ツーマンイベント二日目お疲れ様でした( ^ω^ )

二日目のお相手は「妖精帝國」の皆さん。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1884.JPG

またもや他ジャンルとの戦いではあったものの、参加してくれた皆が楽しんだ声を沢山聞けて素直に嬉しい。

私自身、昔から音源は聴いていたもののライブを観た事はなく、どう言う空気、景色になるのかが全くわからない中でのイベント。

不安が全くないかと言えば嘘になるし、かと言って戸惑いを抱えていても仕方がないので、結局いつも通り己龍は己龍として皆にぶつかっていくスタイル。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1886.JPG

前日「夕闇に誘いし漆黒の天使達」とのツーマンと同様に最初は後ろで様子見…でもライブが進むに連れて身体は動くし声も上がる。

誰を観に来た等々はありつつも「音楽、ライブを楽しむ」と言うベクトルはステージもフロアも双方のファンも、皆同じなんだと改めて感じた。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1882.JPG

前日との違いがあるとすればフロアからの声が野太いくらい。

ヴィジュアル系のイベントでは中々ない野太さが楽しくも新鮮。

そして、それを搔き消す程の甲高い声が私達の背中を大きく押します。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1881.JPG

最後の一曲「暁歌水月」のツインボーカルが熱かった。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1885.JPG

同じ曲でも眞弥以外の人間が歌えば違う命が宿る訳で、それを生で感じられるのは作り手冥利。

唯一の心残りは「空想メソロギヰ」が聴けなかった事くらい。

今後に期待。

こうしたイベントを今回だけに留まらせず、様々なアーティストと皆様と積極的に絡んでいきたいと感じた両日。

この二日間だけでも今の自分達の置かれている状況や課題、目標は見えてきたし、かなり大きな糧とする事が出来ました。

ツーマンと言うバチバチの機会に力を貸してくれた皆に大きな感謝を!

そして、快く今回の申し出を受けてくれた「妖精帝國」の皆さんにも大きな感謝を!

己龍のライブを一緒に楽しんでくれた「臣民」の皆様にも大きな感謝を!

昨今の我々の活動に様々な意見があるのは承知しておりますが、結果が出る前にアレやコレやと言っても始まらない訳で、やってダメなら仕方ないし、やらずにダメになるのは最も無しだな、と痛感。

バンド活動に限らず、何事にも言える事かと。

そう言えば「閃光」の衣装が昨日で国内最後となりました。

月末からの海外公演で終了となります。

前に進んで行くと同時に今を出し切って「情緒纏綿」へと切り替えていきます。

改めて何卒宜しくお願いします。

では、また。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1883.JPG


ツーマンイベント初日お疲れ様でした( ^ω^ )

今回は他ジャンルと戦おうという事で「己龍vs夕闇に誘いし漆黒の天使達」でした。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1865.JPG

先ず、一番に思ったのは「ライブは良き」って事。

己龍自体ライブが久しかったので、皆と同様にバンドも枯渇していた訳で、その渇きをぶちまけたってのが第一の記憶。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1868.JPG

それに対して、皆もやはり同じ様に渇いているし、それを潤す為に求めているのが伝わってきた時間。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1871.JPG

需要と供給がしっかりと成り立っていた( ゚д゚)

夕闇のファンの皆さんも恐らく最初は「馴染めない」「ついていけない」そんな感じだったと思います。

それでも少しずつ前に気持ちを向けてくれた事が嬉しかったです。

知らないモノ、分からないモノに触れるのはとても勇気が要る事だと思うし、それが出来るって事が素晴らしい。

なので、私は私で全力で私をぶつけました。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1869.JPG

己龍のファンの皆には「今日キテんな」ってのが十分に伝わっていたと思う。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1870.JPG

楽しいと同時に気持ち良い瞬間が幾つもあったので、私は充実感に満ちています。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1866.JPG

セットリストの話をすると「心中歌」がかなり久しかった気がする。

もういつからやってないか、わからないくらいやってないのでかなり久しいです。

皆の声を聴くのが好きです。

明日も大きな声が聴きたいです。

皆がでかい声をぶつけてくれる、それだけでステージに立っている意味になります。

集まってくれた皆、声を届けてくれた皆に大きな感謝を。
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1872.JPG

最後の曲「無垢」を夕闇メンバーと。

今回、夕闇のボーカル小柳が「無垢」が好きだとSNSの何処かで目にしたのでこの曲を選曲させて頂きました。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1859.JPG

歌ってくれてありがとう。

年齢やキャリアは関係無く、自分が好きなアーティストと同じステージに立ち、一緒にその日のライブを作り上げる事が出来るのはとても嬉しく、幸せな事です。

この日の対バン、そして11月7日の幕張メッセイベントホールでのBPチャンネルフェスへの出演を快く引き受けてくれた事にも大きな感謝を。

大きな舞台でまたバチバチやりあえるのを楽しみにしている( ^ω^ )

明日は「妖精帝國」とのツーマンです。

またまた初めて戦うアーティスト。

己龍は己龍を全力でぶつけに行きます。

何卒よろしくお願いします。

では、また。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1867.JPG

お疲れ様でした。

単独巡業「光芒一閃」千秋楽公演Zepp Tokyo。

この日も体感時間としてはあっという間の日でした。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1691.JPG

しかし、それ以上に記憶に残っているのはあつかった事。

それは「暑く」もあり、「熱く」もあった。

久し振りに勢いを強く感じるZeppだったな、と。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1698.JPG

いつもがどうかとかではなくて、大きな会場になればなるほど、物理的な距離も空くし空間に余裕も生まれる。

フロアだけでなく天井の高さとか、ステージの広さとかで冷静になれる要素が沢山ある訳です。

それでも勢いや熱を感じる事が出来たのはバンドとファンの一体感に他ならないと思う。

どちらかと言うと「一体化」と言える。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1694.JPG

今回、演出に関してコンセプトの一つとしてずっと言っている「民度の低い下品な花見」を可視化出来たと思うし、自己満でありつつも大満足している。

派手な演出はバンドが伴わないと負けてしまうので、今の己龍だから見せられる景色だったな、と感じております。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1695.JPG

MCでも伝えましたが記憶は常に薄れていくモノで、既に私からどんどん切り離されています。

だからアレが良かった、コレが良かった…は皆の記憶で反芻して下さい。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1697.JPG

私からは良き時間が過ごせた事への感謝と、今回の巡業で提示していた「わかりやすい楽しさ」を皆に伝えられた事が現在の全てです。

人は生きる為に、前を向く為に理由が必要です。

私達もそう。

理由なく生きる事ほど苦しい事は無いし、かと言って死んでしまう事を私は肯定は出来ない。

何よりそれはとても残念で、とても勿体ない事だと思う。

人それぞれ、生きる為に何を求めるか…何を追いかけるかは違うけどこの日会場に足を運んでくれた人、普段応援してくれて背中を押してくれる人…そんな皆の生きる理由として己龍が存在出来ている事がとても誇らしいです。

今や音楽活動だけでなく、YouTubeでの動画の配信をしてるのもそう。

毎日の楽しみとして待ってくれている人がいるから私達は届けたいのです。

私達の人生はもう後戻り出来ない所を通り過ぎたので終わりの日まで己龍として突っ走って行くだけです。

それがいつかはわからないので、少しでも多くの事を皆に残したい。

だから新曲も作るし、巡業もやるし、FC旅行やイベントライブ…色々やる訳です。

新譜「手纏ノ端無キガ如シ」はとてもストレートな楽曲です。

「神頼み糞食らえ」です。

最終的に何かを成すのは自分です。

単独巡業「情緒纏綿」。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1687.JPG

多分、今回みたいにキャッキャッするような内容にはならないと思います。

かと言って説教やお通夜みたいな事にもならないと思います。

でも格好良い事は間違いないので期待して待っていてほしい。

先ずは6月のツーマン。

mwODdK9qOL.jpg

夕闇に誘いし漆黒の天使達の皆様、妖精帝國の皆様とやり合います。

以前話した事がありますが、バンドを格好良く見せるのファンの力がかなり大きいです。

私達だけで格好つけて、激しく暴れていても滑稽な空回りです。

一体感では無く一体化する事で両バンドのファンに「己龍」を見せつける事が何よりの目的です。

一緒に戦おう。

間も無く本格的なレコーディングが始まるのでSNSの更新頻度も低くなると思いますが、先々の楽しみを糧に共に強く生きていけたら何よりです。

改めて単独巡業「光芒一閃」お疲れ様でした。

では、また。

↑このページのトップへ