月別アーカイブ / 2021年06月

単独巡業『曼珠沙華』も六月二十五日の群馬 高崎公演から始まり、二十七日には二カ所目 千葉 柏公演を終えました。

実際に、或いは公演時等の写真を目にして衝撃を受けた者も多いとは存じますが、今では完全に日差しや光を受け付けなくなって仕舞いまして。

現在、九割の視界を塞いで公演を行っては居りますが、其れでも公演時は微量に入り込んで来る照明光に眩んで終始涙が流れ続く様な状態でも在ります。

高崎公演では上記の環境変化に怒涛の新曲披露も重なり、適応し切れない面も多々有ってか、来場乍らに目先の不安を覚えた者も恐らく多かったのだろう

が、然し二カ所目の柏での公演は毎時と劣らずな形で展開して行けたと思います。

少々時間を要しましたが、今作の新曲達も漸く頭が付いて来ては身に染み付く形を摂れました。
各個人の能力差は当然有る訳ですが、例年の自分と比べれば此れでも未だ早い覚えを得られた方です。故に上出来。

其の面での余裕を持てる事で、徐々に為せば成る形を創って行ける自信が今の僕には有ります

ので、

引き続き各所も屁泥精神にて憑いて来て下さい。



其れでは、又逢う日迄。

先程、公式での告知もされましたが、僕のチェキ販売は行わない事と成りました。

急な発表で申し訳ありません。

日常でも日差しや光に対して極度の眩しさを感じてしまう状況が増え、先日眼科での診察の際に医師から指摘を受けました。
フラッシュ等が如何しても目の負担へと繋がってしまうので、諸々と先の事も踏まえて今回の決断へと至りました。
チェキを楽しみに待って居た者には申し訳ない。

恐らく皆の抱える一番の懸念は、このまま活動を続けて行けるのか?と云う所だと思います。

公演時、照明等の目の負担に就きましてはメンバー、スタッフ共に話し合いを重ねて自分なりの新たな魅せ方を模索して行けたらと考えて居ります。

今後に向けての活動を視野に入れた上の前向きな判断でも御座いますゆえ、何卒ご理解頂ければ幸いです。

各会場で逢える日を楽しみにして居ります。
宜しく御願い申し上げます。



己龍 黒崎眞弥

↑このページのトップへ