元々は、1年の約束で今の職場に来たのです。
当時から出勤日には制限がありましたが、制限かけた方からのフォローがあったからそこそこ働くことができました。
その方は未だに私の事を気にかけていただいているようでありがたいです。

現在は出勤の制限を掛けるだけ掛けて何をするわけでもなく、彼らがやりたくない仕事を事務員である私達に振ってくるのです。
他の方々は受け入れているようですが、私は嫌です。
何故任せるのか?
その理由の説明は私にはなく、職員にだけ説明しているようで、職員からのせつは一切なくただやれと指示されます。

その他色々不満点があり、職場を良くしようと意見はするものの、結局出来ない理由を説明されて終了〜です。

意見して採用された事もありますが、それを上回るスピードで私に負荷が掛かってきます。

そんな中、耳鳴りを発症しました。
病院にも行きましたが、聴力に異常はありませんでした。
となるとストレス以外の何者でもないと私は思うのですが…
果たしてそのストレスが職場なのか身近にいる私の周りの人間なのかはわかりません。
両方かもしれません(笑)

私の現在の職場はザ昭和な環境です。
身を粉にして献身的に働く方が優遇されます。
手前味噌ですが、私は確かに自分自身が快適じゃない環境を変えたいと思い、意見を言っていますが、それは決して自分自身のためだけではなく、周りを見て、未来を見据えての発言なのです。
でも、それはいつの間にか別の方向に行ってしまい、周りや未来を見据えた発言が出来ずに、私は組織から逸脱したわがままな人間で片付けられてしまうのです。
これも潜在意識が呼び寄せているのでしょうか(笑)

少なくとも今のままだと、私の後任は来ないと思ってます。
仮に来ていただいたとしても、あまりの厳しさに逃げ出すのではないかと思ってます。
恐らく、来るのは余程献身的な方か、昭和を生き抜いた妙齢の方だと私は思ってます。
もしくは問題のある方とも思っています。

余計なお世話でしょうが、私なりに心配はしてます。

営業マンが主体の職場なので、どうしても事務員は引き立て役と言うか、何でも屋になりがちですが、だからと言って事務員の仕事量を考慮せず、彼らがやりたくない細々した仕事を押し付けて言い訳がありません。
事務員も人間です。
感情を持っています。
ただ面倒だから、嫌だからと言う理由で押し付けた仕事は、形を変えて貴方達の元に帰って来ますよ?
それで本当に幸せですか??

私は、職場にいる方々がWIN-WINの関係で、皆が幸せになれるように、私なりに力を尽くして来たのですが、この職場の皆様はそう言う物は必要ないようです。

だとしたら私が取るべき選択肢はただ一つ!

退職

です。

組織は否が応でも皆が同じ方向に向かってないと、目標を達成出来ないようになってます。
その中に異質な人間がいたらただただ攻撃の的になるだけです。

私は私が幸せになれない職場で働きたくはありません。
辛い思いをしてまで働きたくはありません。

私は令和の先を生きる人間です。
昭和や平成にしがみつくつもりはありません。
今の職場は令和には連れて行きたくありません。
なので、決別です!

私は一度決めたらテコでも覆さない人間です。
退職の流れも聞けたので、これから色々と詰めて行きます。

5月中旬には結論を出す予定です。
私のこれからの人生に幸あれ♡

昨日、職場のアドバイザー的な方に退職の意思を伝えました。
でも、決定ではなくあくまでも意思を伝えただけではありますが、いずれは上司にお伝えするつもりです。

私が考えているXデーは6月末です。
7月からシステム変更があるので、タイミングとしては丁度良いと考えたからです。

色々、限界なのです。

本日の職場での出来事。
15:00過ぎに、天皇皇后両陛下のパレードがあったらしく、皆が大騒ぎ…

そんな中、事務チームで働く女性陣が揃いも揃って

「天皇皇后両陛下を間近で見たい♡」

と、目をキラキラ輝かせているではありませんか…

そんな中、私に

「キティさんもパレード見に行きましょうよ!」

と声掛ける女性陣。
私はそんな暇ないので塩対応でお断りしました。

ここで私が言いたいのは、キャッキャ言っていたのは事務チームの女性陣だけではない。
入社2、3年の女性職員も100歩譲って大目に見よう。
何と、大の大人である上司もワイワイ騒ぎながら見ていたのだ。

私からしたら、うるさくて堪らない!
私に与えられた実働5時間でいかに効率良く仕事を終わらすかを日々考えて仕事を組み立てている。
なのに他の職場の人間は、ダラダラ仕事をし、何時間も無駄に残業している。
私は立派な給料泥棒と思っています。

それはひとまず置いておいて…
営業の仕事が大変だ!
営業は外回りをたくさんしろ!
事務方は営業のサポートをしろ!

と言っている人間が、仕事そっちのけで騒いでいるのが私は許せないの。
そして…
パレード見に行く暇があったら、私に仕事振らないでご自身でやっていただきたい!!

確かに、パレードなんてそうそう見られるものではないから、見たい気持ちはわかる。
私も仕事山積みでなかったら見に行きたかった。
でも、仕事を選んだのは私。
その選択は微塵も後悔していません。

と、話が逸れに逸れましたが…
普段私以外のチームメンバーはお互いの腹を探り合ったり粗を探して陥れようと、虎視眈々と機会を伺っている。
それでも雑談はしたり、何かあれば妙に結束する。
以前はそんな仲良かったり悪かったりする状況が理解できずイライラしていたけど、今はただただ面白いの一言に尽きてしまうのだ。

結局、同人種の同じ穴の狢なんだなあ〜と興味深く観察してしまったのでした。

いやはや、パレードを見に行く時の結束力と言ったら、滑稽でしたよ。

あと、ついでに言わせて貰えば…
行動は完全にオバサンそのものでした。

私も年齢的にはオバサンですが、ああはなりたくないと心に決めたカットでした。

↑このページのトップへ