清原亜希 公式ブログ

清原亜希 公式ブログです。

月別アーカイブ / 2016年01月

母の数少ない遺品の数々を見直す機会があった。

急に用事がなくなり予想外のゆっくりする時間……
こんな時こそ普段できない事を…
部屋の掃除や引き出しの中の整理、そんな中ふと…母の想い出に触れた。

母が残してくれたものと言えばほとんどが私からの手紙と、私が仕事した雑誌の切り抜き、今のように1ページに一体なんて贅沢なものではなく、手のひらサイズのものから小指くらいしか無い記事などばかり……
宝石や時計も多分買ったことがない人。
洋服はバーゲン、これ100円に見えないでしょう!と少しダボダボのTシャツを身につけ屈託の無い笑顔で笑っていた。
ネイルも塗ったことがなく、東京で始めてネイルサロンに連れて行った。未だに忘れないあの緊張した恥ずかしそうな顔。
その後地元に帰り急に病気が発覚!即手術……
目まぐるしくいつもの日常が色褪せていった。
母は言ったらしい「このマニュキュアはとらないで欲しい、娘がしてくれた優しさを消したく無い」と……
でも病院の先生は、「手術の時、爪の色が分からないのはダメなのでマニュキュアは取ります…」と。
今母の気持ちを考えると胸が張り裂けそうになる、
今自分が母になり気がつくことだらけ……

そんな母が最期の最期まで身につけていてくれた指輪。

数少ない母の形見。
そうこれが、わたしが20歳くらいに始めて仕事で、海外のオーストラリアに連れて行ったもらった時に買った母へのお土産。
当時の私にはかなり高価で、清水の舞台から飛び降りたくらいの記憶も(笑)
その時に書いた母への手紙が切り抜きと切り抜きの間に挟まっていた。

心にじんわり熱いものを感じた。

これは言葉にし形にしようと今書いています。

今わたしが子供達に貰った手紙も母と同様、大切に保管している。
まだ小さいので形になるものは無いけれど、これから日々の中でそれを逃さないよう、そして想い出と共に一瞬一瞬を大事に出来る人でありたい。

オパールの指輪。
母の小さいぽちゃぽちゃした手によく似合っていたな。
少しサイズが小さかったのかいつもお肉がはみ出している様にも見えた(笑)

3連休最終日……
東京は少し雲が多いですが気持ちのいい朝です。
冬休みが終わりまたすぐ3連休!
いいのか悪いのか、何とも微妙でして……
眉間のシワも更に深く刻まれてきております(笑)

そして今日は成人式!
今思えば着物を着た写真が無い。
もう親元を離れていたせいもあり、仕事もありで成人式は参加しなかった記憶。
仲のいい友人と数人で集まり、根拠のない自信を語り大人になる不安と期待とで、いっぱいいっぱいだったほろ苦い思い出が…今では懐かしい。


はい、話題はお仕事へと……

今月は本当に沢山の雑誌にお世話になりました。
最後のおおとり(紅白で言うと、松田聖子さん)笑

Marisol2月号はカバーをやらせて貰いました。
カバーとして必要としてもらえる事の経験は、何よりも責任と自信に繋がります。

そして今回連載【いるものいらないもの】では、人生初の試みでした。
リセット力…

若い頃のリセットとは、大人になり確実に違う意味を持つ気がする。
最近感じるリセット力とは、何だか覚悟にも似た、腹をくくる感じ!(笑)  

今回はいつもの安心メンバーでチャレンジングな撮影を体感!
なんとシャッターを切るのは、泣いても笑っても1枚と言うと究極の荒技!(笑)
この時の自分を客観的に分析すれば、一言で言うと何かに取り憑かれていたとしか表現出来ません。笑
今考えると本当に怖くて、2度ともう出来ない気がします。
まさにビギナーズラック!
初めてなだけに怖いものもわからず、ただ本能に任せ体当たりした。
色んな形が決まり、カメラマン竹内さんと静かに向き合った。
スタジオの予定だったのが急遽ありのままに自然光で外撮影。
気持ちいい風が吹いた瞬間全くそこから記憶がない。
気付いたらフッとカメラのレンズの奥の奥を見つめた。
カシャとシャッター音が1回なった。
本当に1回だった。嘘じゃなく保険もなかった。
その時同時に自分の覚悟とカメラマンさんの覚悟が重なった。

しばらく放心状態……
心も身体もかすかに震えていたのは今でも覚えている。
そしてPCに写る自分の姿をなかなか見る勇気がなかった。
普段は100枚ある中1枚いいのがあれば最高!と思い被写体になる。
今回だけは違った。
そして学んだ。
また一つ険しい山をクリアー出来たような達成感にも似た心地よさも感じた。

何年経っても1回1回が真剣勝負!
任される仕事がある限り真っ直ぐに…そして

今年の目標は【揺るがない大きな木になろう】でいきます。笑

おはようございます。
今日の東京は完璧な冬晴れ!
仕事始めにはもってこいのお天気……
1年、自分のペースで自分の身体と向き合い頑張っていきます。
なんせ身体が資本!
みんなそうですね……

さて…
今日はGOLD2月号のお知らせです。
毎回GOLDでは、企画、打ち合わせ、リース、スタッフ決め、撮影場所の相談、そして撮影とかなり時間をかけ自分の中で描きたい絵を決めて臨んでいる仕事でもあります。
今回のテーマ【ファッションは生き方、究極のシンプルこそ私らしい】

いつもより更に余分な物をそぎ落としたスタイリングにしてみました。
アクセサリーはもちろんなし、小物もなし、純粋な究極シンプル。
シンプルな分だけ、人間から出る体温や経験や苦労や喜び、その人にしかない、その人が持つ雰囲気が最大のアクセサリーに匹敵する!と思う。

歳をかさね経験をつみあげてきているからこそ気づき始めた……苦笑
そしてこのページのお気に入りカットはこちら。 

私を知る近しき友人からは、こんな優しい笑顔見たことない!とやや辛口の評価ではありましたが、ジェームスパースの品と優しさに包まれたことにもよる現象だと(笑) 

撮影中も終始リラックスで、私的には大満足のページに仕上がったと思っています。
連載も含め是非ご覧ください。



↑このページのトップへ