_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0946.JPG
 ↑ 200円で買えるただの安いちりとり

はいどうもこんにちはMaChiです。

今回ですけども、 学校の掃除のサボり方を解説します。

 『掃除のサボり方』 ってタイトルにはしたけど、 今回紹介する方法は掃除以外にも使えます。

サボり方なんて全て共通なんでね。
基本のルール1つさえ守ればなんでもサボれるんですよ。

そもそも普通にサボったら絶対怒られるじゃん。
周りの人からの印象も悪くなるよね。

問題は、 どうやって怒られずにサボるか。

結論からいうと、
自分ができない状況を作ればサボれるんです。

 ・ 別の用がある
 ・ その場にいない
理由はなんでもいいけど、 自分ができないことを周りに示しておくことが重要なんです。

 「できないなら仕方ない」
そう言われる状況をつくれば怒られないし、 印象も悪くならない。

 ↓ 私の例を一つ紹介します。

教室のゴミって別の場所に持ってくじゃん。 (塵芥庫?)
あれ教室からめっちゃ遠くて、 疲れるし面倒だったのよ。
だから昨年度は一度もやらなかった。

①集めたゴミをちりとりで捨てる人を待つ(ホウキでゴミ集めながら)
②①の人がゴミ箱に捨てたら、 ホウキと一緒にちりとりを片付けてあげる
③②の間に他の人が先生からゴミ捨てを指示される

ゴミ捨て行かなくていい + ②で好感度アップ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

マジでこのルール1つ知ってれば、 簡単にサボれるから。

これでサボれなかったらお前の頭が弱かった、 以上!

はいそんな感じで今回はこれで終わります。
ありがとうございましたm(._.)m

こういった小さい努力が生き方を変えるんだよ。
やりたいことをやる努力、 やりたくないことをやらない努力。
そこを惜しまない人間になりなさい。

冬休み前の大掃除もそんなにやってないからね。
 ・ 掲示物剥がす(十数枚)
 ・ 掃く
 ・ 拭く(机、 床)
 ・ 黒板類
 ・ その他もろもろ

これだけあって、 やったのは掲示物3枚くらい剥がしただけかな。