お疲れ様でした。



本当にあっという間の巡業でした。

まぁ、本数自体が少なかったので当たり前と言えば当たり前な訳ですが…それでも体感時間としてやはり短いな、と。

群馬県は高崎市から始まった今巡業ですが…「大丈夫か?」と言うのが最初の感想でした。

と言うのも前回の「千幾鵺行」は全てが大きな会場だったが故にそこまで気にならなかった「制限」と言うものが小箱になる事で目に見えて鬱陶しいな、と。

「制限下でも楽しめるライブを!」と言うのは大前提な訳ですが、制限かの為の曲を作るなんて事はしていないのでやはり理想と現実の差異が生まれる訳です。

その差をどう埋めていくか、将又…それは無理矢理どうこうではなくて他の道があるんじゃないか…試行錯誤しながら公演を重ねて行く事でバンドとして現状をどう受け止め闘って行くかが見え、その集大成として千秋楽公演を迎えられたと言った感じです。



昨晩、帰宅後や本日も配信をアーカイブで見返していますがやりたい事はやれてるし自分でみても己龍は格好良いと思える映像になっていたのでやはり大正解でした。

「絶唱」から「螢」まで…僅か1時間にも満たないその中で己龍の良さを存分に叩きつける事が出来る「曼珠沙華」と言う作品は最高傑作に他ならないな、と改めて思えた1日でした。



そして今回千秋楽公演と同時に「九条武政生誕祭」も兼ねていた訳ですが…

武政がやりたいと言っていたペンラ(サイリウム?)の演出。

己龍ではまず見る事のないステージから景色は新鮮で、それを嬉しそうに眺めている武政が見れた事が何よりでした。



演出に協力してくれた皆にも感謝。

全てを終え、眞弥から「今後のインストアイベントへの不参加」のお知らせ。

そして「九条武政活休」の報告。

どちらもチーム全員で話し合って決めた事です。

こうして淡々と報告するバンドを目の当たりにして皆からはかなりドライに見えるかもしれません。

勿論、皆と同じように不安や戸惑いを感じました。

まぁ、当たり前です。

ただ、皆よりも早くそうなる未来を受け止めていたので我々の中では既に気持ちの整理がついてしまっている状態です。

だからこそこれからに向けて「やるしかねぇ」と言う気持ちな訳です。

あ、自棄になっているとかではなく、前向きにやる気に満ちていると受け止めて下さい。

ワクワクしていると言うと不謹慎に感じられるかもしれませんが、新たな挑戦に対して下を向きたくないって話です。

眞弥の事も武政の事も我々が決めた事であり、それが現状の己龍にとって…そして己龍を1日でも長く続けていく為の最良だと判断出来たからこその決断なので。

少なくともまだ終わっても無いし始まってもいない。

蓋を開けるまでどうなるか分からない事に対して怯えていても仕方ないし、それこそ我々がそんな状態で皆を引っ張っていく事なんて出来んのです。

と言う事で新たな作品と巡業のお話です。





自作は「雪、黒業ニツキ(ユキ、コクゴウニツキ)」。

発売日は11月1日。

我らが一色日和の誕生日です。

今回はそれもあって作詞、衣装、MV、ジャケットデザイン等あらゆる所でひよちゃんに舵取りをお願いしました。

普段、私が舵取りをする事が殆どなのでどういう作品や巡業になって行くのか…それが単純に楽しみです。

最早、己龍単独巡業「一色日和」になるかもしれない。

多分ならない。

発売日と同日の11月1日に川崎クラブチッタで行われる「一色日和生誕祭」から単独巡業「雪月風花(セツゲツフウカ)」が始まります。

千秋楽公演は12月16日、己龍14周年記念公演と言う事で会場は豊洲ピットとなります。

あの大きなステージに立てる事を嬉しく思います。

そしてこの日が現状5人でステージに立つ最後の日になります。

武政は脱退ではなく活休と言う形ですが、それでも復帰の目処は今の所立っていません。

5人がステージ立っている姿をその目と記憶に焼き付けて頂きたい。

決して「楽しかった」だけで終わる日では無いですが、それでもこれまで応援してくれた皆、配信を視聴してくれた皆、会場に足を運んでくれた皆に後悔させない日すると約束させて頂きます。

どうか宜しくお願いします。

つい昨日巡業の千秋楽を迎えたばかりなのに明々後日にはもうライブです。

次はコーストでバグサミ。

バグラグをはじめ各バンドとそのファンに己龍とファンで作る圧巻のステージとフロアを見せつけてやろうじゃないか。

改めて「曼珠沙華」お疲れ様でした。

皆、ありがとう。

では、また。


_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4383.JPG

随分と久しぶりにブログを書いている気がします。

取り敢えず…己龍十三周年記念公演お疲れ様でした。

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4376.HEIC

「LINE CUBE SHIBUYA」

いや!渋公ね!

我々からしたらやっぱり渋公は渋公だなって思ってしまう訳です。

どうしてもね。

と言う事で現地に足を運んでくれた皆も、配信で参加してくれた皆も、これからアーカイブで参戦してくれる皆もどうもありがとうございました。

あっという間に時間が過ぎ去ってしまい、気がつけば既に日を跨いでいる始末。

タイトル曲多かった気がします。

後は正に2020年って言う感じの内容でした。

最後の最後、「螢」で機材トラブルが発生したのが悔しかったけど、人的ミスでは無いのでこればかりは仕方ない…と言う内容でした。

マジで「故障」と言う奴です。

熱は最初から最後までしっかりと感じてました。

今年の10月に大阪でファミリーパーティー(通称ファミパ)と言う事務所のイベントライブを有観客解禁と言う事でやった時に、出順が先だったコドモドラゴンのボーカル、ハヤトが

「目の前にファンが居て、そこに自分達の音をぶつけたらいつもの光景が広がっていて、客席から声が聞こえた気がした」

と話していたのを思い出しました。

私は今日、あの日以上にそれを感じたのが事実。

実際にお客さんが叫んでいるわけではなく、いつもの空間といつもの音に対して脳がそう言う反応をしているのかもしれない…。

プラシーボ?

思い込みや幻聴と言われる現象がこれかもしれませんが、それだけライブに没入していたって事だと私は纏めました。

まだまだコロナ禍と言われる状況は続いているし、楽観視出来る状態で無いのもわかります。

それでも、そんな状況でも今日と言う日を一緒に迎えようと現地にたくさんの人が足を運んでくれた皆に感謝!

そして、決して安くはない配信チケットを購入してその瞬間を一緒に過ごしてくれた皆に感謝!

写真で何処まで伝わるかわからないですが、実際には3階までお客さんが居てくれて、ステージからの景色は絶景でした。

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4389.JPG

逆に客席からの景色も絶景だったと思います。

照明、セット、特効…祝事なので今出来る限りの派手さを!

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4381.JPG

これは「天照」。

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4388.JPG

「百鬼夜行」。

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4387.JPG

これはなんだろ…「泡沫」とかかしら?

そして、一度ステージから捌けて前々から告知していた「お知らせ」がありました。

2021年2月17日「鵺(ぬえ)」発売決定!

_A8hFFMU1I.jpg

やっと音源が出せます。

今回も作詞・作曲は私です。

映像でも一瞬しか流れていないので、どんな曲かもわからないと思いますが一言で言うと「速い」です。

以上です。

ずっとモチーフとして使いたかった「鵺」がやっと作品として形になるのは嬉しいものです。

「鵺」は見る人によって姿形が変わると言われております。

ある人は猿だと言い、ある人は虎だと言う。

またある人は蛇だと言い、ただの鳥だと言う人もいる。

この有様が異様に「人間臭い」と感じた私です。

なので今回のテーマはそこにあります。

詳しい話はまた何かの機会で。

そしてこの「鵺」を引っ提げて巡業決定しております。

zeXpvtedrl.jpg

「千幾鵺行(せんきやこう)」

ここでの「鵺」は己龍、ファンの皆、スタッフを含む「己龍に関わる全ての人」を示しており、「幾千の鵺で夢に向かい進みましょう」と言う意味を込めて付けたタイトルでもあります。

そしてその夢が

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4380.JPG

三度目の日本武道館での公演となります。

こう言う状況でも夢に向かう姿勢、そして諦めない気持ち、前を向いているのだと言う意思…それを示す一つの形でもあります。

「待ってるだけじゃ「いつか」はやって来ない」

十三年もやってるとそれもわかる様になってきます。

少なくとも己龍はその気持ちでずっと歩んできております。

無事に開催出来るかどうかなんて事は現段階では何一つわかりません。

だからと言って動かなかったら何一つ変わりません。

自分達で進むと決めた道なら後悔もアリで。

出来れば無い方が良いけど。

とまぁ、そんな感じです。

告知後…実は私の足元にご丁寧にiPadが置かれており、その画面上でタイムリミットまでのカウントダウンがされておりました。

完全音止めの時間が決まっていて、その時間が来ると強制で緞帳が下りて来ると言うギロチントラップが仕掛けられていた訳です。

故に全然時間に余裕がなくて全く触れる事が出来ませんでしたが、私の生誕祭が巡業初日です。

なので2月24日の私は赤いです。

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4378.JPG

思えば私は網膜剥離を患い、2020年は自身の生誕祭を最後に10月まで皆の前で公演をする事が出来ませんでした。

そのせいもあってか、全然ライブやってないのにまた生誕祭やるの!?くらいの感覚です。

自身の生誕祭としては過去最大キャパですが、当然入場者数の制限はあります。

それでも少しでも多くの人に各地方での公演に足を運んで貰えたらと思い大規模な巡業を決めました。

本当はもっと沢山回りたかったけど…。

でも…全国各地、世界についても「いつか」を確実に作って必ず行きます。

だからそれまで強く生きよう。

では、また。

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4386.JPG

追伸

寝たらこの余韻や想い的なモノが薄くなってしまう気がしたので夜中に書き始めたら東の空が焼け始めました。

10時ぐらいに更新される様にセットして寝ます。

お疲れ様でした。

配信を視聴してくれた皆、そして無事配信をやり遂げてくれたメンバーとスタッフに感謝です。

ありがとうございます。

私も急遽、電話での出演となった訳ですが…まぁ、不思議な感覚でした。

普段こうして客観的に己龍のライブを観るなんて出来ないので、貴重な経験だったなぁ…と思いつつも、そこに私が居ないと言う事もまた事実なんだなぁ、と考えたりしておりました。

ライブが出来ないってのはやっぱり悔しいもんですよ。

だからこそ、今はしっかり養生しないとな…と気持ちを落ち着かせる毎日です。

しっかり治す事が最大の使命である事は理解しているので。

経過としては痛みはもうほぼ無いので、その点は楽になったのですが、相変わらず視力は戻ってないので後はゆっくり時間をかけてって感じだと思います。

片目生活は遠近感が掴めないので、その点が一番大変かな、と。

声だけでも視聴者の皆に届ける事が出来たのは素直に嬉しかったです。

私のギターが良い音だったのも嬉しかったです🤔

もう少しハイが出てても良かったかな…🤔

先に不安は尽きない昨今ですが、それでも己龍が活動を続けて行く事が皆の安心の一つにも繋がると考えているので腐る事なく先に進んで行きます。

私が戻るまでもう少し掛かりますが、何卒宜しくお願いします。

では、また。

↑このページのトップへ