た。

良いツアーになった。

ミクスチャー最高やろ。

カッコえぇやろ。

全員…

いや。

まだまだ喰らわせてないヤツらがいっぱいいる。

ストIIのリュウが

『オレより強いヤツに会いにいく』

なら、

オレらは

『他よりすげぇライブを魅せにいく』

です。

前回のツアーは全13本でした。

関係者各位、ツアーを観て頂いて高評価をくださる最後に必ず

『すごく良い作品だし良いライブなのに、ツアーの本数少なくないですか?勿体ないと思います、この感じを、今のKNOCK OUT MONKEYをもっと観てもらうべき』

と言ってくれました。

…確かに(°▽°)

…じゃあ〜

『すいません、延長で❤︎』

『じゃ、もぅ一回しよっか❤︎』

下ネタか!∑(゚Д゚)
あ〜ぃとぅいまて〜ん(΄◉◞౪◟◉`)古

どんなワケかそんなワケで←
 
同じアルバム引っ提げて、

もう一回BTTMツアー周りま〜す‼︎‼︎

リリースしてツアーして、

何年か後に、過去の作品ツアーを再現するコンセプトツアー的なのは聞くけど、

ツアー終わった直後に"パートⅡやります"言うてまたほぼ同じタイトルでツアー周るバンドはあんまりおらんやろw

別に、泣きのもう一回!でもないし、

同じようなセトリや内容を演りに行くつもりはさらさらありません。

パートⅠで得たものを、

更に楽しく激しく熱くユルく←

進化したツアーにします、約束ね。

その準備として、

BTTMの延長線というか、

むしろBTTMに収録されてても遜色ない、

いや、BTTMを超えてきたか⁈

な新曲を絶賛制作中でございます。

震えて待て(΄◉◞౪◟◉`)

ただ寒いだけなら暖かくしろ(΄◉◞౪◟◉`)

ちょくちょくいい加減にしろ(΄◉◞౪◟◉`)

…え、もしかしてオレのこと⁈(°▽°)⁈




最後に、改めて。

BACK TO THE MIXTURE

聴いてくれてありがとう!

買ってくれてありがとう!

ツアー来てくれてありがとう!

オモロかったし、ほなまた行くわな!

だからまだまだ聴いといてや!

またパートⅡで会お〜ぜ‼︎

次こそはパートⅡで会お〜ぜ‼︎

ロックに取り憑かれたまだ見ぬ愛すべきヤツらと、

ノックに辿り着いた愛すべき最高のファンに、

最強の
ミクスチャーロックを
ぶっ放しにぃぃぃい‼︎





…また来ます(΄◉◞౪◟◉`)平泉成

亜太でした!ピースy☆

↑このページのトップへ