「愛怨忌焔」お疲れ様でした。

大阪ミューズ自体がかなり久しいです。

ですが、駆け出しの頃は大阪ミューズをソールドさせる事を目標に足を運んでいたのを良く覚えています。

ミューズでのイベントもかなり出演していたような…

それだけに思い出深いハコです。

今回の舞台に選んだ理由の一つとしてソレもあります。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1354.JPG

「愛怨忌焔」の衣装は何年か前に私は着ているのでそこまで懐かしい感じもない訳ですが、今の衣装と比べるとかなりスパルタです。

単純に暑いし固い。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1352.JPG

「嗚呼」から始まる公演でした。

私の生誕祭でもやりましたが「嗚呼」はまだまだブラッシュアップ出来そうです。

楽曲としては完成されているので、細かな味付けですね。

音源と言うよりはステージでより今の己龍に合う楽曲に育ってくれている気がします。

セットリスト全体を見ると現在の組み方にかなり近いです。

今回3公演やって、全てに「明鏡止水」がいるのはきっと当時からの私の強い拘りだと思います。

逆に最近セットリストに入ってこないのはそれに変わる伝えたい今があるって事です。

「鎮具破具」は久しく感じた次第です。

多分全然やってないですね。

だからそこ今やると楽しいです。

正直なところ、やり続ければ飽きる曲もあります。

それでも、間をおいてやってみて楽しいと感じる事が出来る曲である事が素直に嬉しい。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1353.JPG

「空蝉」もかなり久しいですね。

全然やってないですね。

公演のラストに持っていける曲を想定して当時作ったわけですが、リリースを重ねていくに連れて「ラストを飾る曲」が多くなり過ぎた感があります。

次は公演の初っぱなを飾る曲でも作ります。

因みに「閃光」も公演のラストを飾る曲想定です。

きっと私はそう言う曲が好きなのです。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1355.JPG

昔がどうだったかは覚えてないですが、ステージのセンターだけが最前柵にかなり近い不思議な作りのステージでした。

この距離感はどれだけ大きなステージを目指そうとも原点であり、やはりとても好きな距離感です。

マイクを介さない声が届く距離です。

地声だからこそ伝えられる想いがあります。

勢いがあります。

寧ろ、無かったら叫んでないです。

熱や想いを伝えるなら言葉にならない声で十分です。

皆の声も同様です。

今を生きている確かな証です。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1357.JPG

3公演通して当時と今、どの曲をやっていても気持ちの部分で全く違うモノを感じていました。

多くの経験があってこそです。

一曲毎に今だからこその表現があると思うと先々の巡業、公演の一つ一つ、一曲一曲が楽しみで仕方ない今日この頃です。

「光芒一閃」に向けての良い刺激になったと感じています。

ありがとうございました。

では、また。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1356.JPG

「鬼祭」お疲れ様でした( ^ω^ )

記憶が割と曖昧ですが、「鬼祭」はスタイリッシュウェーブの全公演に出演すると言う巡業を行なっていたのでワンマンは殆どやってないのです。

もしかしたら当時の千秋楽公演「渋谷AX」でしかやってないかもしれない。

だとしたら2回目の単独公演です。

貴重な機会ですね。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1341.JPG

当時は足し算も引き算もなく、全てに対して全力で突っ走る事が正解だと考えていたのをよく覚えてます。

当然間違いではないにしろ、やはり全てが正しいとは言えないと今だからわかる部分もあります。

故に、今だからこそ思う「鬼祭」の単独公演を作れたと思います。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1346.JPG

会場もパンパンでした。

階段の隙間から覗く顔も割と見えるのがこのハコの特徴です。

当時では決して届かなかった景色が目の前に広がっているのは素晴らしいの一言に尽きます。

感謝です。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1347.JPG

セットリストはかなりボリューミーだったと思います。

眞弥が話していたように、歌モノ続きましたね。

確かスタイリッシュウェーブではイベントだからって事で「花火」はやらなかった気がします。

故にこの衣装で「花火」をやるのは千秋楽以来かもしれない。

貴重ですね。

前回の新宿ブレイズの時にも思った事ですが、過去の曲でまだまだブラッシュアップ出来る曲、既に完成している曲がハッキリしているな、とやりながらに感じでいました。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1343.JPG

そう言う事に気付けるのは有難いな、と。

そして、当時がフラッシュバックする瞬間がいくつもあり、その度に「このメンバーでなんだかんだありつつも、幾つも壁乗り越えてきたなー」と感じておりました。

こう言う気持ちを素直に感じ、受け止める事が出来る己龍はやはり強いな、と。

まだまだ高みを目指して飛んでいけそうです。

飛翔!

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1342.JPG

今週末の大阪、「愛怨忌焔」で今回のコンセプト企画が終了します。

本日そこに向けてのリハを行って参りました。

「子守唄」は無事に思い出せました。

楽しみがドンドン膨らんでいきます。

良い曲詰まってます。

乞うご期待。

では、また。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1344.JPG

お疲れ様でした。

龍驤虎視でした。

「月ノ姫」ですね。

過去の衣装を着てライブをやるアレです。

千秋楽は初ウエストでした。

千秋楽のセットリストをそのまま引っ張ってきた訳ですが、なんて言うか曲順からがむしゃら感が浮き彫りです。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1324.JPG

約十年前の事なので、覚えていない事の方が多いですが、セットリストを見ただけで何となく当時の気持ちは思い出せます。

再現と言うよりは今だからこそのステージになったんじゃないかと。

今のワンマンのセットリストから考えるとアンコール込みで17曲はかなり曲数が少ないと感じる訳ですが、それでもほぼ全曲です。

活動を始めて二年くらい経っていてこれしか曲が無いとか、当時はかなりまったり制作をしていたみたいですね。

今の私がみたらキレ散らかしそうです。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1323.JPG

持ち曲が少ないくせに「遊廓」はオリジナルのセットリストに入ってないし、リリース前にも関わらず「明鏡止水」はやってるし、訳わからん事だらけです。

懐かしい顔が沢山居て嬉しかったです。

時間が経てば環境も変わるし、自由も制限されて行きます。

時間が作れなくなった人、己龍への興味が薄れた人、足を運ばなくなった理由、音を聴かなくなった理由は様々だと思いますが、当時の皆が居てくれたから今の己龍が存在しているのは紛れも無い事実です。

だからこそ、当時の感謝も込めて今現在ステージに立つ姿を見せられた事が有り難かったです。

あなた達のおかげで私は今もステージに立てています。

ありがとうございます。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1325.JPG

次は名古屋で「鬼祭」です。

千秋楽は初アックスでした。

名古屋でもまた今現在の「鬼祭」を届けにいきます。

宜しくお願いします。

では、また。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1322.JPG

↑このページのトップへ