月別アーカイブ / 2018年12月

単独巡業「転生輪廻」千秋楽公演お疲れ様でした。

非常に充実感のある良き巡業、そして千秋楽公演でした。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1078.JPG

己龍の所謂「らしさ」が全面に押し出されたアルバム全13曲を含めたセットリストは、正に「今」そのものだったな、と。

やりたい事をやっていかなければ意味がない訳で、メンバーそれぞれ「やりたい事」は様々です。

表現、発言、考え…全てがバラバラの5人でも、ステージに立てばそれを成立させる説得力がある。

それが己龍であり、それが出来るのは11年を共に歩んで来たからこそです。

武政が最近「今の己龍の雰囲気、空気感がとても良い」と言う事が多く、それはバンドの強さだと感じてもいます。

眞弥が巡業中に喉を壊しかけても、何とか走り抜ける事が出来たのはその強さあっての事、そして支えてくれた皆、支えていくべき皆がいたからこそです。

その感謝の気持ちをしっかりと返せた千秋楽の2時間でした。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1075.JPG

転生輪廻に出て来る「おかえりなさい」のフレーズ。

己龍自体が皆にとっていつでも帰ってこれる場所であるように、そして日々のループから抜け出す為の救いであるように。

そして、己龍が常に前を歩く事で皆の日々に少なからずの変化、一石を投じる刺激であるように。

ここに来てやっと転生輪廻の答えを示せたかな、と思います。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1077.JPG

周りからみたらバカな事だと言われるかもしれないし、結局のところヴィジュアル系と言うジャンルがまだまだアングラなのは仕方ないと思う。

日本全国、海外にまで足を運んで、頭振って身体中にアザ作ってボロボロになって…。

でも、どんなにバカな事でも必死になれる何かがあるって事が大事だと思う。

私は今、「生きる事」に必死になっています。

人生賭けて、命削って無から有を生み出している。

死なない程度に無理をするスタイルはこれからも変わらないと思う。

でも、結果として自分達を救い、皆を救い、共に歩く為の糧になっている訳です。

千秋楽だけでなく、皆が足を運んでくれる公演やインストアイベントの一つ一つがソレです。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1073.JPG

千秋楽公演や巡業の感想、思い出とは少しズレた内容のブログになったけど、今の気持ちを書こうとしたらこうなったので…まぁ、そうなんだと受け止めて下さい。

これからも5人で己龍を掲げていくので遠慮なくぶつかってきて下さい。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1076.JPG

諸々告知ありました。

FC限定公演やります。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1071.JPG

「節分」と書いて「せつぶん」と読みます。

特に捻りは無いです。

鬼にまつわるセトリは組めても福にまつわる曲がないので困っています。

私の生誕祭やります。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1061.JPG

今回は新潟です。

今までソールドさせた事の無いハコを冠つけてでもソールドさせたいと言う私の勝手な野望です。

何度も言ってますが、お歌のリベンジします。

コンセプト公演やります。

「月ノ姫」

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1068.JPG

またメガネ買ってきます。

「鬼祭」

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1069.JPG

またブーツ買ってきます。

「愛怨忌焔」

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1070.JPG

ちょっと前に着たのでこれは準備万端です。

20枚目のシングルが3/20に発売されます。

「閃光」と書いて「せんこう」と読みます。

「我慢をしない」をテーマに詩を書いています。

でもMVのイメージは「民度の低い下品な花見」です。

新しいアー写が数年前のハヤトに似ていると言われます。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1062.JPG

言われると確かにですが、無意識なのできっと近しい何かがお互いの引き出しにあるのだと思います。

単独巡業します。

「光芒一閃」と書いて「こうぼういっせん」と読みます。

名古屋スタートとか珍しいですね。

千秋楽は黄金週間の〆日です。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1072.JPG

また春にバカやってお互いの命を紡いで繋いで生きましょう。

ざっとそんな所でブログを〆ます。

2019年もお世話になります。

その分エンターテイメントでお世話させて頂きます。

改めて「転生輪廻」お疲れ様でした。

では、また。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1060.JPG

追伸

沢山のお花、ありがとうございました。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1087.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1086.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1085.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1084.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1083.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1082.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1081.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1080.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1079.JPG

遅くなりましたがお疲れ様でした。

己龍の11回目の生誕祭でした。

早いものですね。

決してキリの良い数字ではないですが、毎度数えていけるのは幸せな事だと思います。

巡業中に行われるこう言う冠を付けた公演に関して、私達は本来の巡業から切り離して考えております。

なので今回も福岡公演のみ「転生輪廻」にあらずでした。

FC会員対象で「メンバーに歌って欲しい曲リクエスト」と言うモノを募り、それに関連した衣装を着て公演を行う、と言う過去衣装を掘り起こしてくる年に一回か二回くらいの催し物です。

今回、私の投票の映えある第1位は「明鏡止水」でした。

なので衣装も「明鏡止水」でした。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1040.JPG

少し前に「明鏡止水」公演を行ったからか、割と記憶に新しい。

まぁ、メガネは毎回新調ですがね。

言うても100均の老眼鏡のレンズ抜くだけですけどね。

今回は贅沢に20個程用意させて頂きました。

全部投げました。

「明鏡止水」の衣装ではあり得ない時間軸の曲達。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1039.JPG

この非現実を楽しんで貰えたなら何より。

ギターの色味が中々に衣装と合っている。

良きかな。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1038.JPG

公演内容はいつもよりも柔らかい内容だったと思います。

セットリストではなく、雰囲気が。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1043.JPG

当たり前の様に毎年「生誕祭」を行っていますが、とても特別な事です。

それを噛み締める2時間でした。

ただ、それも既に思い出になっている事が儚くもあり、もっと先を、前を向いていかなければと感じております。

皆に、メンバーに、後輩に、スタッフに背中を押される事は多々あります。

それでも私は先を走って、皆を引っ張って行きたい人なのです。

個人的な主観で言えば誰かについて行く方が遥かに楽だと思います。

でも、それだと何も産み出せないので先を歩きたいのです。

無理は常にします。

無理せず何かを成せる人は天才であり、私はその差を努力で埋めるタイプの人です。

そこから紡ぐ想いや考えが音や詩、ステージでの姿等から皆により深く刺さるこれからになればと思います。

そんな訳で12年目も宜しくお願いします。

1発目のステージがTOKYO DOME CITY HALLと言う大舞台です。

もう今日ですね。

沢山のご来場をお待ちしております。

11年の節目と12年目の門出に駆け付けてくれた皆、各地から想いを届けてくれた皆に大きな感謝を。

ありがとうございます。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1047.JPG

では、また。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1037.JPG

追伸

お歌は2/24にリベンジします。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1045.JPG

追伸 其の弐

ツアーO.Aとして一緒に全国を回って、公演を作り上げる為の手伝いを全力でしてくれたBabyKingdomもありがとう。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1041.JPG

追伸 其の参

沢山のお花ありがとうございました。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1048.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1050.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1051.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1049.JPG

↑禊にちゃっかり乗っかる「でいじーすとりっぱー」

今回は迷い無く選べたので私の心は穏やかです。

今回はこちら。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1059.JPG

先日福岡ドラムロゴスで行われた11回目の己龍生誕祭のステージで明鏡止水の衣装と合わせる為に急遽購入したブーツ。

一度しか着用してないので、ほぼ新品と言う名のあからさまな中古です。

サイズは27センチなので女性にはかなり大きいかと。

ディスプレイかペン立てにでも使って下さい。

男性は多少大きかろうが中敷きとかで頑張れば履けるでしょう。

これより足が大きい人は造花でもさしておいて下さい。

用途は盛り沢山なので使い道には困らないハズ。

千秋楽公演は明日。

TOKYO DOME CITY HALLです。

お待ちしております。

では、また。

↑このページのトップへ