97Pkr484xk.jpg



90MB2IsH8F.jpg

人間の脳は選択肢が7個以上だと情報が追いつかないことがわかった。私は優柔不断なので7個も選択肢があると当然のように迷います。正直3択でも迷います……
この情報はwebデザインに活かせそうですね!!!



2wXI8_mTSC.jpg
なんで今年は減ったんだ……???一旦増えるだけ増えまくったからそろそろ減らしてもいいんじゃないか、とでもなったのではないだろうか?

アプリができたことによって、Googleはアプリ内の情報がわからなくなった。アプリから情報を得る機会が増えたからwebサイトも減ったのではないか、と思った。


Jcu8aAi59D.jpg

この方法の方がわかりやすく、思った通りのサイトが見つかるが、その分サイトの数が多くなり、Yahoo!だけでは処理しきれない。しかし、人がサイトを仕分けしていたYahoo!と違ってGoogleはAIでサイトを仕分けしていた。
Googleの時代到来!!!!!!!!!


wbpLgPQRNc.jpg
サイトを人が仕分けしていたYahoo!は、webサイトの主にお金を払えば検索結果の上にだす、と言ってお金儲けした。


8Nmt1KwH4p.jpg
アメリカの本社が閉鎖し、日本支社が独立したYahoo!はGoogleの詮索結果をそのまま利用する、という契約をとりあえず2年したが、今も続いている。


AplzpeMNQ0.jpg
Yahoo!とGoogleの違いは
Yahoo!→Yahoo!が独自にまとめたものがある
Google→Googleにしかない画像などがある

FekdQ9us7U.jpg
Googleの売り上げのほとんどは広告!!
検索結果に広告を載せる。高いお金を払えば1番上にだしてもらえる。キーワードに値段をつけた。みんながほしい情報には価値がある、とした。

しかし!!!!!
マッチング率が高い方が嬉しい!ということで、検索結果の精度を上げてたくさん調べてもらえるようにしている。これがGoogleのすごいところ!!!!!
これは検索結果の順位と関係する


マッチするには、、、
調べたい単語がいっぱい書いてある方が上(最低でも1回)200〜300くらいのアルゴリズムがある

単語が多くてもマッチした、とすぐわからないといけない。そのためには→サイトのデザインがわかやすくないといけない!

滞在時間は動画が有利!!
ブログ内に動画は
鬼強い!!!!!!!!
webデザイナーはSEOを避けては通れない



f1cR34CIWr.jpg
ページにランク付け。
良いページの中で良いと紹介されているページに点数をつける。紹介されると点数がもらえる。の無限ループ。



PMWqBeuzIr.jpg
携帯のアプリで検索をかけると自然にGoogleを使っているのはGoogleの1兆円のおかげなんだと思った。逆にGoogleは1兆円でこの利用率があるのかなとも思った。



tWqEO1Xv3h.jpg
私はデザインを考えるときに、それに関するキーワードですぐ検索してしまう。しかし、いつも最初は自分の頭の中にあるイメージだけでデザインを考えろ、と言われてしまう。今回の講義をきいて、 ネットの情報より自分の頭の中で考え方が、これからの自分のためになるとわかった。