清原亜希 公式ブログ

清原亜希 公式ブログです。

おはようございます。
今日の東京は完璧な冬晴れ!
仕事始めにはもってこいのお天気……
1年、自分のペースで自分の身体と向き合い頑張っていきます。
なんせ身体が資本!
みんなそうですね……

さて…
今日はGOLD2月号のお知らせです。
毎回GOLDでは、企画、打ち合わせ、リース、スタッフ決め、撮影場所の相談、そして撮影とかなり時間をかけ自分の中で描きたい絵を決めて臨んでいる仕事でもあります。
今回のテーマ【ファッションは生き方、究極のシンプルこそ私らしい】

いつもより更に余分な物をそぎ落としたスタイリングにしてみました。
アクセサリーはもちろんなし、小物もなし、純粋な究極シンプル。
シンプルな分だけ、人間から出る体温や経験や苦労や喜び、その人にしかない、その人が持つ雰囲気が最大のアクセサリーに匹敵する!と思う。

歳をかさね経験をつみあげてきているからこそ気づき始めた……苦笑
そしてこのページのお気に入りカットはこちら。 

私を知る近しき友人からは、こんな優しい笑顔見たことない!とやや辛口の評価ではありましたが、ジェームスパースの品と優しさに包まれたことにもよる現象だと(笑) 

撮影中も終始リラックスで、私的には大満足のページに仕上がったと思っています。
連載も含め是非ご覧ください。



遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。
世の中はお正月モードもすっかり消えて通常営業の景色。

私はと言うと昨年末ゆっくりと旅行に行き大晦日は毎年恒例紅白歌合戦!
年越し蕎麦の準備もばっちりだったのに、カウントダウンはぐっすりと夢の中。

相変わらず色気のない2016の幕開けです💧

今年のおせちも、いつもながら子供達の大好きな物の詰め合わせにしました。

鳥の唐揚げに、きゅうり、栗きんとん、大根の煮物等々……
亡き母のおせちもそうでした。
注文したおせちではなく私達が好きな物を、かなりな量作る人でした。
普段ならもう少し食べたいのに……で終わる所をお正月バージョンに!(笑)
今更ながら、母の想いを感じます。
そして真似して同じ事をしている自分にも笑えたりします。

冬休みもそろそろ終わろうとしている中、私もそろそろ仕事モードに入ります。
何でしょう、忙しくしているときは1日も早くゆっくりしたいと願っていたのに、急に仕事が終わるとバランスを崩すのか、拍子抜けしたのか、忙しくしている時の方が結構体調がいいという…
なんとも微妙な身体でして^^;
年明けは頭痛と肩こりに悩まされました。
よって、私はまだまだ忙しくしている方が健康にいいのだと学びました。笑
馬車馬頑張ります。

さてとお仕事のお知らせになりますが……
2月号は色々な雑誌にお世話になりました。
まずは【エクラ】

エクラが提案するJマダム、40代後半から目指したい大人の女性像。
少しでも自分が描く女性像に近ずけたくセルフスタイリングで挑戦してみました。

カジュアルだけでは決まらない年齢、でもカジュアルをうまくミックスする事が心地よい年齢。
カジュアルに大人の品格を添える……
今の私にはドンピシャです。
よかったらみて下さい。

今年もお世話になります。
どうぞよろしくお願い致します。


今年も残すところあとわずか……
皆様に支えられ、2015年静かに終わりを迎えようとしています。

年末に発表される今年の一文字、【安】でした。
毎年私も1年を振り返り自分なりの一文字を決めます。
いつもなら、何文字か候補があがり厳選なる個人的思考で決定するのですが、今年はなぜか?なのか、それしかないのか?
【働】でした。笑

覚悟を決めて、裸一貫で(笑)2015年に向き合った。
逃げも出来ず、目の前の現実をただただ真っ直ぐ受け入れる。
守るものの重要性を肌で感じ、生きていく事の難しさも学んだ。
だからこそ、
私のいる場所、私が出来る事、私しかやれない事がより明確に見えてきた。

【働】と一文字で表すには、それまでに沢山の感情が交差する。
働という事は、ありがたい事に仕事がある。仕事があるという事は私を必要としてくださる方がいる。そしてこの場所などで私を応援してくださる方がいる。  
やはりこの全てをひっくるめると感謝でしかない。

本当に本当に沢山の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。

来年は、また新しい事に挑戦します。
2015年突っ走れた事による自信をパワーに変えて、ハイオク満タンでスタート出来たらと思います。笑
来年も引き続き笑ったもん勝ち!でいきます。
くだらない笑いの中のエネルギーが一番だと信じ!
最後になりますが、
皆様にとりまして来年2016年が素晴らしい良き1年となりますよう……
お祈りいたします。

                                                   大晦日






↑このページのトップへ