月別アーカイブ / 2017年06月

奈良公演、御疲れ様。

此の連日状態での本公演は最高に最悪でしたww

まさか早々経験するもんでもねえだろうと思いきや、岡山以来の爆ヤバさが此方は奈良でも招来するとは…!

楽屋も舞台上も蒸し風呂過ぎて、其れだけでも体力が蝕まれる様な状態だったからなのか。

とんでもねえぇぐるぢがっだでず。



今巡業にて。

打って変わっての変貌を遂げている現象のひとつに、

此れ迄再三行って来たものの、常に何処かしらの物足りなさを感じて終いと成って来て居た巡業ヵ所が。

こんな具合に反転しちゃってるって事。

九州地方も福岡以外の公演場所に対する苦手意識っつうもんが、少なからず有ったし、都道府県巡業を重ねても

嗚呼、矢張り今回も上手く変えられなかったかあ…

みたいな思いを絶えず繰り返して来たんだが、四度目の正直で、そんな感情は見事に払拭された。

漆黒四国も正にソレ。

だからまんねりも感じず、
熟してもいないし、
此れ丈の公演本数を経ても尚、そんな空気感が出て居ないと云う事は。

来場したお前達が、一等身近に観て感じられているのではないでしょうか。





今、

喉を嗄らして、命枯らしても尚…伝えたいモノ!!



其れは…










本日が休養日で地球の裏の底から良かった。

兵庫公演、御疲れ様。

明くる日が奈良公演だった事を、何時の間にやら忘れ、結構喉を酷使して仕舞ったあ。

そう成れるのも、其れ丈手応えを感じられる証拠でも在るけどね。

昔よりも、かすっかすのがらんがらんで碌に唄えちゃいねえぞコイツ…苦笑

などと呆れ返られる公演は、鬼畜な日程に挟まれた巡業ヵ所での公演で無い限り、きちんと成立させられる様に幾らかの成長は致しましたが。

それでも矢張り調節するのは難しいものです。

適度な距離感に、会場全体の声も比較的届き易いバリっとした匣でも在るので、イヤモニ越しでも確りと聞こえて来て心地好かったな。

後、野郎が多かった!!

僕は見た目通りの頗る女好きですが、全体の半数を下回る男達を目にすると、更にうひょーって成りますっ笑

何時の日か、膝から頽れて仕舞える公演を経験したいものです。

未だ其の面では童貞だ。

明日の奈良公演も、どうぞ宜しく。

御休みなさい。

岡山公演、御疲れ様。

酸素が足りな過ぎて、唄うの糞しんどかった…笑

こんなにも極限の状態で演れたのは今巡業中でも初でした。

てめえらまじ好き勝手暴れ過ぎですww

だがそれがいい。

此方が幾ら煽り暴れ腐れたとて、肝心の君達が其処へと踏み込まなければ、到底彼の様な現象も起こり得ません。

至福の刻を味わえたね。





一時期、ライヴ自体をライヴと感じられなくなった時期が在りました。

ふとした場面での瞬間や、小さな切っ掛けが元で冷静に成り過ぎたり、舞台に立って居る筈なのに、まるで幽体離脱でもしているかの様に客観的な見方をして仕舞う。

嗚呼、

黒崎眞弥としては、もう限界かもなって。

深く根付いた文化は変わる事など無いと、一方的に決め付けては伽藍堂と成り果てそうな、そんな時期の噺。

前から後ろへと網目状に続く駒配列を何とかして崩せないものかと。
切り込み、斬り込んでも直ぐ又元へと戻る絵面を幾度となく目の当たりにして行く内に、最終的には絶望感を覚える様に成った。

求められて居たもの、然して此方が本当に築き上げて行きたかったもの、其の相違は何時の間にか、大きく擦れ違って一切交わらなく成って仕舞ったんだなあって。



そんな葛藤や落胆が渦巻いてから、記事を綴る事が出来なくなった。



思いもしねえ戯言をべちゃくちゃ並べるのも、そんな自分を想像しただけでも心底吐気がして気持ち悪りいです。

其処迄ざっくり割り切れる性格には成れねえやって。

安定や体裁を保つ事も、バンドの存続を望む上では正しかった道なのだと見る者も居るだろうが、不本意な状態で演って展開してった所でさ、

何処かしらで何れ其の本心に遅かれ早かれ気付くもんでしょ?

特に女は勘が鋭い。

ええ、あな恐ろしき、と云う褒め言葉ですが。



何よりそんな心境で、よいライヴなんぞが出来る筈あ無えのですよ。

互いが向き合わなければ、其の先に明日など無い。

だが、当時の僕は無理だと一方的に決め付けて、結局はそんな自分自身が一番現実から逃げて居たんだよね。

まあ其処から又色々と見詰め直し、腹を括って少しずつ実行に移しては今日へと至る訳ですが。



今はね、

各所で確りと出し尽くせてる。

そりゃあ遣りたい事を余す事無く演れてるもの、当然だ。

先日の徳島公演も、すっげえすげかった。

VRでエロ動画観るより、其の何十倍も鬼気迫る迫力が有って、至近距離で潰れた顔を俯瞰しては悦に溺れた。

前体制だったらば、一生観る事なんぞ叶わぬ最高の景色でした。

今、一寸前みたいな狂った魅せ方がもう出来ないもんだから、色々変えるべき箇所は変えて演ってっけど、其れでも興奮すると思わず前の形式での暴れ方に戻りそうに成るんだよなあ…笑

否、少々戻ってたか。

あ、

岡山の時もwww

うげえ、駄目じゃん。

反動で身体が痛絶するんです。

酷い時は座って居ても寝て居ても、何をするにも何もしたくない程の痛みと倦怠感に襲われ、大きな支障を来してた。

気を付ける様に成って、表現を別の形へと変えたりしてからは徐々に痛みや痺れも引き始めて来て居ります。

連日立て続けの行程に成ると、如何にしても蓄積されて出て来て仕舞うが。

各地方を確りと廻り切る為にも、今は今ならではのスタイルを確立しつつ在る段階迄詰められて来ても居るし、最早コレはコレで僕カコイイんです。

だからもっと、そう思える自分に成りたい。

両県共に今迄最高潮へと達する公演の叶わずな土地だったので、今巡業四巡目にして漸く其の念願の場所へと変えられた事は、大いに喜ばしい。

他にもそう思える地方が、今巡業を通じて最も多く出て来て居る。まこと真に。

公演の在り方、其の本質を理解する者が着実に増え始めてからは、日々明白に変わりつつ在って。

当初の転換期にて去った者達が、現在の公演模様を目の当たりにしたらば、必ずや違った見え方へと映る筈です。

然して今後も更に変わり続けて行くだろうな。

其の可能性を感じさせて呉れる、今が。

黒崎眞弥で在り続けられる答です。

↑このページのトップへ