朝ドラ『わろてんか』で落語指導でついていただきました、林家染左師匠。
今回、ずいぶんとお世話になりました。

“ふだん役柄を演じて入り込むでしょうが、
落語はその6割か7割ちょっとくらいで いい塩梅だったりする時もあります。”

へー、ほんまかいな。
と 半信半疑。
実際試してみて、なんたが中途半端で、どうも気持ち悪い。
でも稽古してるうちに だんだん わかってきました。
100%で熱演で演じ分けると、おっつかない💧
相手役がいたら丁々発止もできるけど、
怒ったり、泣いたり、笑ったり、1人でやるわけだから
あー これムリだわ、と。

でも ここぞ!って時とかにフルスロットルでいったり…
なんだか、落語だけの妙や面白さに少しだけ触れることができた気がします。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1788.JPG