月別アーカイブ / 2015年09月

自宅 晴れ


ここ数日ずーっと向き合って
新しい恋人Macちゃんにも慣れ始めてきたので、
本日は新しい音楽ソフト(Protools)のお勉強中です。


パソコンと機材との設定やらなんやら
朝から頭が張り裂けそうである。




更なる高みをーってんで、今までの作曲環境からほっとんど変えたんだけど、
勉強中だから作曲作業が進んでないのがまた歯痒い限りです/(^o^)\


新しいギターのアンプシュミレーターだわーいとかいって、

時折一人でワクワクさせているのですが、
いかんせん操作方法がわからなくて
まだまだ頭を使います。



そんな作業をしている中で
マネージャー様から、
ついこないだの四拍子千秋楽新木場スタジオコースト写真ですっつって、
記念写真が届きました。

これ見たら、
なんか癒されたよ。なんか燃えてきたYO\(^o^)/



そういえばこの日・・・
この二人あざとかったな・・・笑。




俺の方が身長おっきいし(ちっちゃいし?)とかいって。笑


くそがwwww




ぼ・・・ぼぼぼぼぼぼ、
僕がそーゆーやりとりしたかったなぁ。笑




たけ丸はファン様に会いたい度が10上がった。



さよなら1

自宅 晴レ



遅ばせながら、
四拍子ツアーファイナル
新木場スタジオコースト
楽しかったーヒャホーイ\(^o^)/



の前に、
話さなきゃね。この前の発表の事。



つい先日、己龍さんもといBPレコード3バンド
今後の(年末の)活動が発表されました。



びっくりした?
びっくりしましたよね?
まあ・・ある意味告知に対して
バレバレだったと思うけど!笑



九条さん自身もな?この企画を事務所から持ち込まれた時、
ぶっちゃけると最初戸惑いはあったよ。


まず、
今の己龍さんが新曲出す~まではいいけど
シングルじゃなくてオムニバスCDリリース?って・・・
なぜっ?て思った。単純にね。


BPレコード所属3バンド、己龍、Royz、
コドモドラゴンの事を全部同じように好きですって
ファン様だったら単純に嬉しいと思う。
CD一枚買えば3バンド分の事足りるから。
だけど、ファン様全員が全員3バンド好きって訳じゃないから、
え?ってなるファン様もいるよな?


それに、
自分美学の中には、オムニバスCDで新曲を出すって定義が
あまりなかったから最初は驚きました。笑


これは制作サイドの視点になってしまうんだけど、
この形でリリースする事になっていい事もあったんだ。
そんな話をするね。


いつも制作に本気になってはいるけど、
今回のリリース企画のおかげでいつも以上に楽曲制作に身が入ったのは事実。
作っては消して作っては消して。とち狂ったような曲作ってやる。
他のバンドの楽曲まで一枚のCDに入る訳だから、
やっぱ己龍さんは違うぜ!っていってもらえるような曲作ってやるって思った。
武道館公演やった後にこんな曲出すのかよ?っていわれるような曲を作りたいって
思いはぶっちゃけ元々あったけど(笑)、その気持ちだけじゃダメだって思って
めっちゃ思考錯誤した。聞いてくれたら感じるよ。
九条さんの怨念。笑
九条さんの怨念アレンジがどぎつすぎてカップリング扱いになってもーたけど。笑
「煉獄」聴いてね。笑
相方参輝先生がつけてくれた(作詞してくれた)タイトル「煉獄」。
すっごく曲を作った時のイメージにぴったりだった。


「煉獄」もそうなんだけど、他の曲が完成した時も、
この企画が持ち上がってなかったらここまでの楽曲は
仕上がらなかったのかもってくらいの手応えがあります。ぶっちゃけ。
それくらい完成度高いと思う。どの曲も。


ほら、己龍さんのメンバーって基本音楽に
ストイックだから。こーゆーとこで出ちゃうんだな。
なんつって。笑


あ、ハードル上げすぎた。笑
えっと・・・あ、お楽しみに\(^o^)/



そして、
更なる企画は共作ソング!!笑


これも最初聞いた時は戸惑いました。笑


最初この話を聞いた時、
ぶっちゃけ校歌ですか?って思った。
でも学校じゃなくてレーベル会社の歌だから社歌だね。笑


社歌ktkr・・・笑
朝礼とかで歌うのかな・・・。歌ってたら面白いな。笑


とか最初笑ってた。笑
ただ制作をしてみたら案外面白かったんだよね。


相方参輝先生が楽曲「繚乱レゾナンス」の基盤を作ってくれて、
コドモドラゴンのハヤトがライブでのりやすいようにって
リアレンジしてくれて、九条さんシンセアレンジお願いしまーすって
繚乱レゾナンスの楽曲がやってきました。
この時点では、イメージわかずに何したらいいかわからないなって
手探りでアレンジをしていました。
そこからRoyzの昴が歌詞を乗せてくれてプリプロ音源(歌録り音源)をくれたんです。


で、
昴の歌詞を読んだ時かな?
自分の中で共作ソング「繚乱レゾナンス」に対して、一気にイメージがわいたんです。
この曲もっとこうした方がよくない?共作ソングはこーあるべきだ!笑
いきなりコンポーザー魂に火がつきました。
昴が書いてくれた歌詞が九条さんの心に火をつけてくれたんだ。
こーゆー作曲工程もあるんだ・・・って、新しい発見でした。
ちょっと感動さえした。


んで、
その時は既にPV撮影日一週間前。
事務所に電話して共作ソングをこんな感じにしたいって話をしたら、
いきなり事務所内がいいねって盛り上がった。
まさかのPV撮影ロケ地とか諸々全部変更になった。
自分の些細な意見一つで大勢の人の動きの流れが
変わってもーたっていう責任感もあってか、
九条さんは時間がない中でも再度楽曲のリアレンジ。
ファンの皆様に秘密にしておかないといけないから、
水面下で毎日毎日朝まで作業してた。大変だったけどワクワクしながらやってた。
ちなみにこの話は四拍子のツアー中な?ついこの前の話。笑


で、
作業の途中で気がついたんだ。。。
今回の企画に対して、最初戸惑ってたのに
社歌ktkrとかいって笑ってたのに、
気がついたらめっちゃ本気になっとる。めっちゃ楽しんどる。笑


今日のブログでさ、
みんなに何が伝えたいかっていうと、
今回の「FAMILY PARTY」って企画、
飛び込んでみるとすっごく楽しかったりするんだ・・・
普段見る事の出来なかったものが見えるっていうのかな?


レーベル3バンド皆大好きです。ってファン様達以外は
今回の企画発表に対して、

え?

なるのかもしれません。
最初九条さんが感じてた戸惑いと似てたりも
するのかな?笑


ただね、それは現段階での話。


確かに無機質なテキスト告知だけ読んだら、
????ってなるのかも。色々唐突だったもんな。
まず九条さん自身がそうやって思ってたから。笑


ぶっちゃけ中身を見ないと
伝わらないのかも。笑


蓋をあけてみると楽しいが広がってる。


まずはCDを音楽を聞いてほしいな。


己龍さんに限らずだと思うけど、
他Royzもコドモドラゴンも同じ気持ちで臨むだろうから、
半端ない音源になるのかもね。


期待してていいよ。



さて、
ここからは分かりやすく九条さんらしく
もっとポジティブに書いていこうか。笑


レーベルツアーについて。


己龍さんからしたら
四拍子ツアーが終わったばかりでの矢先の
レーベルツアー告知。また対盤?なるよね。笑


ポジティブに考えてみて?
例えばレーベルメンバーのシャッフルインスト。


トーク会の話をすれば、
己龍メンバーだけでやるトーク会と
普段と違うメンツでやる事により、生まれるトークがある。
だってレーベルツアーという事は、己龍さんは先輩って立場である。
いつもは対等である己龍メンバー同士でのトークに加え、
後輩まじえてのトーク会。
普段としゃべる内容や口調、は絶対変わるよな?
いい部分でも悪い部分でも好きなメンバーの新しい一面が見られるのは必須。笑
ぶっちゃけ少し怖いけど楽しそうでもある。でもやっぱコエー/(^o^)\笑


レーベルツアーでのライブ。どうなるんだろうね?
九条さんの中ではまだ未知数な部分あるけど。笑


イベントツアー終えての、イベントツアー告知、
ワンマンツアーとは違って時間が短いライブが続くのは
寂しいって気持ちは己龍メンバーとしても勿論あったから。
だからさすがに・・・って思いから、
12月16日の己龍生誕祭は無理矢理昼間に単独公演をぶち当てました。
これは相方参輝先生が出してくれた案。
イベント同日昼間に単独とか目から鱗オチタヨー。


で、ここからが大事な話。


とりあえずこのブログ記事で、
今回の企画に対しの制作過程だったり、
自身の思いや考えの経緯を長々と書き綴ってきました。


最初は戸惑っていたけど、
時間の経過と共に色々思い返してみたりしていたんだ。
これまでの己龍さんってどうやって活動してきたっけ?って。


己龍さんの活動も8年目。色々ありました。
道に迷った事も沢山あったし、
次の活動何をしたらいいんだ?何をしよう?
悩んだ事なんて星の数程あります。


メンバー全員で話し合ったりも沢山したし、
事務所ともすごく話し合った事も沢山ありました。
もちろんその中でもファン様達の存在もすっごく重要性高いんだけど、
今回の記事では割愛させてください。ごめんね。


自分の中でこれまでの活動の中、
一番貫いてきた事ってなんだろう?って
考えてみたら、


チーム感。
すなわちファミリー感なんだよね。


メンバーであったり事務所のスタッフ様であったり
誰一人突っ走る事はしないし僕もしない。
仮に1人のメンバーが素晴らしいアイディアだったり企画をだしたとしても、
他の皆が納得しなければそれは間違いである。
それなら皆が納得する別の企画を考えよう的な。
どんな些細な事でも全員が納得するまで答えを導きだして活動してきました。
メンバーも事務所に対しても、
皆が皆、バンドの事をファン様の事を
一番に考えてくれてる組織って信じてるし思ってる、
これまでもそうやって二人三脚で歩いてきたから今がある。
だからこれからもそうしていこうっていうのが九条さんの考えです。


後輩であるRoyz、コドモドラゴンに対しても、
最初の己龍さんの単独巡業でのO.A出演での出会いから、
彼らと出会って巡業を廻り、教えられた事も沢山ありました。
あいつらがいなければ、今の己龍さんはありえない。
そう断言できる存在です。


で、
話をまとめるとな?
みーんなひっくるめて共に歩いてきたんだ。


だからねタイトルもファミリーパーティー。笑
わかりやすいでしょ?ファミリー。笑
和製ホラーコンセプトの己龍さんの名前の横に
ファミリーパーティーの文字は全然似合わないけど、
それしかないって思いだったし、それがわかりやすいって思って。笑


今回の巡業テーマは
メンバー、スタッフ、ファン様ひっくるめて
ファミリーです。


そういったメッセージを伝えていけるものになったらいいな。
馴れ合いとかそういったものになるんだったら九条さん自身ゴメンだけどね。
その気持ちは皆も一緒だよね?笑


そういった絆を再認識し、
深めるためのものであり、深められるツアーになるんじゃないかなって
思っています。


まだどうしようって悩んでるファン様達も
まだいるのかもしれません。


一度信じてついてきてほしいな。


色んな事考えてるし、
色んな可能性をひめているツアーだという事は
間違いないと思います。


さて本日よりレーベルツアーのFC先行受付の開始です。
皆、よろしくな\(^o^)/




さよなら!



9月28日になんばHatch~Royz 6th Anniversary ONEMAN LIVE~【6HEAVENS】にて
終演後配布致しました「B.P.Magagine06」裏表紙Royzフライヤーに
掲載されています2月14日(日)に行われる
『Royz ONEMAN LIVE 昴生誕祭スバフェス 2016 ~やっぱ昴さんってスゲーよな。この人神だわ。』の出演に記載されている、
己龍・コドモドラゴンの出演はございません。
また開場・開演、チケット代につきましても下記に正しい情報を記載させて頂きます。
印刷ミスにより混乱とご迷惑をおかけしてしまい申し訳ございません。
今後、このようなミスがないように勤めてまいります。大変なご迷惑をお掛けしな
がら恐縮ではございますが、今後とも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。



昴生誕祭決定!!

Royz ONEMAN LIVE 昴生誕祭
スバフェス 2016 ~やっぱ昴さんってスゲーよな。この人神だわ。
※特別出演あり

【日程】2016年2月14日(日)
【会場】CLUB CITTA'
【開場/開演】17:00 / 18:00
【チケット代】前売/当日 ¥4,000/¥4,500(D代別)
【チケット】
 FC先行:2015/10/20(火)~10/26(月)
 一般発売:2015/12/26(土)~
・Lコード:75670
・Pコード:277-982
・イープラス:http://eplus.jp/
 入場順:FC先行(A)→プレイガイド(B)→当日券

【問い合わせ】
 H.I.P. 03-3475-9999 / www.hipjpn.co.jp/

↑このページのトップへ