先ずはお疲れ様。

駆け抜けた2022年の春。

伝えたい事をぶちまける楽曲を引っ提げて巡業をしている己龍ですが、今回も御多分に洩れずでした。

「世の中、そして人間に不変も普遍も無い」
「私は私の為にどう生きる?」

これに尽きる単独巡業「是空是色」でした。

私はこういうお仕事をしている身なので一般職に比べたら自由度と言うか物事の考え方の振り幅はかなり大きく取れていると思います。

Instagramのストーリーでやっている質疑応答の場でも

「無責任な事を言うな」
「貴方だから言える事」
「知った風な口を聞くな」

とご意見を賜る事が少なくない私です。

ですが、結局「自身の何かを変える」事が出来るのは自分だけなのですよ。

ちょっとした行動や発言で簡単に叩かれる昨今です。

それがしんどい人もいるでしょう。

私も同じです。

意味もなく叩かれたい人なんてそう居ないでしょう。

ですが…憧れ・理想に対して指を咥えていても何も変わらんのです。

せいぜい指の皮がふやけるくらいです。

羨んで罵詈雑言を吐いても何も変わらんのです。

酷く虚しくなるだけです。

人生に勝ち負けがあるかどうかはわかりませんが、少なくともそこに対して優劣をつけれるのは自分だけです。

命の終わりに「良い人生だった」と言えるかどうかだと私は考えています。

だからこそ我々は九条武政を送り出したし、自分達がやりたい様にやろうと動いた「是空是色」でした。

その巡業の中で改めて感じたのが結局の所、「究極の自己満足」です。

我々がやりたいエンターテイメントは「サービス業」ではないのです。

勿論、其処に金銭が発生している以上楽しんで欲しいし楽しませてあげたいと言う気持ちはありますが、媚びてまで縋ろうと言う気持ちもないのです。

故に我々は自分達が思う「楽しい」をぶちまけて行くので「勝手に楽しんで」と言うスタンス。

それが「是空是色」を終えた今、私が立っている解の一つです。

そんな自己満足が音源として形を成したのが次作「蠱毒(こどく)」となります。

楽曲の構成・メロディーラインで奇を衒ったり、歌詞を複雑にしたりとやりがちな私ですが、今回は「ストレート」に仕上がっていると勝手に思っております。

いつもと変わらず意味がわからんと言われたらそれまでです。

でも私が「ストレート」だと言ったら「ストレート」な訳です。

そんな「蠱毒」と武政の書き下ろしの新曲を引っ提げて回る夏の巡業「蠱毒厭魅(こどくえんみ)」。

夏は冬に比べたら圧倒的に北に行き易いので改めて「帯広リベンジ」です。

札幌や青森もお久しぶりになるし、西の広島もお久しぶりです。

FC限定のファンミーティングなるモノも各地で企画してます。

内容は追々。

千秋楽公演は9月19日「KT Zepp Yokohama」と言う事で、遂に東京が〆と言うパターンからも逸脱し始めました。

まぁ、其処に特に意味はないですが…行った事のない会場を存分にたのしめたらと言う所です。

そしてちょっと気が早いですが15周年の記念公演として12月15日「東京ガーデンシアター」が決定しました。

規模感的には日本武道館くらいを想像して貰えたらと思います。

毎年の事なので生誕日である12月16日の予定を空けてくれていた皆には申し訳ないですが、今年は15日です。

「記念としてデカい会場でやりました!」
「素敵な思い出公演をありがとう!」

みたいな感じではなく、相応しいバンドとしてそのステージに立ちたいと考えており、皆で其処に向かおう!と言うよりはしっかり着いてこいって感覚が近しいかな?と感じております。

とは言え、皆の応援があったからこそ…そして背中を押し続けてくれるから決める事が出来た大きな会場でもあります。

ありがとうございます。

これ以上の感謝は各会場で公演を以て伝えていければと。

取り敢えず残りの2022年の己龍にも期待をして頂けたら何より。

では、また。



追伸・其の壱

「是空是色」千秋楽公演の感想としては素晴らしき景色をステージから観れた事が一番の何よりでした。

ちゃんと表現したいモノを具現化し、理性も狂気も全部ぶち撒けてきた。

それは配信を改めて観て貰えたら伝わると思います。



追伸・其の弐

今後の公演の内容についての我々の方針として各会場・そして行政が出しているガイドライン上で問題がなければ「公演中の発声やモッシュ・ダイブ等」を解禁して行こうと考えております。

状況は刻一刻と目まぐるしく変化していきます。

明日はOKでも明後日はNGになるかもしれない。

本当にそんな状況です。

「なら最初からやるなよ」

と言う意見もあると思いますが、だったらそれこそ最初から公演自体をやるべきではないと思いますし、我々としても現状の公演が本来やりたい事ではないですし、奪われたモノを皆で少しずつでも取り返していこうって話です。

今後の公演のチケットの申し込みや購入の際は上記を念頭において頂けると幸いです。

よろしくお願いします。

いきなり冬感が凄い🤔



そんな本日🤔

先ずはお疲れ様でした。

現地で参加してくれた皆、配信を観てくれた皆に感謝を。

私が個人的にもう一度立ちたいと強く思っていたライブハウス「豊洲PIT」にて、この公演が出来た事を嬉しく思います。



配信も観ましたが、「雪、黒業ニツキ」の雪が降ったり、スモークが足元に溜まったりする演出は想像以上に良かった🤔

アコギシミュレーターとリアルアコギの違いもちゃんと出てた🤔



割と初期を彷彿とさせる曲がチラホラ組み込まれつつ、最近の曲も散りばめたセットリストであり、周年感がある内容。

それでも今回の巡業「雪月風花」の集大成もちゃんと示せた実感も有り。

「勢い任せに暴れ倒す」



これは昔からある己龍のライブのスタイルの一つであり原点。

十四年と言う経験の中で

「魅せる」



と言う概念が加わり、ライブが「楽しませる場」から「表現をする場」に変化。



そして「共に暴れて没入させて魅せる場」と言うハイブリッドな形に進化したのが「雪月風花」であり、今の己龍だなと改めて感じております。

曲順の変更やビジョンに映し出される内容、演出のあれこれ、特に最後に放たれたテープの色…銀にするか、銀にするか、メンバーカラーにするか…選択肢は幾つもあった中で即決+満場一致でメンバーカラーに決まった事が個人的に嬉しかったな、と🤔



ただ、今回の公演は武政の活休前最終公演という事もあり…正直な所、もっとお通夜みたいになるかと思ってたら意外と和やかだった…🤔



勿論「楽しい」だけで終われない気持ちが皆にあるのもわかるし、箇所箇所で涙を見せる人が居たのも知ってる。

それでもああ言う空気で公演が終幕したのは…多分、「九条武政」だからなのだろう、と。

そして、やはり皆よりもかなり早い段階で我々がそれを受け入れていたからなのだろうと。



己龍としても、武政個人としても今皆に示せるのは「これからに期待をして見ていろ」って決意だけなのでそれぞれの本気を見せつける十五年目になりそうだな、と感じております。



最後、お見送りについて…

キャパや発声など、様々な制限下での公演が続く昨今…このまま一方的にステージからの言葉や想いを投げられるだけで「さようなら」ってのは余りにも残酷だな、と考えた訳です。

会場、事務所、製作…様々な部署にライブでの発声…せめて武政の名前をお客さんに呼ばせてあげたい!と掛け合い、そんな我々の気持ちを汲んで終演後の「お見送り」と言う形でそれを叶えて貰えました。

我々の自己満足と言われても、この一事が私は何よりも嬉しかったし、5人の己龍が現状してあげられる最大限だと考えた結果です。

長い時間、寒い中での規制退場に協力してくれた皆、どうもありがとう。

そして改めてチーム己龍にも感謝だ🤔

そんな訳で十五年目の己龍が始まって行きます。



先ずは27枚目のシングル🤔



「是空是色(ぜくうぜしき)」

今回メインアー写の公開のみですが…

「速い!うるさい!節が利いてる!」

早い話が

「味濃くて美味ぇ!」

って奴です🤔

期待して頂ければ何より🤔

とは言え、武政が居ないステージを見る事が、五人じゃない己龍を見る事が辛い…と言う気持ちが在る事も理解してます。

だから「無理をしてでもこれからも応援宜しく!」とは言わない。

ただ「食わず嫌いのまま、さようなら」はして欲しくない。

会場でも、配信でも良いので新たな決意でこれからの己龍を作り上げていく我々を一度でも受け止めて、その後を決めて頂きたい。

カウントダウン、私の生誕祭、そして次回単独巡業「是空是色」で待っております。

改めて「ありがとう」と「お疲れ様」🤔



さぁ、十五年目を始めよう🤔

では、また。


お疲れ様でした。



本当にあっという間の巡業でした。

まぁ、本数自体が少なかったので当たり前と言えば当たり前な訳ですが…それでも体感時間としてやはり短いな、と。

群馬県は高崎市から始まった今巡業ですが…「大丈夫か?」と言うのが最初の感想でした。

と言うのも前回の「千幾鵺行」は全てが大きな会場だったが故にそこまで気にならなかった「制限」と言うものが小箱になる事で目に見えて鬱陶しいな、と。

「制限下でも楽しめるライブを!」と言うのは大前提な訳ですが、制限かの為の曲を作るなんて事はしていないのでやはり理想と現実の差異が生まれる訳です。

その差をどう埋めていくか、将又…それは無理矢理どうこうではなくて他の道があるんじゃないか…試行錯誤しながら公演を重ねて行く事でバンドとして現状をどう受け止め闘って行くかが見え、その集大成として千秋楽公演を迎えられたと言った感じです。



昨晩、帰宅後や本日も配信をアーカイブで見返していますがやりたい事はやれてるし自分でみても己龍は格好良いと思える映像になっていたのでやはり大正解でした。

「絶唱」から「螢」まで…僅か1時間にも満たないその中で己龍の良さを存分に叩きつける事が出来る「曼珠沙華」と言う作品は最高傑作に他ならないな、と改めて思えた1日でした。



そして今回千秋楽公演と同時に「九条武政生誕祭」も兼ねていた訳ですが…

武政がやりたいと言っていたペンラ(サイリウム?)の演出。

己龍ではまず見る事のないステージから景色は新鮮で、それを嬉しそうに眺めている武政が見れた事が何よりでした。



演出に協力してくれた皆にも感謝。

全てを終え、眞弥から「今後のインストアイベントへの不参加」のお知らせ。

そして「九条武政活休」の報告。

どちらもチーム全員で話し合って決めた事です。

こうして淡々と報告するバンドを目の当たりにして皆からはかなりドライに見えるかもしれません。

勿論、皆と同じように不安や戸惑いを感じました。

まぁ、当たり前です。

ただ、皆よりも早くそうなる未来を受け止めていたので我々の中では既に気持ちの整理がついてしまっている状態です。

だからこそこれからに向けて「やるしかねぇ」と言う気持ちな訳です。

あ、自棄になっているとかではなく、前向きにやる気に満ちていると受け止めて下さい。

ワクワクしていると言うと不謹慎に感じられるかもしれませんが、新たな挑戦に対して下を向きたくないって話です。

眞弥の事も武政の事も我々が決めた事であり、それが現状の己龍にとって…そして己龍を1日でも長く続けていく為の最良だと判断出来たからこその決断なので。

少なくともまだ終わっても無いし始まってもいない。

蓋を開けるまでどうなるか分からない事に対して怯えていても仕方ないし、それこそ我々がそんな状態で皆を引っ張っていく事なんて出来んのです。

と言う事で新たな作品と巡業のお話です。





自作は「雪、黒業ニツキ(ユキ、コクゴウニツキ)」。

発売日は11月1日。

我らが一色日和の誕生日です。

今回はそれもあって作詞、衣装、MV、ジャケットデザイン等あらゆる所でひよちゃんに舵取りをお願いしました。

普段、私が舵取りをする事が殆どなのでどういう作品や巡業になって行くのか…それが単純に楽しみです。

最早、己龍単独巡業「一色日和」になるかもしれない。

多分ならない。

発売日と同日の11月1日に川崎クラブチッタで行われる「一色日和生誕祭」から単独巡業「雪月風花(セツゲツフウカ)」が始まります。

千秋楽公演は12月16日、己龍14周年記念公演と言う事で会場は豊洲ピットとなります。

あの大きなステージに立てる事を嬉しく思います。

そしてこの日が現状5人でステージに立つ最後の日になります。

武政は脱退ではなく活休と言う形ですが、それでも復帰の目処は今の所立っていません。

5人がステージ立っている姿をその目と記憶に焼き付けて頂きたい。

決して「楽しかった」だけで終わる日では無いですが、それでもこれまで応援してくれた皆、配信を視聴してくれた皆、会場に足を運んでくれた皆に後悔させない日すると約束させて頂きます。

どうか宜しくお願いします。

つい昨日巡業の千秋楽を迎えたばかりなのに明々後日にはもうライブです。

次はコーストでバグサミ。

バグラグをはじめ各バンドとそのファンに己龍とファンで作る圧巻のステージとフロアを見せつけてやろうじゃないか。

改めて「曼珠沙華」お疲れ様でした。

皆、ありがとう。

では、また。


↑このページのトップへ