月別アーカイブ / 2016年04月

B.P.RECORDSフリーマガジン
「B.P.Magazine vol.8」が全国で配布開始!
今回の内容は
・表紙巻頭 己龍
・己龍
<6/29リリース「百鬼夜行」PV密着&衣装解説>
・Royz
<2/14「昴生誕祭」セルフレポート>
・コドモドラゴン
<「DRINK UP THE HEMLOCK!!」成功祈願&ケツ毛レポ>
と盛りだくさんの内容♪ぜひGETしてください!

-------------------------------------------------
配布は4/27(水)から下記の店舗、各地ライブハウスやライブ会場で行います。
※発送の都合により地域で配布開始日が異なります。ご了承ください。
※店頭へのお問い合わせのお電話はご遠慮ください。

【配布ご協力店舗】
スカルローズ
マジカルスクエア
fiveStars
ライカエジソン
Brand X
ZEAL LINK
little HEARTS.
音楽処
自主盤倶楽部
Ash-LD'50
Ai-華流
ピュアサウンド
クロスキャット
Super BRock Record

タワーレコード 新宿店
タワーレコード 渋谷店
タワーレコード柏店
タワーレコード 札幌ピヴォ店
タワーレコード 下田店
タワーレコードTOWERmini/TOWERanimeLALAガーデンつくば店
タワーレコード小田原店
タワーレコード 金沢フォーラス店
タワーレコード 京都店
タワーレコード 大津店
タワーレコード 難波店
タワーレコード 姫路店
タワーレコード 神戸店
タワーレコード 新潟店
タワーレコード アリオ倉敷店
タワーレコード 広島店
タワーレコード那覇リウボウ店
新星堂ララスクエア宇都宮店
新星堂熊谷店
TSUTAYA 天神駅前福岡ビル店
HMVラゾーナ川崎
HMV大宮アルシェ
HMVイオンモール秋田
デュークショップ松山店
デュークショップ高松店
デュークショップ高知店
ミヤコ イオン大日店
蔦屋書店熊本三年坂店

ヴィレッジヴァンガード一部店舗
5/2(月)夕方以降の配布となります。店舗へのお問い合わせはご遠慮ください。
※配布時期は店舗により前後する可能性もございます。
※下記以外の店舗での配布はございません。

ヴィレッジヴァンガード 秋田フォーラス
ヴィレッジヴァンガード アウガ青森
ヴィレッジヴァンガード イオンモール高岡
ヴィレッジヴァンガード イオンモール成田
ヴィレッジヴァンガード 仙台フォーラス
ヴィレッジヴァンガード イオンモール水戸内原
ヴィレッジヴァンガード 高田馬場
ヴィレッジヴァンガード イオンモール大日
ヴィレッジヴァンガード イオンモール北戸田
ヴィレッジヴァンガード 弘前さくら野
ヴィレッジヴァンガード イオンモール小山
ヴィレッジヴァンガード イオン戸畑
ヴィレッジヴァンガード ゆめタウン大牟田
ヴィレッジヴァンガード イオンモール倉敷
ヴィレッジヴァンガード 西武福井
BLUE BEAT VILLAGE VANGUARD 新宿ルミネエスト
ヴィレッジヴァンガード 池袋サンシャインシティアルタ
ヴィレッジヴァンガード 金沢PATIO

千秋楽、来場誠に有難う御座いました。





{282F8027-8B05-424D-B84A-05378D6F769C}





過去に心的外傷を深く負った会場だったもので。


いざ舞台へと立つ幕開けは、其の当時の一部始終が深く纏わり憑いた…





が!!





確固たる意志で前を向けたし、当時の自分とも向き合う事が出来たかな。





{C95EF9B1-5529-4A0F-8AA8-BF31483C09AE}





モニタア環境が、リハアサルでも上手く作り切る事が如何にしても出来ずで…。


演る以前に唄う上で非常に大事なトコロでは在るが。


本公演は其れを原因にして躓く訳にもいかないし、兎に角演り切る事に重きを置くべきだなって。


結果的に喉を潰す迄の深手を負ったがねwww


でも、ギリッギリに踏み止まっては公演終了迄を何とか唄い切る事も出来たんだ。





{829A65FF-A92E-4A7B-AB40-80264BC7CDCA}





若しも、此の状態で生中継なんぞ打っ込まれたらば、間違いなく再起不能な度合いに本気で潰れただろう…苦笑


其の危機を我儘にも全力で阻止した挙句の果てに…


「矢張り…今場所も、悔しさに涙を飲む千秋楽でした」


なんて。


誰にも顔向け出来なくなっちゃうよな。


なもんで今回も僕は追い詰められては自らを追い詰める、背水の陣だったのです。





{D7ACE131-7990-4B00-90AF-42F61F28FB7A}





「叫声」の最中か終える頃に。





ほろりほろりと頬を伝った。





巡業中も、どうせ泣くならば悔し涙じゃあなく、嬉し涙にしたいと言って来て居りましたが。


勿論、後者の意味合いで。


今場所を満員御礼にする事は残念乍ら叶わなかったが、僕にとっての今場所に懸ける重きは其処じゃあ無かったもんで。


約二年越し、漸く此の無念からも開放されたなって。


奇しくも、涙を流したのは前回の此の会場が最後だったもんで。


此れも又定めだね。





以前の自分自身に本気で嫌気が差して居て、何としてでも変わりたくってさ。


今も未だ長い刻を費やして居るけれども、着実に其の変化は見られて居るのだと思う。


そんな直ぐになんて変われれば其れこそ苦労しないし、僕は元の基準が人よりも劣っているもので。


其の分長い道程を経て這い続けるのだろうけれど。


決して無理な事なんかじゃあ無いと云う事を。


今後も離れず傍で見守り続けて居て欲しいです。




だって、


ほら、


ね?





{3C89F625-1E0D-471D-A514-229FD57B56AC}





再び此の場所に帰るのだから。


日頃より自信を持てぬ質だからこそ、彼の場で敢えて公言してみた。





「今度は俺達己龍が、お前らを日本武道館に連れて行く」





無謀と思われが、笑われようが、別に如何だって良いんです。


悔い無く散りぬれば本望だ。


力の続く限りは何度でも返り咲いてやる。


じゃねえとこんな決断出来ねえもの。





{C9AE983A-DA24-40D4-B3DE-E6C71F3877CB}





夢はね、


見続ける為に在るんだよ。


お前達を見続ける為にね。


又ひとつ、大きく進めた気がするよ。





多くの祝花も、本当に有難う御座いました。

↑このページのトップへ